エネルギー

エネルギー

世界的なエネルギー需要は右肩上がりに上昇しており、エネルギー源の多様化も進んでいます。Altairは、サステナブルな発電方法の検討、効率的な送配電網の実現、信頼性のあるパワーグリッドの維持、モノのインターネット(IoT)による変革を支援しています。Altairのソリューションを使用すれば、石油、ガス、石炭、再生可能エネルギー、原子力、送配電などの様々な分野において、地盤力学から複合材製風力タービンブレードまでのあらゆるものをシミュレーションし、構造安全性や送配電網への負荷などを解析することができます。

現場で信頼される製品を

現場で信頼される製品を

発展途上国では、電気のある生活を求める声、都市化の進行、急速な工業化などに対応するため、地方への電力供給に重点を置いた公共事業が増加しています。Altairの解析および最適化ツールは、そうしたプロジェクトで求められる効率的でサステナブルな発電装置の設計を支えています。実環境での信頼性を実現するには、確かな物理シミュレーションを使って設計案を比較検討する必要があります。

サステナビリティへの道筋を描く

サステナビリティへの道筋を描く

既存の公益企業は、持続可能な社会の実現に向けて、古いインフラの置き換えや高度化を進め、再生可能エネルギーへのシフトを加速させています。Altairのシミュレーションおよび最適化テクノロジーは、こうしたますます広がるサステナブルな取り組みを支えています。その中核となる技術には、タービンが起こす渦のシミュレーションと予測、音響の分析と評価、ウィンドファームの設置場所選定、複合材ブレードの解析と最適化、送電変動のシミュレーションと最適化などがあります。

スマートなデジタル変革

スマートなデジタル変革

電力事業者は、顧客の利便性向上、安全性確保、規制順守を目的としたデジタル変革のために、IoTやスマートグリッドを活用しています。Altairは、そうしたエネルギー企業の要望に応えるリアルタイムストリーミング分析ツールを提供しています。このテクノロジーには、発電施設や電力関連設備から生成される膨大なデータの分析や監視に必要な、重要な機能が揃っています。


発電と送配電を最適化

発電と送配電を最適化

Altair Panopticon™では、センサーなどのデバイスから届くおびただしい量のデータをリアルタイムに処理、監視、分析、可視化することができるため、送配電網からのリアルタイムの情報を基にネットワークへの負荷を分散することが可能です。リアルタイムストリームとヒストリカルデータ(高性能のカラム型データベースに格納された時系列データなど)を組み合わせることにより、その場で過去のアクティビティと比較したり、稼働状況を広い視野で確認したりすることができます。

ネットワーク効率を向上

ネットワーク効率を向上

Altair Flux™は、発電から消費までの電力ネットワークを設計するための電気工学用途に適しています。電磁界、電気、熱に関する高度なシミュレーション機能により、発電施設や蓄電システムのエネルギー効率を最適化することが可能です。変圧器、ケーブル、配電盤、開閉装置、電磁接触器、電磁継電器、センサー、電磁開閉器など、あらゆる送配電設備に関して重要な知見を得ることができます。

マルチフィジックスで信頼性とロバスト性を確保

マルチフィジックスで信頼性とロバスト性を確保

Altairの構造シミュレーションポートフォリオには、シミュレーションに基づく設計コンセプトの生成から、仮想試験による詳細な設計検証までのすべてをカバーする先進的な解析および最適化ツールが揃っています。Altairのソルバー同士を連成させ、エネルギー産業におけるマルチフィジックス問題をモデリングすることも可能です。Altairのハイパフォーマンスコンピューティングおよびクラウドテクノロジーを活用すれば、市場のイノベーションのペースに後れを取ることなく、計算課題の規模に合わせてリソースをスケーリングすることができます。

流れと熱の問題をスムーズに解決

流れと熱の問題をスムーズに解決

Altair AcuSolve™は、風力タービンメーカーから支持を集めている汎用の数値流体力学(CFD)ソルバーです。ブレードとローターを含めた総合的な性能評価、ブレードのばたつきの解析、ローターとタワーの相互作用の調査、配置の最適化などに応用できます。AcuSolveにより、CFDツールにありがちな煩雑なプリプロセスを省き、設計の検討に集中することができます。搭載された強力なソルバーテクノロジーは、CFD市場でも傑出したロバスト性を誇ります。Altairが独占的に販売するGE社のFlow Simulatorを使用すれば、ガスタービンの設計に欠かせない解析もカバーすることが可能です。