リソースライブラリ

AUJ2020 - [基調講演]2足走行ロボットとその最適設計を目指して

ロボット、構造、電磁界などの工学を学ぶ学生や、最新の工学テクノロジーを授業や研究に取り入れたい教員を対象としたテクノロジーカンファレンス「Altair University Japan 2020」の講演録画です。

佐野 明人 教授(名古屋工業大学 大学院)による基調講演「2足走行ロボットとその最適設計を目指して」を視聴いただけます。

ATC プレゼンテーション, 動画, ウェビナー

AUJ2020 - Altair Fluxによる超電導アクチュエータの最適化

ロボット、構造、電磁界などの工学を学ぶ学生や、最新の工学テクノロジーを授業や研究に取り入れたい教員を対象としたテクノロジーカンファレンス「Altair University Japan 2020」の講演録画です。

萩原 孝紀 様( 立命館大学)による講演「Altair Fluxによる超電導アクチュエータの最適化」を視聴いただけます。

ATC プレゼンテーション, 動画, ウェビナー

AUJ2020 - エコランカーの構造設計基礎

ロボット、構造、電磁界などの工学を学ぶ学生や、最新の工学テクノロジーを授業や研究に取り入れたい教員を対象としたテクノロジーカンファレンス「Altair University Japan 2020」の講演録画です。

田村 俊介 様(Team BIZON)による講演「エコランカーの構造設計基礎」を視聴いただけます。

ATC プレゼンテーション, 動画, ウェビナー

AUJ2020 - [Altairクラスルームの活用例]機械工学実験における振動解析モデル作成

ロボット、構造、電磁界などの工学を学ぶ学生や、最新の工学テクノロジーを授業や研究に取り入れたい教員を対象としたテクノロジーカンファレンス「Altair University Japan 2020」の講演録画です。

黒沢 良夫 准教授(帝京大学)によるAltairクラスルームの活用例「機械工学実験における振動解析モデル作成」を視聴いただけます。

ATC プレゼンテーション, 動画, ウェビナー

モデルベース開発を全てのエンジニアに - Altair Activate

モデルベース開発手法においては、設計の初期段階ですべての設計因子を検討するため、複合領域や複合手法の連成シミュレーションが必要です。
Altair Activateでは、複合領域での1Dシミュレーションを実現するために、制御システムや信号処理に適したシグナルベース、物理コンポーネントのためのModelica、電気回路のためのSPICEの3つのダイアグラムを混在させることができます。
また、電磁場やマルチボディ等の3Dシミュレーションツールとのダイレクトインターフェースを装備しているほか、連成シミュレーションのための汎用インターフェースFMIも完全装備しており、1D-3Dの連成シミュレーショ

ブローシャ&データシート

OptiStructによる構造音響連成解析入門セミナー

電気自動車の開発は内燃機関が無くなるため、従来とは異なる騒音問題が顕在化します。EV開発で重要視される騒音対策について、本ウェビナーで音響解析の基礎から解説し、OptiStructによる音響ソリューションと活用事例を併せてご紹介します。

構造音響連成解析の理論概要
- 人の聴感特性
- 工学分野における音響
- 波動方程式と運動方程式
- 構造音響連成
- モード解析
- 無限境界要素について
- 多孔質材料とBiot理論

ウェビナー

OptiStructによる構造音響連成解析入門セミナー

電気自動車の開発は内燃機関が無くなるため、従来とは異なる騒音問題が顕在化します。EV開発で重要視される騒音対策について、本ウェビナーで音響解析の基礎から解説し、OptiStructによる音響ソリューションと活用事例を併せてご紹介します。

OptiStructによる構造音響連成解析
- 解析の考え方と音響モデル作成の考え方
- 音源の設定
- 音響解析用の要素の設定
- 解析結果の出力
- OptiStructで解析可能な構造音響連成解析まとめ

ウェビナー

SimLabユーザー必見!今すぐ出来る本格的な熱流体解析

複雑なアセンブリや大規模な形状のFEMモデリングツールとして、Altair SimLabは自動車、電子機器をはじめとする幅広い業界で活用されています。SimLabは、直観的なGUIを持ち、CAD環境とスムーズに連携します。また、構造解析だけでなく、熱流体解析もシームレスに実施できます。

