建築、エンジニアリング、建設(AEC)

建築、エンジニアリング、建設(AEC)

超高層ビルの設計から保護設計、自由形状のファサードシステムやファサードの製造に至るまで、Altairのテクノロジーを活用すれば、世界最先端の革新的な構造物の設計・建設を実現できます。複雑な構造の挙動や風による作用をモデル化して正確に予測し、設計リスクを軽減しながら全体の性能を最適化することで、安全性、納期、コストの仕様や要件を満たすことができます。

デザインチームは創造力の赴くままにコンセプトを作り、短時間かつ少ない設計サイクルで検証を完了させ、構造解析チームは最適化ワークフローの自動化によって設計プロセスを改良し、設計サイクルを加速できます。土木エンジニアは設計プロセスの全段階で、設計を素早く進化させ、コストを抑制し、構造物の安全性と実現可能性を確保することが可能になります。

ブログ記事

トポロジー最適化を用いた最先端のスタジアム設計

Altairのエンジニアは、Altair® Inspire™を活用して、これまでに多くのオリンピックスタジアムの建設計画に影響を与えてきたアプローチであるトポロジー最適化を用いて、スタジアムのコンセプト設計を推進しました。

記事を読む

自然から着想を得た最適化

自然から着想を得た最適化

従来よりも効率のよい形状を見つけ、材料使用量とコストを削減し、安定性を高めるのが使命です。設計者やエンジニアがこれらの課題を克服するときに活躍するのが、トポロジー最適化です。トポロジー最適化は、植物の成長パターンを模倣することにより、規定の性能目標値内で余分な材料を省き、最適な構造を生み出すテクノロジーです。

風の影響をデジタルで検証

風の影響をデジタルで検証

世界トップクラスのビルを建てる際には、構造物の安全性や周囲の快適な歩行空間を脅かす風圧の影響を考慮しなければなりません。成熟した技術として世界的に認められている仮想風洞実験なら、風圧を正確にモデリングし、迅速に解析を行い、その数値流体力学(CFD)結果に基づいて設計コンセプトを検討、発展させることができます。

続きを読む
爆風に耐える構造物を実現

爆風に耐える構造物を実現

爆風や爆発、高速衝撃の影響とリスクを軽減するソリューションとして高い評価を得ているAltairは、これらの事象のシミュレーション、損傷の予測、構造上の脆弱性の特定、極限荷重下での構造健全性を最大化するための設計の最適化を行うことで、土木・材料開発エンジニアは、より安全な 構造物を開発するための有益な知見を得ることができます。

続きを読む

仮想環境での溶接認証プロセスを迅速化させたいとお考えですか?

詳細はこちら

ハイパフォーマンスデザインを実践する

Altairが開発した複合領域最適化ワークフローなら、構造性能の迅速な確認と、設計サイクルの短縮によるコスト削減、さらには設計の仮想検証によるリスク低減を実現できます。このハイパフォーマンスデザインは、シミュレーションに基づき、実現可能性、安全性、堅牢性を兼ね備えた構造物を開発する全包括的なアプローチです。

再利用とカスタマイズが可能なAltairのワークフローでは、風荷重と最先端の最適化手法を組み合わせることが可能です。複雑な鋼構造物を設計するためのコストと時間も、自動ワークフローの力を借りれば圧縮できます。ワークフローでは、建築・土木・建設向けのすべての主要な構造ソルバー(直接または中立的なファイル形式を介して接続)、寸法最適化(鋼断面の1Dモデル向け)、そしてトポロジー最適化(3Dモデルの最適な荷重経路の探索)を組み合わせることができます。

この革新的な協働型アプローチは、Zaha Hadid Architects社が手掛けたドイツ、ベルリンにあるNeue National Galleryの構造・建築プロジェクトなど、世界中のゼネコンや設計事務所で採用されています。

