モデルベース開発

モデルベース開発

Altair のモデルベース開発(MBD)ソリューションは、圧倒的な使いやすさとコストメリットによりモデルベース開発手法導入のハードルを格段に低くします。 最新のGUI テクノロジーを採用した使いやすい開発環境。全ての機能がひとつの製品に完結し追加オプションやツールボックスが不要。 ユニットベースのライセンスシステムにより、一つ一つのソフトウェアを購入する必要はありません。 今までモデルベース開発手法の適用を躊躇されていた方はぜひ無償のベーシック版からお試しください。

モデルベース開発ツールの一覧

数学処理、スクリプト、データ分析

数学処理、スクリプト、データ分析

Altair Compose®は、多種多様な数学演算を実行できるオールインワン環境です。線形代数の処理、マトリクス解析、統計処理、微分方程式の求解、信号処理、制御システム、多項式フィッティング、最適化計算などに対応しています。この使いやすいユーザーインターフェースを備えた複数言語対応のツールでは、計算に加えて、CAEデータや試験結果などの処理と可視化も可能です。また、反復計算スクリプトを記述することで、作業プロセスを自動化できます。

複合領域のシステムシミュレーション

複合領域のシステムシミュレーション

Altair Activate®は、複合領域システムの1Dモデルをすばやく構築できるソフトウェアです。製品全体としての性能をシミュレーションすることにより、開発の初期段階で製品の挙動を俯瞰的に把握し、コンポーネントやサブシステム間の重要な相互作用を確認できます。信号ベースのブロックと物理コンポーネントのブロックを混合で利用でき、機械、電気、熱の物理コンポーネントは定義済みのライブラリを活用してモデリングすることができます。あらかじめ搭載されている機能だけでも充分強力ですが、ModelicaやFMUなどのオープンな規格を通じて1Dモデルや3Dモデルと接続することも可能です。

組み込みシステムのためのビジュアル環境

組み込みシステムのためのビジュアル環境

組み込みシステム開発用のツールとして確かな実績を持つAltair Embed®では、ブロックダイアグラムのモデルから効率のよいコードを自動生成することが可能です。システムダイアグラムに基づいて稼働シミュレーションを実行した後に、ターゲットハードウェアコントローラー用のコードを自動生成できます。HIL(Hardware-in-the-Loop)による設計の試験も簡単に実行できるほか、ロバストで信頼性の高いプロセスは、コードの編集を必要としません。

モデルベース開発のユーザー事例

ユーザー事例

モデルベース開発に関するウェビナー

ウェビナー

モデルベース開発に関する質問掲示板

ユーザーフォーラム