本セミナーでは、SimLabユーザー様であればすぐに利用できる熱流体解析ソルバーAltair AcuSolveについて、メッシュ作成/解析設定/結果評価までの手順をデモを交えてご紹介します。AcuSolveを使用することで、数十秒から数時間の非定常の熱流体解析に対応できるだけなく、OptiStructと組

ウェビナー

5G利用、IoT開発、EMI対策のための 電磁界・電波伝搬シミュレーション活用セミナー

20年以上にわたり電磁界・電波伝搬シミュレーションを活用し、実測値と比較しながら、様々な製品を効率的に設計しているパナソニックシステムネットワークス開発研究所(PSNRD)様にご協力いただき、シミュレーションを有効に活用するためのノウハウや活用事例等をお話しいただきます。

ウェビナー

換気性能解析 - 長時間の流体解析でエアロゾルの広がりを検証

映画館、コンサートホール、スタジアムなどの商業施設や店舗などの建築物、電車やバスなどの車輛、航空機など、様々な空間における空調設備の換気性能が、新型コロナウイルスの流行をきっかけにますます注目されています。感染症リスクのほか、空調の冷却性能や有毒ガスの排出などに関わる換気の性能評価は、非常に重要な課題です。

AltairのCFD解析ツールAltair AcuSolveは、一般的なソフトウェアでは難しい数十秒から数時間にわたる現象を解析でき、高度なモデリング技術や流体の知識、大規模な計算機を必要としません。

本ウェビナーでは、AcuSolveの換気に関する流体解析手法(物質種解析、ラ

ウェビナー

Kx kdb+データ環境向けストリーミング分析アプリケーションの構築

Panopticon Streaming Analytics プラットフォームは、kdb+ を導入済みの企業において最良約定の確保、クライアントフロー分析、リスクおよび執行分析、監視、コンプライアンスといった幅広い用途で活用されています。
<活用例>執行分析/コンプライアンスと監視
コーディングなしでストリームを分析︓Panopticon Streams は、集約、計算、アラートなどのリアルタイムのデータプレパレーション機能を備えています。

Technical Papers

MasterCardがセルフサービス型データプレパレーションでカスタマーエクスペリエンスを向上

メインフレームに格納されたレポートの取引明細と現金残高の確認を毎週40~80時間かけて手作業で行い、突合用のデータはExcelに手入力していました。Monarchのデータプレパレーション機能を使ってメインフレーム内のレポート上の重要情報を抽出することで、即座に分析を開始できるようになり、突合を短時間で完了できるようになり、顧客や社内の他部署から問い合わせがあった場合に都度分析を行うことも容易になりました。

Customer Stories

磁界結合型ワイヤレス給電の最新研究 ~電磁界シミュレータを活用したコイル自動設計~

ケーブルや電池に変わる新たな電力供給手段として、ワイヤレス給電技術の研究開発が進められています。中でも実用性に優れ注目されているのが、「磁界結合型ワイヤレス給電」です。

その給電性能に関わる大事な要素の一つが、コイルの形状と配置です。

東京大学では、目的性能に対する最適なコイル形状と配置を自動で算出するシステムを研究されています。そのシステム構築に欠かせない強力かつ高速なソルバーを備えるとして、高周波電磁界解析ソフトウェアAltair Fekoを選定いただきました。

本ウェビナーでは、コイル自動設計技術を中心に東京大学の成末様より最新研究を発表いただくほか、弊社よりソルバーの

ウェビナー

設計初期段階におけるモータ最適設計

モータ設計の初期段階で最適化を行い性能を見極めることは、幅広い選択肢から適切な設計値を見つける上で大変重要です。

簡単にモータの形状を変更し、性能の変化を手軽に調べられるAltair FluxMotorなら、モータ設計の初期段階で効率よく性能予測をおこなえます。必要な解析セットアップがあらかじめFluxMotorに準備されており、”TEST”を選択するだけで調べたい性能を求めることができます。

ウェビナー

超高速&効率的なファン騒音解析 - サルエアー社の事例紹介

あらゆる分野において冷却性能への要求が高まりつつあり、エンジンや電気機器の冷却によるファンの騒音は製品開発において性能・品質を決定づける要因のひとつとなっています。静粛な製品の必要性は性能の課題だけでなく、顧客体験やブランドを形成する要素でもあります。

