電磁界解析

電磁界解析

Altairが提供するソフトウェアは、静的な問題から低周波 / 高周波の問題までの広範な電磁界問題を解くために、数多くの産業で活用されています。Altairの各種ツールを使用すれば、複数の周波数領域 / 時間領域ソルバーを完全にハイブリッド化して広範なEM問題を効率的に解析することも、静磁界、定常磁界、変動磁界の状態を模擬することも可能です。

電磁界製品の一覧

モーター設計

モーター設計

Altair FluxMotor™は、電気モーターのシミュレーション主導の設計(Simulation-driven Design)に特化した製品です。標準部品やカスタム部品をベースに巻線の追加や材料の変更を行うだけで、コンセプト設計を素早く作成できます。設計を準備したら、モーター開発専用の直感的なインターフェースを備えたAltair Flux™で解析します。Fluxでは、任意の試験の実行、複数の構成の解析、結果の比較、性能の最適化が可能です。

アンテナの設計と配置

アンテナの設計と配置

Altair Feko™が活用されている分野は、ラジオ、テレビ、ワイヤレス / 携帯電話 / 通信システム、リモートキーレスエントリシステム、タイヤ空気圧モニタリングシステム、GPS、レーダー、RFID、その他のアンテナなど多岐にわたります。アンテナ設計では、Fekoのモーメント法(MoM)ソルバーが活躍します。また、マルチレベル高速多重極法(MLFMM)などの高速なフルウェーブ解析法や、物理光学法(PO)、レイランチング法に基づく幾何光学法(RL-GO)、回折均一理論(UTD)などの漸近法により、モデルを分解(実際のモデルの代わりに同等の放射源を生成して使用)することができます。

電波伝搬

電波伝搬

Fekoは、放送システム、携帯電話システム、Wi-Fiなどの分野の電波伝搬モデリングや無線ネットワークプランニングに活用できる先進的なツールです。Fekoには、非常に正確なモデル、経験的 / 半経験的なモデル、厳密な3次元レイトレーシングモデル、そして独自のDominant Path Model(DPM)が含まれます。また、地方、都市、室内、トンネル、車両内など、多種多様なシナリオが用意されています。Fekoでは、新たなアンテナ設計の放射パターンを模擬し、それをネットワークの中で評価することができます。

電気機械装置

電気機械装置

Fluxなら、複雑さを極める電磁界システムもモデリングできます。その正確性は折り紙付きです。静磁界、定常磁界、変動磁界の各状態を、電気特性と熱的特性とともに模擬するマルチフィジックス機能により、装置の性能、効率、寸法、コスト、重量を最適化できます。Fluxでは、電気モーターを2D、3Dおよびスキューモデルに落とし込むことができます。大容量の電流が流れる電気装置(トランス、インシュレーター、電流バー、サーキットブレーカーなど)に加え、様々なセンサーやアクチュエーターの開発で使用されています。

電磁両立性(EMC)と電磁干渉(EMI)

EMCとEMI

電磁両立性(EMC)と電磁干渉(EMI)は、コネクテッドデバイスの増加に伴い、今やホットなトピックになりました。コンポーネントの一体化とEMC規格への適合を実現するには、EMCとEMIの確認が不可欠です。Fluxなら、電流ケーブルとバスバーが放射する磁界や、外部電磁界がセンサーやアクチュエーターの動作に与える影響を評価できます。Fekoでは、ケーブル、アンテナ、装置の放射と照射の両方を模擬できるため、効果的な遮蔽を設計する際に役立ちます。

生体電磁気学

生体電磁気学

Fekoでは、体内または身体近傍における電磁界の相互作用について重要な知見を得られます。様々な人体モデルを集めたデータベースを備えており、モバイルデバイス、ワイヤレスデバイス、補聴器、MRI、植込み型医療機器などの使用状況を模擬することが可能です。生体組織の解析により、充分な信号が放射されているか、吸収比率(SAR)および体温上昇の上限値を定めた規制を順守しているか、といったことを確認できます。