熱・流体解析(CFD)

熱・流体解析(CFD)

Altairには、高度な数値流体力学(CFD)モデリングを行う解析者向けのツールも、設計案への流体や熱の影響を手早く確認したい設計エンジニア向けのツールも、すべて揃っています。スケーラブルなAltair CFD™ソルバーとCFD用のロバストなプリ / ポストプロセッサーがあれば、コンポーネント単位の詳細な解析からシステム全体の性能検証まで対応できます。

CFD製品の一覧

汎用CFD

汎用CFD

Altair CFDのNavier-Stokesソルバーには、流体、伝熱、乱流現象、非ニュートン流体など、包括的な解析機能が搭載されています。ロバストかつ並列性能の高いソルバーで、解析モデルのメッシュの品質や形状の複雑さに関わらず正確な結果を得ることができます。Atair ® HyperWorks®では、専用の統合されたワークフローを利用して、プリプロセッシング、ソルバーの実行、ポストプロセッシングを同じインターフェース上で行うことができます。

AcuSolveは製品開発における性能分析、現象調査をより早く実行したい方に最適なソリューションとなります。

外部空力

空気力学と空力音響

Altair CFDの格子ボルツマン法(LBM)ソルバーは、乗用車や大型車、レーシングカー、トラックなどの空力性能を超高速に予測できます。コストパフォーマンスの高い省電力のGPUコンピューティングに最適化された最先端のテクノロジーにより、比類のない高い性能を発揮します。複雑無比なモデルのシミュレーションも、1基のサーバーだけで一晩で完了できます。この革新的な技術により、冷却ファンや電気モーター、再生可能エネルギーなどの回転機械からの空力音響を直接計算することも可能です。

粒子法ベースの流体シミュレーション

粒子法ベースの流体シミュレーション

Altair CFDの粒子法(SPH)ソルバーは、細かく込み入った形状の周りの複雑な流れを予測します。この手法により、自由表面(液体/空気)流れを迅速かつ高精度で解析できます。

Altair® Material Data Center™は、シミュレーションに不可欠な高忠実度の材料データベースです

詳細はこちら
離散要素モデリング

離散要素モデリング

Altair® EDEM™は、離散要素法(Discrete Element Method: DEM)を用いることにより、石炭、鉱石、土、繊維、穀物、小片、粉末などの粉粒体の挙動を正確にシミュレーションおよび解析することができます。EDEMとCFDを連成させれば、流体と粒子の相互作用を忠実にシミュレートし、流動層、固体と流体の混合、スプレー塗装、濾過、乾燥などの複雑な系を調べることが可能です。

熱流体系

熱流体系

Altair® FlowSimulator™は、流体、伝熱、燃焼の解析機能が統合されたソフトウェアです。様々なモデルが混在したシミュレーションを実行し、機械やシステム設計を最適化することができます。エンジンの熱系、燃焼系、潤滑系、燃料系を設計するための統合流体解析ツールとして使用されているほか、ターボ機械、自動車、エネルギーの分野にも応用できます。数十年にわたって開発現場で蓄積されてきた知見に基づき、航空宇宙機レベルの検証と確認も可能です。

電子機器の冷却

電子機器の冷却

Altair® SimLab®は、複雑なアセンブリの性能を正確に解析できる、プロセス志向の複合領域シミュレーション環境です。高度に自動化されたワークフローが搭載されており、高度なCFD知識を必要としない伝熱解析により、開発の早い段階で潜在的な設計上の問題を確実に検知し、修正することができます。さらに、電子機器の冷却など、電子設計自動化(EDA)の難しい温度管理問題をシミュレーションできます。

スポーツと物理学 – ゴルフボールの流体解析

ブログを読む

 

Altairパートナーアライアンス(APA)の流体および伝熱解析ソリューション

Altairパートナーアライアンス(APA)を通じて利用可能な流体および伝熱解析向けソリューションは、Altair全製品の価値をさらに引き出します。APAの流体および伝熱解析向けソリューションは、熱流体構造の相互作用に対する理解を深めるのに役立ちます。

  • ThermoAnalytics社のTAIThermは、非定常伝熱解析により、設計における伝熱を予測します。
  • AVL FIRE™ Mは、従来型および電動化されたパワートレインの開発を支援します。幅広い用途や分野に対応し、複雑な流れの問題を効率的に解決できます。
  • alsim Paint Shopを活用すれば、塗装工程のシミュレーションを完全にコントロールできます。
  • Fluidon社のDSHplusを利用すると、複雑な油圧 / 空気圧システムや各種コンポーネントの動的非線形計算を実行できます。

上記をはじめとしたパートナー製品は、Altair Unitsのライセンスを通じてご利用いただけます。

その他のAPAソリューションを見る

CFD解析に関する資料

CFD製品でお悩みの方、熱流体解析をはじめたい方必見!有限要素法で実現する“簡単・高速・高精度”熱流体解析セミナー

Altairシミュレーション製品に含まれる熱流体解析ソフトウェアは高速かつ高精度なソルバーに加え、プリポスト処理を一貫した環境で実施できる統合的なソリューションです。本ウェビナーでは、有限要素ベースの汎用熱流体解析ソルバーAltair AcuSolveを中心に、CFDツールの導入と解析手法についてご紹介します。

Webinars

HyperWorksで今すぐ出来るCFD用モデリング

流体解析の事前準備には、数千もの部品の管理、それらのCAD修正(フリーエッジ、干渉の修正など)等、多大な工数が費やされています。 流体解析専用に開発された統合GUI環境「HyperWorks-CFD」は、直感的で手戻りの無い操作環境を提供し、これらの作業を素早く実施できます。CFDモデリングに欠かせないラッピング機能は、CADの稜線を保ちより再現性が向上しました。また、HyperWorksの最新メッシュ生成技術により、大規模なモデルでも自動でエラーなくメッシュ生成が可能です。 当ウェビナーではこれらの一連の操作とHyperWorks-CFDの特長をご紹介しています。 -2021年1月26日放送

Webinars

機構の挙動や流れを考慮した粉体・バルク材挙動解析

岩や土などを掘削、運搬する建機、砂地を走行する車両、薬剤の混合、梱包設備など、粉体・バルク材にかかわる製品は多くあります。土砂・岩石などを取り扱う建機・重機では、粉体・バルク材の挙動再現に加え、機構の挙動を高精度に再現する必要があり、一方、薬剤の混合・梱包・搬送プロセスでは、風による粒子の搬送や粒子の冷却、乾燥など、高精度な熱流体現象の再現が必要です。Altairの各種ソルバーの連携により、高精度な粉体・バルク材の挙動解析を可能にします。

Brochures

自己注射用オートインジェクターの仮想製品設計

スウェーデンの医療・産業機器メーカーNolato社が提供するオートインジェクターNolavaは、射出成形した繊維強化プラスチック製ハウジングに複雑な電子機械を収納した医療機器です。この自己注射器の設計に、シミュレーション主導の設計(Simulation-driven Design)を可能にするAltairの最先端の統合型ソリューションを応用し、設計プロセスの初期段階で仮想試作を行いました。これにより、実機試作や製造用の工具を製作する前に問題点を解決し、時間と費用を節約することに成功しました。

Customer Stories
資料一覧