リソースライブラリ

2輪車開発のための車両運動シミュレーション活用ウェビナー

新しくリリースされたAltair MotionSolve 2020に、2輪車用のライブラリが搭載されました。ライブラリから部品と解析条件を選択して諸元を入力するだけで、2輪車のモデル構築や解析設定が行え、大幅に作業時間を短縮できます。また、新たに開発された姿勢制御ドライバモデルにより、2輪車の走行シミュレーションも可能になりました。

本セミナーでは、これらの2輪車用ソリューションをご紹介します。2輪車の車両運動・制御、耐久性、乗り心地の解析・評価にぜひご利用ください。

ウェビナー

機構解析ユーザーのためのDEM(離散要素法)活用ウェビナー

岩や土などを掘削・運搬する建設機械や、砂地を走行する車両、薬剤の混合、梱包設備など、粉体・バルク材と干渉する製品の設計において、動的性能や荷重の評価にお困りではありませんか?

本ウェビナーでは、粉体・バルク材と相互に作用する機械システムのシミュレーションによる評価手法をご紹介いたします。

ウェビナー

航空・宇宙業界のためのアンテナ設計セミナー

アンテナ設計および設置アンテナ性能と、仮想フライト試験や仮想走行試験を含む無線カバレージ解析を組み合わせたAltair独自の電磁界解析ソリューションをご紹介します。その他、複雑なレドーム設計のための新たなソリューションや散乱およびレーダー反射断面積(RCS)計算のための強力な解析/設計機能についてもご紹介します。

ウェビナー

セルフサービス型データプレパレーションの手引き

~機密情報を守るために必要なデータガバナンスとは~

データマイニング、抽出、クレンジング、結合、ブレンド、マスキング――これらはすべて、データプレパレーションの作業です。
データを操作し様々なソースから抽出したデータの結合方法を考えたり、静的なレポートやPDFのセッションキーを調整したり、正確に報告するためにデータ形式を整えたりといった作業に、データ分析のプロフェッショナルでさえ、1週間に何時間も割いています。
Altair ® Monarch ® などのセルフサービス型のデータプレパレーションツールなら、データのインポート、変形、エクスポートを高速化および効率化できるだけでなく、自

ブローシャ&データシート

電子機器設計に必須 ノイズ対策セミナー

電化製品の設計において、すべてのパーツを組み上げてから問題が発覚し、手戻りが発生してしまうと、納期やコストに大きく影響します。そのため、予めEMI評価、EMS評価を行っておくことが大変重要です。

本ウェビナーでは、ハーネスやコネクター、筐体の形状を考慮したEMI解析、ハーネスや基板の配置を考慮したEMS解析、これらの解析結果を設計に活用するためのEMCエンジニアと量産設計者の協調設計ソリューション、の3つをテーマにご紹介します。

ウェビナー

データ準備を効率化!データ分析のためのAltair Monarch活用ウェビナー

データ準備は、データ分析のための必須作業でありながら、作業時間全体の約60%を占めると言われる骨の折れる作業です。データ活用を試みる企業のほとんどが、まずこの準備で躓くことが多く、満足のいく分析結果を得られていないのが現実です。

本ウェビナーでは、データプレパレーションの効率化を実現するBIツールAltair Monarchを使用し、データ準備から分析までの流れを実際の事例を用いながらご説明します。

【このようなことにお悩みの方はぜひご覧ください】

・データ活用をしたいが何から始めたらよいかわからない
・複数のシステムから抽出したデータのフォーマットが異なり、統合のたびにコ

動画, ウェビナー

Altair Radioss 2020 新機能

輸送機器向けの機能、電気製品の準静的解析と落下解析向けの機能、製造・加工向け機能など。

動画, ウェビナー

Altairの今と未来

2020年6月3-4日に開催された「Altair 2020 Global Experience」の基調講演(日本語字幕)の動画です。

Altairの会長兼CEOであるJames R. Scapaが、市場の動向とものづくりの未来、Altairのビジョンや独自性、今後の展開、とくにシミュレーション、データ分析、HPC分野の重要性についてお話します。

James R. Scapaは、1985年の創業時からAltairのCEOを務め、その手腕により、Altairは、25か国に86以上のオフィスを構える、従業員3,000人超のグローバルテクノロ

