自動車の設計選択と軽量化

自動車

自動車産業がこれほどのペースで進化した時代が、これまでにあったでしょうか。この産業では今、シミュレーションを原動力とする変革が起きています。Altairは世界有数のOEMメーカーやサプライヤーと製品開発の分野で提携し、車両の燃費と耐久性を最適化しながら、製品開発の加速と乗員の安全性および乗り心地の向上に取り組んでいます。Altairのテクノロジーは、あらゆるタイプの車両の設計プロセスに変化をもたらしています。

共通のデータでシミュレーションを実行

共通のデータでシミュレーションを実行

空気力学シミュレーションを一晩で完了させ、デザインスタイルを損なうことなく性能の向上を推し進めることができます。デザイナーは開発データの更新を毎日確認し、形状によって生じる空気の流れについてエンジニアから説明を聞き、それに基づいて期日内に、スタイリッシュに問題を解決することができます。

車両開発を加速させるクラウドバースティング

車両開発を加速させるクラウドバースティング

オンデマンドのハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)を活用すれば、需要のピーク時にシミュレーションの計算リソースをスケーリングすることが可能です。これにより、複数のプログラムについて詳細な複合領域最適化スタディを実行し、開発に伴うコストとリスクを低減できます。

データ分析の活用で、早期に設計を決定

データ分析の活用で、早期に設計を決定

自動車開発で考慮すべき無数の設計変数を、次元削減させることで、設計の初期段階のうちに性能要件の中の重大な要素や有望なコンセプトを見つけることができます。


C123

製品開発を加速

コンセプト設計の段階で堅牢なアーキテクチャーに仕上げるAltair Concept 1-2-3(C123)の設計プロセスでは、シミュレーションを活用して車両のアーキテクチャー、製造プロセス、材料選択、プラットフォーム戦略を決定します。これにより、時代の先を行く革新的なアーキテクチャーに信頼性を与えることができます。

ハイパフォーマンスコンピューティングを活用する:OEMメーカーやサプライヤーは、製品開発リードタイムの短縮と製品品質の向上のためにHPCを活用しています。Altair PBS Works™には、クラスタ、スーパーコンピューター、クラウド環境のワークロード管理のあらゆる側面をカバーする製品が揃っています。Altair Access™なら、レイテンシが大きいネットワーク上でも、データとアプリケーションをリモートで可視化および操作することができます。

シミュレーションで設計を進化させるHyperWorksの次世代のUXは、異なる物理現象、異なる専門領域、さらにはモデル構築とレポート作成をシームレスにつなぐために開発されました。HyperWorks製品群のすべてのツールには、そのソリューション専用のワークフローが用意されています。ワークフローのユーザーインターフェースは、操作に迷うことがないよう緻密に設計されています。

もっと安全で快適な運転環境のために

もっと安全で快適な運転環境のために

乗員保護性能の向上:自律走行車やカーシェアリングが普及し始めている昨今では、新たなシート位置での乗員の安全性を改めて調査しなければなりません。その際には、自動車の衝撃、衝突、エアバッグをシミュレーションするための業界標準となっているAltair Radioss™を活用できます。Altair MotionSolve™は、シャーシシステムの車両動力学に関する目標値を達成し、安全な操縦性を実現するのに役立ちます。Altair Feko™では、現代の車両に欠かせないコネクティビティ機能と電磁両立性(EMC)の検証が可能です。

品質と設計性能の向上:消費者は、優れた車両性能を求めています。その声に応えるには、騒音・振動・ハーシュネス(NVH)や不快な異音・低級音を最小限に抑えることも必要になります。AltairのNVH Directorを利用すれば、CAEエンジニアはフルビークルのNVHシミュレーションの時間を短縮し、製品の設計と性能の最適化に時間を割けるようになります。Altair Squeak and Rattle Directorでは、異音・低級音の原因を排除するための設計案を割り出し、解析できます。