本セミナーでは重機、建機、大型空調設備等における騒音と冷却のトレードオフにお悩みの設計者・エンジニアを対象に、Altair ultraFluidXを活用した騒音解析の適用例と手法をご紹介します。

ウェビナー

成形性でお悩みの樹脂製品設計者必見!簡単操作の樹脂流動解析セミナー

「薄肉形状で樹脂製品を設計したが、成形の難易度が高過ぎる」「生産技術部門や解析部門では、設計案一つ一つを解析・レポートする工数はとれない」といった、樹脂成形に関するお悩みはございませんか?

Altair Inspire Moldは、ゲートの作成や位置決めなどをマウス操作で簡単に設定でき、これらの問題を解決するための柔軟なゲート設計をサポートします。

セミナーの内容
-製造性の設計プロセスを合理化する方法
- Inspire Moldについて
- 製品デモ

ウェビナー

データ分析の基礎知識:機械学習の基礎とアルゴリズムと使い方ウェビナー

2020年9月18日(金)14時~15時に開催されたウェビナー「データ分析の基礎知識:機械学習の基礎とアルゴリズムと使い方」の収録動画です。

本ウェビナーでは、社内のデータ活用を進めるうえで必要な機械学習の基礎知識を解説します。また、Altairが提供する機械学習・予測分析ソリューションAltair Knowledge Studioについて、最後に少しだけご紹介します。

セミナーの内容
機械学習とは?
機械学習アルゴリズムの基礎
(回帰 / クラスタリング / 決定木 / ディープラーニング)
機械学習の活用方法

ウェビナー

Altiarのクラウドバースティングでビジネスを飛躍させる

ビジネスを次のレベルに飛躍させ、競合他社より先に新製品をリリースすることができるとしたら。大規模なリコールを未然に防ぐことができるとしたら。
Altair PBS Professionalによるシミュレーション主導設計なら、実現可能です。

動画

PBS Works 2020の新機能と詳細

2020年9月16日に開催されたウェビナー『HPCの新技術とニューノーマル - PBS Works 2020 / 「富岳」クラウド利用共同研究 / 在宅ワーク向けCAEクラウド』で放送されたセッションです。

PBS Worksの最新バージョン2020に追加された多数の新機能をまとめてご紹介します。

ウェビナー

アルテアの富岳クラウド利用プロジェクトへの取り組み

2020年9月16日に開催されたウェビナー『HPCの新技術とニューノーマル - PBS Works 2020 / 「富岳」クラウド利用共同研究 / 在宅ワーク向けCAEクラウド』で放送されたセッションです。

実績あるAltairのSaaSテクノロジーを富岳のクラウド利用に応用する共同研究について解説します。

ウェビナー

ウェビナー: スーパーコンピュータ「富岳」のクラウド利用プロジェクトご紹介

2020年9月16日に開催されたウェビナー『HPCの新技術とニューノーマル - PBS Works 2020 / 「富岳」クラウド利用共同研究 / 在宅ワーク向けCAEクラウド』で放送されたセッションです。
スーパーコンピュータ「富岳」のクラウド利用の運用を主導する理化学研究所(理研)の山本様をお迎えし、Altairのソリューションと併せ、HPCの最新情報をお伝えします。

ウェビナー

リモートワークに最適なクラウドCAE環境

2020年9月16日に開催されたウェビナー『HPCの新技術とニューノーマル - PBS Works 2020 / 「富岳」クラウド利用共同研究 / 在宅ワーク向けCAEクラウド』で放送されたセッションです。

プリペイド式で、パスワードとログインIDがあればすぐ始められるHyperWorks Unlimited Virtual Appliance(HWUL-VA)についてご紹介します。HWUNL-VAは、在宅勤務やリモートワークの環境として支持されているほか、GPUのご利用や突発的なプロジェクトなどでも利用されています。

ウェビナー

PDMと連携したモデル管理効率化セミナー

近年の設計評価項目の複雑化、かつ多様化している仕様に対し、CAD、CAEモデルデータを効率的に構築・管理する方法について、HyperWorksの機能を交えてご紹介します。