プレゼンテーション

PCB設計のコラボレーティブ環境PollExセミナー

電子回路の設計は、回路の高速化や電源の安定性、部品ピッチの狭小化などから年々複雑になっています。そのため、先行開発部門やEMCスペシャリスト、生産技術部門などが互いに支援しながら設計を進める環境が必要です。

Altair PollExはこうした部門間のコラボレーションを強力にサポートする設計環境を提供します。本ウェビナーでは、電子回路の設計におけるPollExの活用例を紹介します。

セミナーの内容
-電子回路設計の協調設計について
-協調設計における問題について
-PollExによるソリューションについて
-デモンストレーション

ウェビナー

次世代HyperWorksオンライントレーニング #5

次世代HyperWorksオンライントレーニング第5回「HWXの便利な機能」の録画です。

概要
- メッシュの移動や複写機能について
- メッシュの細分化機能について
- メッシュ同士の融合機能について
- ボクセルメッシュ機能について
- 部品の入れ替え

※次世代HyperWorksとは、インストーラパッケージでHyperWorks 2019 Xとして表示される新しいGUIを備えたHyperWorksです。

ウェビナー

Bottpowerプロジェクトのバイク用軽量ブラケットデザイン(英語)

BOTT(Battle of The Twin)は、2気筒4ストロークエンジンを搭載したバイクのレースです。

Bottpowerはスペインのバレンシアにあるモータースポーツエンジニアリング会社で、レースやストリート用のカスタムバイクの設計と製作を専門としています。

Bottpowerプロジェクトの課題は、主荷重と空力荷重に耐えられるバイク用の軽量ステーブラケットを設計することでした。 安全性を満たしながら軽量化するために、最適な重量と剛性比を見つけることが目標でした。

バイクを紹介するのに最も重要な3DプリントイベントであるAddit3Dに間に合わせるためには、すべてを迅速

Customer Stories

【Monarch】無償試用版インストールガイド

Monarch試用版のインストール方法について

ブローシャ&データシート, Training Materials

【Monarch】デモンストレーションビデオ

デスクトップベースの先進的なセルフサービス型データプレパレーションソリューション Monarch を使ったデータの取り込み方法をご説明するビデオです。

Tips & Tricks, 動画

5Gインフラ評価のスタンダード WinProp電波伝搬セミナー

「第5世代移動通信システム(5G)」の基本的な解説に加え 、Altair WinPropによる5G電波伝搬モデルの作成と評価、基地局の設置やアンテナ配置の検討について解説します。

セミナーの内容
・5G電波伝搬の現象​
・5Gカバレージについて​
 - 伝搬損失
 - 遅延スプレッド・角度広がり
・5Gネットワークプランニング​
 - ビームフォーミング​
 - モンテカルロ分析

ウェビナー

金融機関様向け「今求められる業務効率化とは? データ可視化を活用したデータ分析」

2020年5月28日開催のニッキン主催「FITウェビナー」にてKnowledge Worksのご紹介をさせていただきました。

テーマ「今求められる業務効率化とは?データ可視化を活用したデータ分析」

金融機関をはじめとした日本企業では、テクノロジーを活用したデジタル変革(DX)による業務効率化が急務となっています。

本セミナーでは、テキストやPDFファイル等の自動データ化、高度な予測分析と機械学習、ストリーミングデータとリスクの可視化など、人的作業によるオペレーショナルリスクの軽減、データプレパレーション作業の短縮など、業務効率化を実現するソリューションをご紹介します。

