eモビリティ

e-モビリティ開発に欠かせないソリューション

e-モビリティを広く普及させることは、投資額の面だけでなく、業務としても大規模なものになります。OEMメーカーやサプライヤー、新興の自動車メーカーは、革新的な電気自動車の開発や開発・製造プロセスの最適化に何千億円もの投資を行うなかで、自社のビジョンを実現するための戦略的なパートナーを求めています。Altairのテクノロジーなら、電気自動車、オフハイウェイ車両、自動運転車の設計プロセスに変革をもたらし、製品開発の加速、燃費の向上、システム全体としての性能最適化を実現することができます。

サステナブルな設計で、次世代の車両のニーズに応える

サステナブルな設計で、次世代の車両のニーズに応える

システムレベル解析、複合領域解析、マルチフィジックス解析が統合されたソリューションなら、様々な通信機能が搭載された最新のバッテリー駆動電気自動車(BEV)の複雑なアーキテクチャーを把握し、最適化することができます。

e-モビリティをニッチ市場から大衆市場へ

e-モビリティをニッチ市場から大衆市場へ

OEMメーカー各社は、航続距離、ドライブトレインの効率、充電時間といった課題に対処し、大衆市場向けのバッテリー駆動電気自動車(BEV)の実現に取り組み始めています。そうしたなかで、開発プロセスにおける設計作業の重要性がより一層高まっています。BEVの開発では、システムの高電圧化や革新的な冷却装置を迅速に検討するだけでなく、車両の軽量化競争にも勝ち抜かなければなりません。

クラウドバースティングの力で、車両の開発を加速

クラウドバースティングの力で、車両の開発を加速

オンデマンドのハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)を活用すれば、需要のピーク時にシミュレーションの計算リソースを安全にスケーリングすることが可能です。これにより、複数のプログラムについて詳細な複合領域最適化スタディを実行し、開発に伴うコストとリスクを低減できます。

車両の初期設計の決定にデータ分析を活かす

車両の初期設計の決定にデータ分析を活かす

統計的な手法により、車両開発で考慮しなければならない無数の設計変数について次元を削減すれば、初期の設計検討を加速させ、最も有望なコンセプトを割り出し、数ある性能値の中でも妥協できない値を特定することができます。


製品開発を加速

製品開発を加速

BEVの製品開発: 従来のパワートレインを搭載した車両と同じスケジュールでBEVの開発サイクルを完了させるには、エンジニアリングチームの構成とツールセットを見直さなければなりません。シミュレーション主導の設計プロセスは、BEVに特有の課題に対処し、コンセプト開発から設計段階に進むために必要な設計修正や実機試作の回数を減らすことに役立ちます。

コンセプト開発の段階で軽量化を達成し、バランスのよい設計を実現: バッテリーの航続距離を伸ばし、電気駆動システムの性能を高めるには、質量削減が大きな鍵を握ります。Altair Concept 1-2-3設計プロセスなら、シミュレーションを活用して車両のアーキテクチャー、製造プロセス、材料選択、プラットフォーム戦略を決定することにより、時代の先を行く革新的なアーキテクチャーを評価し、信頼性を高めることができます。

設計探索により、適切なeモータを選択: コンセプト開発の段階で迅速に設計を探索し、実現性を比較検討しておくことにより、下流工程で最適な電気駆動システムを選択することができます。Altair FluxMotor™を使用すれば、性能を比較し、効率、温度、重量、寸法、コストなどの制約を加味した上で、eモータの最適なトポロジーを選ぶことができます。

電力効率を高める

電力効率を高める

航続距離を伸ばす: 車両を軽量化すれば、加速時や巡航時の電力消費量を抑え、1回の充電での航続距離を伸ばせます。ジェネレーティブデザインでは、安全性や乗り心地の維持に必要な強度と剛性を保ちながら、材料の使用量を減らすことができます。必要な電力量も減るので、バッテリーパックの寸法と重量を減らし、電気自動車の軽量化に大きく貢献することが可能です。

効率、冷却、騒音を詳細にシミュレーション: マルチフィジックスシミュレーションを活用すれば、性能、コスト、重量の各要件のバランスを取り、e-モビリティのドライビングエクスペリエンスを高めることができます。Altair Flux™でeモータの詳細な電磁界を、Altair AcuSolve™で磁気-熱をシミュレーションすることにより、効率の損失につながる熱伝達と熱放射を評価することができます。Altair OptiStruct™で電気駆動システムに起因する騒音の質や乗り心地について理解を深め、Altair ultraFluidX™で風や路面音を把握することも可能です。

e-モビリティの課題 - 衝突と安全性: バッテリーパックは、e-モビリティの安全性を大きく左右します。しかし、車両の衝突、路面上の障害物から受ける衝撃、そして振動についてのシミュレーションは、開発の進行に合わせて迅速に行わなければなりません。Altairは、車載バッテリーの研究を行っている先進的な機関とも協力して、車両の安全性技術に投資しています。その成果として、バッテリーの発火につながりかねない短絡を引き起こす機械的な故障を、正確かつ効率よく解析できる技術を実現しました。

e-モビリティの未来を設計する

e-モビリティの未来を設計する

EVの性能最適化: EVのサブシステムは周辺システムに多大な影響を及ぼします。ここに、車両性能を最適化する余地があります。複合領域的アプローチなら、複雑なシステムの重要な性能値を解析して最適化することにより、バランスのよい設計に仕上げることができます。

駆動系と制御の統合: Altairのモデルベース開発ソリューションでは、メカトロニクスシステムの複雑さに応じたシミュレーションモデルを利用することにより、設計を早期に確定させます。モデルの忠実度(0D~3D)を変えることで、車両の開発段階に合わせて、電気機器、パワーコンバータ、制御の設計に適用できます。1Dと3Dのシミュレーションスタディは連続で実行することも同時に連成させることも可能で、設計効率を高めるよう構築されたシステムモデルを通じて製品性能を評価できます。

V2X、ADASおよび自動運転車: e-モビリティソリューションには、車内の電気システムに干渉することなく(EMC / EMI要件)、周辺機器と接続し、通信することが求められます。高周波電磁界解析と電波伝搬解析が可能なAltair Feko™なら、仮想的な運転試験を実施できるほか、狭域通信(DSRC)または5G無線信号を使って周囲の障害物をもれなく考慮することができます。