流体解析(CFD)

流体解析(CFD)

Altairには、高度な数値流体力学(CFD)モデリングを行う解析者向けのツールも、設計案への流体や熱の影響を手早く確認したい設計エンジニア向けのツールも、すべて揃っています。細かなコンポーネントの解析からシステム全体の性能解析までこなすことができ、100,000から1,000,000,000要素の規模の問題を、スケーラブルな並列処理ソルバーとロバストなプリポストプロセッシングソフトウェアで解決します。

熱流体&粉粒体挙動 製品の一覧

汎用CFD

汎用CFD

Altair AcuSolve™は、より良い設計を望む企業の信頼に応えるソフトウェアです。流れ場、輻射を含む伝熱、乱流現象、非ニュートン流体の挙動など、様々な解析機能が搭載されており、従来のCFDツールのような解析モデリング作成に関する難しさはありません。ロバストかつ並列性能の高いソルバーで、解析モデルのメッシュの品質や形状の複雑さに関わらず正確な結果を得ることができます。

AcuSolveは製品開発における性能分析、現象調査をより早く行いたい方に最適なソリューションです。

外部空力

外部空力

Altair ultraFluidX™は、乗用車や大型車、レーシングカー、トラックなどの空力性能を超高速に予測するために開発されました。コストパフォーマンスの高い省電力のGPUコンピューティングに最適化された最先端のテクノロジーにより、比類のない高い性能を発揮します。複雑無比なモデルのシミュレーションも、1基のサーバーだけで一晩で完了できます。初期コンセプトの段階でAltair Inspire Studioと組み合わせれば、設計サイクルを素早く回して迅速かつ適切な設計判断が可能となります。

粒子法ベースの流体シミュレーション

粒子法ベースの流体シミュレーション

Altair nanoFluidX™は、粒子法ベースの流体解析(SPH)ツールです。車両や電気自動車などの回転軸や歯車で構成されたパワートレインシステム内における注油状態のシミュレーションなど、細かく込み入った形状の周りの複雑な流れを予測します。高速で効率的なGPUコンピューティングを用いて、システムの個々の部品に生じる力やトルクの計算が可能となります。シンプルなワークフローにより、他のシミュレーションの経験がない方でも容易に計算可能です。

バルクおよび粒状材料の挙動

バルクおよび粒状材料の挙動

Altair EDEM™は、バルクおよび粒状材料(粉粒体)の挙動解析ソフトウェアです。産業界で実績のある離散要素法(Discrete Element Method: DEM)を用いることにより、石炭、鉱石、土、繊維、穀物、小片、粉末などの粉粒体の挙動を素早く正確にシミュレーションおよび解析することができます。EDEMと数値流体力学(CFD)ソフトウェアを連成させれば、流動層、固体と流体の混合、スプレー塗装、濾過、乾燥などの粒子-流体系を調べることが可能です。

流体、伝熱、燃焼

流体、伝熱、燃焼

Altairが独占的に販売するGE社のFlow Simulatorは、流体、伝熱、燃焼の解析機能が統合されたソフトウェアです。様々な忠実度のモデルが混在したシミュレーションを実行し、機械やシステムの設計を最適化することができます。GE Aviation社製エンジンの熱系、燃焼系、潤滑系、燃料系を設計するための統合流体解析ツールとして使用されているほか、ターボ機械、自動車、エネルギーの分野にも応用できます。数十年にわたって開発現場で蓄積されてきた知見に基づき、航空宇宙機レベルの検証と確認も可能です。

複合領域の設計探索

複合領域の設計探索

Altair HyperStudy™は、エンジニアと設計者向けに開発された複合領域の設計検討、スタディ、最適化のためのソフトウェアです。実験計画法、メタモデリングおよび最適化手法を駆使して、合理的な設計案の作成、解析の管理、データの収集が可能です。表示されるガイドに従うことで、データの傾向を理解し、トレードオフ分析を実行し、設計の性能と信頼性を最適化することができます。標準的なCAEソルバーと直接連携できるため、様々な物理現象の評価を統合することができます。