動画, ウェビナー

次世代HyperWorksオンライントレーニング #4

次世代HyperWorksオンライントレーニング第4回「空間形状からヘキサ要素の作成」の録画です。

概要
- ソリッドの共有面作成
- ソリッドの分割
- ソリッドへのヘキサ・ペンタメッシング
- ソリッドメッシュの品質改善
- テトラメッシュの作成

※次世代HyperWorksとは、インストーラパッケージでHyperWorks 2019 Xとして表示される新しいGUIを備えたHyperWorksです。

ウェビナー

Knowledge Studio 概要1

Knowledge Studioの使い方について

Tips & Tricks, Training Materials, 動画

次世代HyperWorksオンライントレーニング #3

次世代HyperWorksオンライントレーニング第3回「樹脂形状のモデル化」の録画です。

概要
- CADから中立メッシュ作成
- シェル要素への板厚割り当て
- 中立メッシュがうまくできなかった場合の修正方法
- リビルド機能について

※次世代HyperWorksとは、インストーラパッケージでHyperWorks 2019 Xとして表示される新しいGUIを備えたHyperWorksです。

ウェビナー

Knowledge Studio 決定木を使った分析

決定木を利用した分析の仕方について

Tips & Tricks, Training Materials, Use Cases, 動画

Altair Knowledge Works HOW TOビデオ

データアナリティクスツール Altair Knowledge WorksのHOW TOビデオです。

Tips & Tricks, Training Materials, 動画

Altair PollExご紹介ウェブセミナー

PollExによって、設計とEMCエンジニア、設計と生産技術、設計とデバイスメーカにおいて同じツール環境の構築が可能となり、製品開発のQCDが大幅に向上します。

本ウェビナーでは、PollExの概要および各種機能をご紹介します。プリント基板の設計、製造に携わる皆様はぜひご参加ください。

ウェビナー

熱処理、熱問題解析セミナー

熱処理加工においては、効率的なワーク加熱のために適切な周波数の印加や、電源出力などが求められます。一方熱問題においては、発生した熱の速やかな冷却が課題となります。どちらのケースにおいても発熱分布を求めることが重要です。本ウェビナーでは、発熱に関するAltair Fluxのソリューションをご紹介します。

ウェビナー

次世代HyperWorksオンライントレーニング #2

次世代HyperWorksオンライントレーニング第2回「板物(2D)モデルの作成」の録画です。

概要
- 中立面の自動抽出および修正
- サーフェスジオメトリの補完、編集
- バッチメッシュによるジオメトリ編集と要素品質を考慮したメッシング
- バッチメッシュに使用する基準値ファイルおよびパラメータファイルの作成
- 基準値ファイル、パラメータファイルのモデル全体とサーフェス単位でのファイルの使い分け

※次世代HyperWorksとは、インストーラパッケージでHyperWorks 2019 Xとして表示される新しいGUIを備えたHyperWorksです。

ウェビナー

eブック: OptiStructを用いた構造最適化の実践

構造性能の解析は、製品開発における数あるプロセスの1つにすぎません。製品開発技術者の仕事は、応力、質量、信頼性、その他の必要条件を満たすための部品改良案を提案することですが、その一方で、より短い設計サイクルで最適設計を生み出す努力もしなければなりません。

そうしたなかで、高度なシミュレーションテクノロジーを用いた設計最適化は、個別の企業に留まらず、多くの産業で標準的な設計プロセスとしての地位を確立するまでになりました。

本スタディガイドは、OptiStructで利用可能な最適化手法の概要を紹介することを目的としています。執筆にあたっては、最適化という魅力的な世界のことをもっと知りた

eBooks

国内外で採用多数、メッシュレスCAE「SimSolid」が設計者に選ばれる理由

メッシュレスにより、解析の圧倒的な高速化、簡易化を可能にした「Altair SimSolid」を活用する設計現場が増えている。選ばれる理由はどこにあるのか、そして、設計現場では具体的にどのように活用されているのか。「本当に使える『設計者CAE』 大手メーカーも絶賛、SimSolidによる開発期間短縮セミナー」の内容を基に、SimSolidの魅力に迫る。

Articles, Customer Stories

e-Motorデザインウェビナー

昨今の電動化の流れに伴い、電動機の開発に対する要求は日々高度になっています。中でも重量削減とコスト削減は重要な要求事項の一つです。本ウェビナーでは、これらの要求に対応するAltair FluxMotorのソリューションをご紹介します。

セミナーの内容

- 電動機の課題
- 複合領域最適化の必要性
- マグネット使用量削減事例
- 動作状況を通しての効率最適化
- 形状最適化事例

動画, ウェビナー

Altair SAOご紹介ウェブセミナー

Altair SAO(Software Asset Optimization)はソフトウェア資産を把握し、使用状況を視覚化、分析できるソリューションです。追加機能のAltair SAO Predictを使えば、予測も可能です。

動画, ウェビナー

次世代HyperWorksオンライントレーニング #1

次世代HyperWorksオンライントレーニング第1回「スケッチングとメッシュ作成、簡単な設計変更」の録画です。

概要
- スケッチ機能、スナップ機能が形状の作成をサポート
- 対話形式、サーフェスごとに指定するメッシング
- 用意した形状に投影させるモーフィング
- 任意の形式で出力可能

