Altair MotionSolve™

マルチボディシステムシミュレーション

Altair MotionSolveとは

MotionSolveは、3Dマルチボディシステムのシミュレーションを実行し、その動的応答を予測することで、可動製品の性能を最適化します。

運動によって励起される実際の荷重と環境の影響を考慮することにより、エンジニアや設計者は、自社の製品が製造時や動作時に確実に稼働すること、耐久性の要件を満たすこと、過度に振動しないことや疲労によって破損しないことを確認できます。さらに、MotionSolveは、システムオブシステムズをもつ最先端の製品をシミュレーションするツールとして、機械プラントのサブシステムとコントローラーなどの電気 / 電子サブシステムを組み合わせたシミュレーションも可能であり、製品開発チーム間の複合領域にまたがるコラボレーションを促進します。

MotionSolveは、コストのかかる試作品の組み立てと実機試験を大幅に削減する手段として非常に費用対効果が高く、また、Altairが特許をもつユニットベースのライセンスシステムで利用可能なAltair HyperWorks™ツール群を使用したマルチフィジックスCAEにとって不可欠な製品です。Altair Inspire™に含まれているMotionモジュールも参照してください。

概要ビデオ

MotionSolveの導入メリット

目的とするシステム性能を確保

製品を組み立てる前に、それらが意図したとおり動作するか確認します。設計変更も簡単に検討できます。強度計算や疲労計算に、実稼働時のコンポーネント荷重を使用できます。

車両開発を加速

車両の詳細かつパラメトリックなモデルを簡単に組み立てることが可能です。それらが実環境にあるかのようにテストを行い、性能を改善できます。また設計上のトレードオフも理解できます。

実環境のシステムを理解し改善

弾性体ボディのインポートおよび実働荷重のエクスポートのためのFEAツールとの連携; 複合領域システムシミュレーション(メカトロニクス)のための1Dツールとの連携; 流体効果(空気力学やスロッシングなど)のためのCFDと連携。

主な特長

可視化から得られる洞察

アセンブリのアニメーションや測定データのプロットによって、運動の観点から製品性能についての有益な洞察が得られます。

No Graphic

3D CADアセンブリの再利用

使い慣れたCADツールから3D部品のジオメトリ、座標および質量特性を簡単にインポートし、システム内の全部品の荷重と動きを正確に予測できます。

No Graphic

どこでも利用可能なセンサー

実機試験とは異なり、仮想プロトタイプでは、内部および表面上の任意位置で有益な測定データが得られます。

No Graphic

モデル忠実度の強化

タイヤと路面の相互作用、チェーンやベルト、一般接触、離散要素モデリング(DEM)、油圧機器、コントローラーなどの複雑な現象を含めることができます。

No Graphic

パラメータスタディ、最適化

重要なモデルパラメータに対しては、数値を変数に置き換えることで、迅速な“What if…?”タイプの設計探索と最適化が可能になります。

No Graphic

迅速かつ正確な結果

継続的なテストと機能強化によって、MotionSolveは信頼性の高い機構シミュレーション結果を迅速に生成します。

No Graphic

Altair Japanのメールマガジン

イベントや製品の最新情報を配信しています