ウェビナー

あらゆるCAD、FEMモデルの差分検知!モデル検証効率化セミナー

モデル検証の効率化機能と、お客様のプロセスへの適用をパッケージ化したソリューションModel Verification Director(MVD)について、各種機能(CADデータの不具合を自動抽出、形状比較、自動レポート作成)と最新バージョン2020をご紹介します。MVDの開発は日本を中心に行っており、国内メーカーのお客様のご要望に柔軟に対応してきた実績があります。

ウェビナー

eブック: DEMとは?離散要素法(DEM)の理論

このeBookでは、離散要素法(DEM)の理論的背景について説明しています。離散要素法とは、石炭、鉱石、土、繊維、穀物、小片、粉体などの様々なバルクおよび粒状材料挙動動をモデル化するための粒子スケールの解析手法です。
1. モデリングの手法
2. DEMの背景
3. 粒子挙動
4. タイムステップ
5. 接触モデル
6. 接触判定
7. 粒子形状
8. 材料キャリブレーション
9. DEMのジオメトリ
10. DEMのカップリングモデル

eBooks

自社ソリューションへのPanopticon適用事例

ポートフォリオ、リスク、コンプライアンスをリアルタイムに管理できるソリューションを世界中の金融サービス企業に提供している大手ソフトウェアプロバイダーImagine Software 社は、Panopticonを自社ソリューションに埋め込むことで、ビジネスインテリジェンスの提供とデータ可視化の最適化を実現しました。

Customer Stories

排気系部品設計開発セミナー

排気系部品への要求は規制強化に伴い複雑になっており、軽量化、効率化、静音性等、多岐にわたる課題を抱えています。本セミナーではHyperWorksで実現できるソリューションをご紹介します。排気系部品の性能検討解析・評価に是非ご利用ください。

ウェビナー

eブック: ボールバランシングテーブル教材

本書は、自動制御体験キット ボールバランシングテーブルを使って、3D+1D システム連成シミュレーションでモデルベースの制御設計コンセプトを学べるユニークなデジタルツイン教材です。
本資料はAcrome Inc.のBALL BALANCING TABLE Course wareをAltairが翻訳したものです。

1. ボールバランシングテーブルのコンポーネント
2. パルス幅変調(Pulse Width Modulation, PWM)とRCサーボモーター
3. 微分フィルター処理
4. システムモデリング
5. 性能指標
6. 制御システムの設計
7. 周波数応答解析

eBooks

Altair University ビデオ講座 | 有限要素解析とは - 第1回

Altairが公開している無料eブック「有限要素シミュレーションの実践」の内容を、できるだけ数式を使わずに解説します。有限要素法やFEM解析をこれから勉強する方はもちろん、すでにシミュレーションに携わっている方も是非ご視聴ください。

動画

eブック ボールバランシングテーブル ユーザーマニュアル

自動制御体験キット ボールバランシングテーブルのためのユーザーマニュアル。3D+1D システム連成シミュレーションでモデルベースの制御設計コンセプトを学べるユニークなデジタルツインを体験できます。

eBooks

粒子挙動解析ソフトウェアEDEMによる粉体処理プロセス最適化へのアプローチ

製薬、食品、化学薬品等の業界における粒状材料の取り扱いについて、粒子挙動解析ソフトウェアAltair EDEMを用いた粉体処理プロセスに関するシミュレーションと導入事例をご紹介します。

セミナーの内容
- EDEMの有用性のご説明
- EDEMのテクノロジーとその利点のご紹介
- 粉体処理プロセスに於けるEDEMによる解析例のご紹介

ウェビナー

2輪車開発のための車両運動シミュレーション活用ウェビナー

新しくリリースされたAltair MotionSolve 2020に、2輪車用のライブラリが搭載されました。ライブラリから部品と解析条件を選択して諸元を入力するだけで、2輪車のモデル構築や解析設定が行え、大幅に作業時間を短縮できます。また、新たに開発された姿勢制御ドライバモデルにより、2輪車の走行シミュレーションも可能になりました。

本セミナーでは、これらの2輪車用ソリューションをご紹介します。2輪車の車両運動・制御、耐久性、乗り心地の解析・評価にぜひご利用ください。

ウェビナー

機構解析ユーザーのためのDEM(離散要素法)活用ウェビナー

岩や土などを掘削・運搬する建設機械や、砂地を走行する車両、薬剤の混合、梱包設備など、粉体・バルク材と干渉する製品の設計において、動的性能や荷重の評価にお困りではありませんか?