最適な環境を作る:かつてはHVAC(暖房・換気・空調)システムの効果を確かめるには、設計サイクルの中で風洞試験を行わなければなりませんでした。Altair AcuSolve™があれば、設計サイクルの初期段階でも確かな情報に基づいた設計選択が可能です。非定常の数値流体力学(CFD)シミュレーションでHVACシステム内の空気流れを正確にモデリングすることにより、電気システムおよびメカトロニクスシステムの熱管理を最適化しながら、フロントガラスのデフロスターの安全性を向上することができます。

燃費と耐久性の向上

燃費と耐久性の向上

優れたツールで燃費を向上:自動車メーカーとして燃費の向上、構造の軽量化、空気力学性能の強化を達成するには、多角的なアプローチが求められます。Altair OptiStructなら、その3つを実現しながらコストを削減し、その他の性能も維持することが可能です。Altair ultraFluidXでは、GPUの活用によって意思決定を加速させ、外部空気力学的な性能を高めることができます。

商用車や自家用車の耐久性を向上:商用利用される自律走行車は、自家用車よりも走行距離が長くなることが予測されます。それは、人間のドライバーの場合よりも長く走行させることにより、高価な車両コストの回収と収益性の向上を図るという、経済的な理由からです。耐久性解析のためのツールを包括的に搭載したAltair HyperLifeなら、繰り返し荷重を受ける車両の疲労寿命を予測することができ、Altair MotionSolveで、車両の耐久性荷重を割り出すことができます。

パワートレインの電動化を加速:パワートレインシステムの電動化やハイブリッド化のトレンドは、ビジネスチャンスであると同時に、経営上の課題でもあります。従来の開発スケジュールの中でBEVの開発サイクルを完了させるには、エンジニアリングチームの構成とツールセットを見直さなければなりません。パワートレインは高効率化された軽量設計でなければならない上に、新しい規制基準や高まり続ける顧客ニーズにも応える必要があります。e-モビリティの詳細はこちら

アンテナとEMC性能の解析・設計・最適化

アンテナとEMC性能の解析・設計・最適化

自動車への電磁波利用は広がり続けています。一般的には、ラジオやテレビ放送、リモートキーレスエントリーシステム、タイヤ空気圧監視システム(TPMS)、無線通信、レーダー方式の衝突防止システムなどですが、複数広範囲な電磁波が共存する状況での電磁波障害対策、あるいは電磁独立性の検討も必要不可欠となってきています。

Altair の多種多様な解析手法を統合した高周波電磁界シミュレーションソフトウェア製品群であるFEKOは、アンテナや電磁適合性(EMC)の問題を解析および設計するためのツールとして、自動車産業の広範なOEM企業やサプライヤー企業で使用されています。

  • 自動車用アンテナの設計、配置、最適化に利用できる、真のハイブリッド機能を備えた多種多様で統合された高周波電磁界ソルバー群
  • 車両モデルと試験環境を用いた、自動車の電磁両立性(EMC)のエミッション試験およびイミュニティ試験のシミュレーション
  • ガラスアンテナ設計専用のツールセット
  • ケーブル間のカップリングや、ケーブルとアンテナなどの装置間のカップリングの解析に特化したケーブルモデリングツールおよびソルバー
  • 電子制御ユニット(ECU)のシステムレベルの放射エミッションや、車両環境におけるカップリングの影響の解析
  • Optenni Labを用いた整合回路の自動設計

自動車開発の事例やウェビナーなどの資料はこちら

リソースライブラリ
車両軽量化に捧げる自動車業界唯一の賞

車両軽量化に捧げる自動車業界唯一の賞

車両の効率化に積極的に取り組むAltairは、車両軽量化技術に特化した自動車産業で唯一の賞を創設しました。Altair Enlighten Awardは、その年の車両軽量化における傑出した功績を称えるものです。このアワードプログラムはビジネスリーダー、エンジニア、政治家、教育者、学生および社会からの関心を集めており、新たなアイデアを競い合い、技術的な進歩を披露する場となっています。

詳細はこちら