デジタルツイン

製品開発を進化させるデジタルツイン

デジタルツインを作成すれば、製品性能の最適化、製品の運用寿命の可視化、予防保全の実施時期と実施対象の把握、製品の余寿命(RUL)の延長方法の模索などを行うことができます。Altairのデジタルツイン統合プラットフォームでは、物理ベースとデータベースのツインを組み合わせて製品ライフサイクルを最適化することが可能です。必要なものがすべて揃った、オープンで柔軟なソリューションにより、意のままにデジタルトランスフォーメーションを実現できます。

alt tag

物理ツイン

物理に基づく、シミュレーション主導のデジタルツインでは、ツールに依存しないFMI(Functional Mock-up Interface)などの標準インターフェースや、形状ベースの各種3D CAEツールとの連成シミュレーション、さらには高忠実度のシミュレーションモデルを簡略化する次数低減モデリングの手法を活用できます。

alt tag

データツイン

データに基づくデジタルツインでは、機械学習アルゴリズムとデータサイエンスを駆使して製品性能を最適化します。このツインを使用することにより、製品の状態を素早くリアルタイムに把握し、製品寿命の延長や故障の回避のために稼働条件を調整することが可能です。

alt tag

基本プラットフォーム

デジタルツイン統合プラットフォームを支えるのは、本番環境のツインを実行し、それらを現場のデータとリアルタイムに接続することができる基本ソフトウェアです。このプラットフォームは、デジタルツインの開発の立ち上げを迅速に行い、スケーリングを効率化し、継続的な改善活動を実現するための強力な味方です。


製品についてより良い決断を下すために

製品についてより良い決断を下すために

デジタルツインを導入すれば、製品の将来的な運用について、データに基づいて確実な決断を下せるようになります。デジタルツインから製品の隅々にわたる詳細な情報を得ることにより、経験的な事実をアクションにつなげ、製品の信頼性や性能の向上を通じて顧客満足度を高めることができます。Altairは、開発の各担当者同士の連携と、シミュレーションを中心としたチームワークを実現するためのデジタルツインソリューションを提供しています。

デジタルツインにより、電気エンジニアや制御系のスペシャリスト、システムエンジニア、構造設計者、動力学のスペシャリスト、製造のエキスパート、ソフトウェアデベロッパー、そしてデータサイエンティストが新たに力を出し合い、システムの全体像を把握することが可能になります。Altairのソリューションなら、運用環境における製品の実際の挙動を理解し、製品の今後についてより良い決断を下すことができます。

製品の検証を迅速かつ確実に行う方法

製品の検証を迅速かつ確実に行う方法

デジタルツインは、実機試作による検証が現実的ではない場合の製品検証で特に力を発揮します。たとえば試作の製作に膨大なコストが生じる場合や、運用環境を再現するのが困難な場合、あるいは人の手が必要になる場合です。そうした状況では、実機試作の代わりにデジタルツインを用いることで、製品の挙動を確認するためのコストを大幅に抑えることができます。

さらにデジタルツインなら、実験の頻度を格段に増やし、より多くのことを試すことができます。デジタルツインは、設計案を正確に検証できる経済的かつ安全な方法です。これを経ることで、自信を持って製造用のプリントデータの確定、義肢の特許の出願、レースの出走、製品の発売などを行うことができます。

装置の性能と効率を向上させる

装置の性能と効率を向上させる

本番環境でのデジタルツインの運用は、設備のパフォーマンスや効率を高め、余寿命を延ばすことにつながります。デジタルツインで装置の稼働状況をデジタルに把握することにより、リアルタイムに物理解析や機械学習を行い、本来なら得られないような挙動情報を直接活用して、具体的なアクションを起こすことができます。その結果として、運用コストの削減、致命的な故障による稼働停止の回避、個々の装置の稼働寿命の延長などを達成することが可能です。

Altairのデジタルツイン統合プラットフォームは、装置の複雑な問題のすべてに対処できる唯一のソリューションです。物理シミュレーションと機械学習の学習結果を融合することにより、隠れた無駄を見つけ、それを修正することができます。

全体像を把握する

全体像を把握する

デジタルツインの利便性に疑問の余地はありません。しかし、効率的に運用するのは簡単ではありません。デジタルツインで対処する問題の最適解を見つけるには、個々の問題に対して別々のアプローチが必要になるためです。運用は一筋縄には行きませんが、Altairなら問題ありません。物理シミュレーション、データ分析、そして機械学習を独自に組み合わせることにより、運用環境下の製品の状態を完全に把握することができます。Altairのアプローチでは、物理センサーの設置が不可能なら仮想センサーで代替し、保守の必要性を見抜いて致命的な故障を防ぎ、試験装置の性能を最適化することが可能です。これらすべてを、1つのツールセットで実行できるのです。

Altairは、デジタルツインを駆使して問題を全方位から捉え、問題解決の最善策を見つけるすべを熟知しています。