Altair SimLab™

CADとの関連性を備えたマルチフィジックスのワークフロー

Altair SimLabとは

SimLabは、プロセス指向の複合領域シミュレーション環境であり、複雑なアセンブリの性能を正確に解析します。高度に自動化されたモデリングタスクを使用して、構造、熱、流体など、複数の物理現象を簡単にセットアップできるため、有限要素モデルの作成や結果の解釈にかかる時間を大幅に短縮できます。また、Altairのロバストで高精度なスケーラビリティに優れた各ソルバーは、ローカルで実行することも、リモートサーバーまたはクラウドで実行することも可能です。直感的ですぐに理解できるGUIが、モデリングプロセスのあらゆるステップをカバーしています。

これまでのような面倒なジオメトリのクリーンアップは不要であり、CADとの双方向の連携によって、インポートおよび更新されたジオメトリに対し直接作業できるため、個々の領域にメッシュ仕様を定義するだけで済みます。

SimLab の概要ビデオ

SimLabの導入メリット

マルチフィジックス

線形および非線形の構造解析、伝熱解析、流体解析を、ローカルでもクラウドでも正確かつシームレスに実行できます。

自動化

非常に効率的なフィーチャー認識アルゴリズム、プロセス指向の自動化テンプレート、ならびに直感的なGUIにより、モデル構築フェーズが大幅に促進されます。

CADとの連携

CADとの双方向の連携により、ジオメトリの修正、パーツの入れ替え、アセンブリの更新などを簡単に処理できます。

主な特長

ロバストで繰り返し利用可能なシミュレーションワークフロー

ロバストで再現性があり共有可能なシミュレーションワークフローによる、シミュレーションサイクルの効率向上。手作業によるソリッドメッシング、モデルセットアップ、ソルバーの実行、およびポストプロセッシングを排除することで、組織全体で高精度と一貫性を維持

No Graphic

直感的なユーザー環境

SimLabの新しい直感的なユーザー環境で、静的問題、動的問題、伝熱問題、流れ問題、電磁界問題をわずか数分で解くことができます。

No Graphic

パラメトリックCADとのライブ同期

CATIA、Pro/E、Siemens NX、SolidWorksなど、一般的なパラメトリックCADシステムとのライブ同期機能により、設計変更を即座に検討して評価できます。

No Graphic

自動化:DOE / 最適化

自動化機能により、結果と収束性、DOE、最適化を簡単にセットアップできます。

No Graphic

広範なソルバーに対応

一般的なFEソルバーとのインタフェースを備えた共通のプリ・ポストプロセッシング環境のおかげで、プロジェクトで様々なツールを使用する必要がある場合でも、ユーザーは幅広く対応できます。

No Graphic

マルチフィジックス

SimLabでは、構造解析、CFD解析、電磁界解析、伝熱解析を組み合わせた連成シミュレーションなど、多分野にまたがったマルチフィジックス問題のモデルでも簡単にセットアップできます。

No Graphic

ワークフロー

  1. 概要
     
  2. プロセス指向のモデリング
     
  3. 振動音響解析
     
  4. 数値流体力学(CFD)
     
  5. 構造最適化
     

主要機能

Wistia

結果の収束性の自動調整

 
Wistia

最適化とDOEのためのCAD/FEAの統合

 
Wistia

溶接メッシュの自動作成

 
Wistia

ベアリングメッシュの自動作成

 
Wistia

フェイス置換によるメッシュ編集

 
Wistia

変更されたボディへのLBCの自動割り当て

 

Altair Japanのメールマガジン

イベントや製品の最新情報を配信しています