事例を見る

メッシュレスのソルバーで設計案を高速に検討

建築・土木・建設(AEC)の設計サイクルでは、決して無視できない2つの要件があります。1つは製品性能、もう1つは納期です。設計プロジェクトへの圧力が大きいために、設計案や新しい解決策の調査に割ける時間は多くありません。しかし画期的なテクノロジーであるAltair SimSolid™を使えば、土木エンジニアは形状簡略化もメッシングもすることなく、複雑なCADアセンブリをそのまま数分で解析することが可能です。このようにして得た知見は、大規模な構造モデルの改良点の検討や、従来の設計スケジュール内で迅速に設計を発展させるのに役立ちます。設計チームもSimSolidなら、複雑さをきわめる構造物の設計サイクルを何度も回したり、大規模なアセンブリの設計案を高速に調べたりすることができます。

SimSolidなら、わずか90秒で鋼製継手を正確に解析できます。

詳細はこちら

設計や検証に空力解析を取り入れる

CFDは今や、AECの設計ワークフロー全体で活躍できる強力なツールになりました。コンセプト設計段階での空気力学シミュレーションは、下流工程で求められる性能目標値を満たしながら、顧客のビジョンを反映した形状を設計するのに役立ちます。

現在では、仮想風洞実験で複数の設計案を調べることにより、設計の実現の可否を判断し、同時に形状を修正することが可能になっています。開発の後工程で詳細な検証を行う場合も、Altair CFD™を使用すれば、空気力学的な現象を細かく分析し、リスクの低減と構造物の安全性および安定性を確保することができます。

Altairのテクノロジーポートフォリオに含まれる先進的なCFDツールでは、CPUベースのナビエ・ストークス方程式とGPUベースの格子ボルツマン法の両方を活用できるため、個々の課題やプロジェクトの要件に合わせて手法を選べます。

Altair CFDの詳細

ファサードのエンジニアリングと製造

現代のファサードシステムの設計には、構造エンジニアリング、熱解析、製造性検証、防護設計など、ファサードエンジニアリングのあらゆる側面をカバーする複合領域的なアプローチが欠かせません。

構造エンジニアリング:Altairのテクノロジーは、構造健全性の評価プロセスを合理化します。複雑な部品に限らず、数百もの部品やボルトを含み、締め付け力、溶接線、接触、摩擦などの要素が絡む大規模なアセンブリにも適用可能です。高速かつ直感的なツールを使って、線形解析と非線形解析の両方に対応できます。

熱解析:AltairのCFDツール群を使用すれば、エネルギー消費量も熱効果も簡単に計算できます。

爆風シミュレーション:防護設計シミュレーションにより、爆風や爆発が重要な構造システムに与える影響を予測することができます。

ファサードの製造:Altairの製造性検証ソフトウェアでは、部品の押出形状をシミュレーションし、ファサード開発を最初から最後までサポートすることができます。

Featured Resources

Built for the Future - SOM Achieves Sustainability Objectives Through Innovative Design

Skidmore, Owings & Merrill (SOM) is a renowned global architectural, urban planning, and engineering firm. Known for some of the world’s most technically and environmentally advanced buildings, SOM applies creativity and emerging technologies to design buildings for the future. SOM designed the new United States Courthouse in Downtown Los Angeles to be an open and transparent public space, while also constantly considering the materials used in the project and the project's environmental footprint. The structural design specialists at SOM used Altair OptiStruct to generate an ideal project plan that considered sustainable regulations and manufacturing constraints.

Customer Stories

No more Gone with the Wind – Pedestrian Comfort Improvements on Quinta Torre with AcuSolve Computational Fluid Dynamics

Officially known as the Caleido project, the Fifth Tower in Madrid is owned by Inmobiliaria Espacio, a company that, among other services, deals with infrastructure and construction for all types of buildings.

Customer Stories

次世代の住宅を支える、木質炭素複合材を用いた屋根

重力を感じさせないほど軽量で薄く、浮遊感のある洗練された形状を追求する建築家たちは、そのアイデアを実現するために、設計、エンジニアリング、製造を網羅する包括的なアプローチを採用し始めています。

ブログ記事

高性能設計がもたらす土木エンジニアリング革新

AECプロジェクトは規模が大きく複雑であるため、実用的なワークフローを確立することなく設計を効率的に開発・検証することは、ほとんど不可能です。プロジェクトの初期段階でシミュレーションを実施することで、プロジェクトの遅延や納期遅れによる損害リスクを回避できます。

ブログ記事
View All Resources