本ウェビナーでは、粉体・バルク材と相互に作用する機械システムのシミュレーションによる評価手法をご紹介いたします。

ウェビナー

航空・宇宙業界のためのアンテナ設計セミナー

アンテナ設計および設置アンテナ性能と、仮想フライト試験や仮想走行試験を含む無線カバレージ解析を組み合わせたAltair独自の電磁界解析ソリューションをご紹介します。その他、複雑なレドーム設計のための新たなソリューションや散乱およびレーダー反射断面積(RCS)計算のための強力な解析/設計機能についてもご紹介します。

ウェビナー

セルフサービス型データプレパレーションの手引き

~機密情報を守るために必要なデータガバナンスとは~

データマイニング、抽出、クレンジング、結合、ブレンド、マスキング――これらはすべて、データプレパレーションの作業です。
データを操作し様々なソースから抽出したデータの結合方法を考えたり、静的なレポートやPDFのセッションキーを調整したり、正確に報告するためにデータ形式を整えたりといった作業に、データ分析のプロフェッショナルでさえ、1週間に何時間も割いています。
Altair ® Monarch ® などのセルフサービス型のデータプレパレーションツールなら、データのインポート、変形、エクスポートを高速化および効率化できるだけでなく、自

ブローシャ&データシート

電子機器設計に必須 ノイズ対策セミナー

電化製品の設計において、すべてのパーツを組み上げてから問題が発覚し、手戻りが発生してしまうと、納期やコストに大きく影響します。そのため、予めEMI評価、EMS評価を行っておくことが大変重要です。

本ウェビナーでは、ハーネスやコネクター、筐体の形状を考慮したEMI解析、ハーネスや基板の配置を考慮したEMS解析、これらの解析結果を設計に活用するためのEMCエンジニアと量産設計者の協調設計ソリューション、の3つをテーマにご紹介します。

ウェビナー

データ準備を効率化!データ分析のためのAltair Monarch活用ウェビナー

データ準備は、データ分析のための必須作業でありながら、作業時間全体の約60%を占めると言われる骨の折れる作業です。データ活用を試みる企業のほとんどが、まずこの準備で躓くことが多く、満足のいく分析結果を得られていないのが現実です。

本ウェビナーでは、データプレパレーションの効率化を実現するBIツールAltair Monarchを使用し、データ準備から分析までの流れを実際の事例を用いながらご説明します。

【このようなことにお悩みの方はぜひご覧ください】

・データ活用をしたいが何から始めたらよいかわからない
・複数のシステムから抽出したデータのフォーマットが異なり、統合のたびにコ

動画, ウェビナー

Altair Radioss 2020 新機能

輸送機器向けの機能、電気製品の準静的解析と落下解析向けの機能、製造・加工向け機能など。

動画, ウェビナー

Altairの今と未来

2020年6月3-4日に開催された「Altair 2020 Global Experience」の基調講演(日本語字幕)の動画です。

Altairの会長兼CEOであるJames R. Scapaが、市場の動向とものづくりの未来、Altairのビジョンや独自性、今後の展開、とくにシミュレーション、データ分析、HPC分野の重要性についてお話します。

James R. Scapaは、1985年の創業時からAltairのCEOを務め、その手腕により、Altairは、25か国に86以上のオフィスを構える、従業員3,000人超のグローバルテクノロ

プレゼンテーション

PCB設計のコラボレーティブ環境PollExセミナー

電子回路の設計は、回路の高速化や電源の安定性、部品ピッチの狭小化などから年々複雑になっています。そのため、先行開発部門やEMCスペシャリスト、生産技術部門などが互いに支援しながら設計を進める環境が必要です。

Altair PollExはこうした部門間のコラボレーションを強力にサポートする設計環境を提供します。本ウェビナーでは、電子回路の設計におけるPollExの活用例を紹介します。

セミナーの内容
-電子回路設計の協調設計について
-協調設計における問題について
-PollExによるソリューションについて
-デモンストレーション

ウェビナー
782 件