※次世代HyperWorksとは、インストーラパッケージでHyperWorks 2019 Xとして表示される新しいGUIを備えたHyperWorksです。

ウェビナー

最適化やパラスタによって製品パフォーマンスを向上させるHyperStudy

Altair HyperStudyは、任意の解析ソルバーに対する最適化、実験計画法、確率統計解析によるロバスト設計の3つのスタディを行うことができるツールです。HyperStudy を活用することにより、競争の厳しい製造業において短期間で製品の性能を向上させることが可能です。"

動画

収束しない強非線形静的問題を陽解法で解くRadioss

Radiossは衝突解析など高度な非線形動的問題を扱うために開発された、先進的な構造解析ソルバーです
本動画ではRadiossの概要、非線形性の強い静的な問題を陽解法を使って解くテクニックをご紹介します。

動画

SimLab+Radiossで始める落下解析

SimLabを使用して最小限の工数でメッシュ作成及び解析設定を行い、ロバストかつ並列スケーラビリティの高いRadiossで解析を実施することで、初心者でも簡単に落下解析を実施できます。本動画では、SimLab+Radiossによる落下解析の概要について、操作デモを交えながらご紹介します。

動画

設計者向け疲労解析ツールHyperLife

"HyperLifeはOptiStructを含む主要ソルバーの解析結果を利用し、容易な操作で金属の疲労強度を評価できるツールです。静解析、動解析での設定操作デモを交えながら、HyperLifeの豊富な機能をご紹介します。"

動画

eBook: DEMとは - 離散要素法(DEM)の理論的背景(英語)

離散要素法(DEM)は、粒子状物質や、石炭、鉱石、土壌、岩石、骨材、ペレット、錠剤、粉末など様々なバルク材料の挙動をモデル化するための粉粒体挙動解析法です。

eBooks

ルノー、Altair SimSolidでシャーシの開発期間を短縮

シミュレーションの専門家でない設計者でも、シミュレーションを活用して短期間で軽量なシャーシの設計が可能に

Customer Stories

様々な振動音響問題を解析・対策するHyperWorksのNVHソリューション

HyperWorksには振動音響解析を実施するための様々なツールが含まれています。実世界で起こっているNVH現象を解析・対策することで、NVH性能に優れた製品を開発するためのソリューションをご紹介します。

動画, ウェビナー

きしみ・がたつき音を予測・対策するSqueak and Rattle Director

Squeak and Rattle Director(SnRD)は、各種ソフトウェアオートメーションを統合した新しいタイプのソリューションです。アセンブリ内で生じる異音・低級音(S&R)の根本原因を排除するための設計案を、迅速に割り出し、解析できます。

動画, ウェビナー

高度な非線形問題を解くOptiStruct

OptiStructは、静的解析から、動的解析、振動解析、音響解析、疲労解析、そしてマルチフィジックス解析まで、線形・非線形解析のための包括的で高精度なスケーラビリティに優れたソリューションからなる、実績ある最新の構造解析ソルバーです。

動画, ウェビナー

様々な複合材料特性を解くMultiScale Designer

Multiscale DesignerはCFRP、繊維補強コンクリートなど、複数の材料を組み合わせた複合材料の材料特性(ヤング率、熱伝導率など)を算出するツールです。本ツールの概要、繊維配向を用いた解析テクニック、ユーザーの皆さまから頂いた面白いテクニックなどをご紹介します。

動画, ウェビナー

データ分析ツールKnowledge Worksご紹介ウェビナー

データ前処理、機械学習による予測分析、データ可視化の一連のデータアナリティクスソリューションをご紹介します。データ活用にお困りの方、データ分析作業の効率化にお悩みの方、データアナリティクスツールの操作感が気になる方などにおすすめです。

Altairのデータアナリティクスソリューション

ウェビナー

大手メーカーも絶賛、Altair SimSolidのご紹介

2018年末に弊社が買収して以来、多くのお客様に驚きと感動を与えているメッシュレス高速構造解析ツールAltair SimSolidは、現在大手メーカ様を中心に、開発上流段階の形状検討や設計の絞り込み、比較検証などの作業にかつてないスピードを提供しています。

メッシュ分割不要の独自新技術、部品選別/形状簡略化不要、CADモデルをそのまま利用、メッシュエラー無し、CPUで計算可能(GPU等の高価なハードウェアの追加購入不要)といった、SimSolidの機能と特長を本セッションでご紹介します。
<a href="https://www.altai

プレゼンテーション, ウェビナー
737 件