ビッグデータを業績向上の原動力に

ビッグデータを業績向上の原動力に

現代の組織は膨大な量のデータを保存し、無数のファイルや数百万ファイル規模のデータセットの解析を日常的に行っています。そこでは速さと、予算内に抑えることが求められます。いくつものファイルシステムに散らばったデータから素早く知見を引き出すためのデータ管理・処理プラットフォームとしてデータサイエンティストに愛用されているのが、Apache Sparkです。Sparkがビッグデータアーキテクチャーに組み込まれている理由の1つは、きわめて大規模なデータセットをインメモリで処理できる点にあります。そのApache Sparkとハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)の両環境でビッグデータを素早く処理できるAltairのソリューションを導入すれば、大量のデータは妨げではなくなり、むしろ業績向上の原動力になります。

ビッグデータとHPC

ビッグデータとHPC

HyperWorks Unlimited – Virtual(HWUL-VA)は、SaaS、PaaS、IaaSを単一のポータル内に統合したターンキーHPCソリューションです。HyperWorks™コンピューター支援エンジニアリング(CAE)製品群の無制限使用権に加え、AltairのHPCワークロード管理ソフトウェアであるPBS Professional®と、HPCへのアクセスとビッグデータのリモート可視化が可能なアプリケーション認識型ポータルが付属しています。コンテナ、ビッグデータ処理、クラウドのHPCワークロードをオーケストレーションすることも可能です。

HWUL-VAの無償試用版
ビッグデータとデータ分析

ビッグデータとデータ分析

生産性ツールであるAltair® Knowledge Studio®では、直感的でインタラクティブなインターフェースを介してSparkを操作し、本番用スクリプト向けにエラーのないコードを生成できます。行数が10億を超え、列数も数千に上るような巨大なデータセットなど、分散されたストレージアーキテクチャ内のデータをこれほど簡単に操作できるソリューションは、Knowledge Studioをおいて他にありません。データの変換タスクが完了した後は、それと同じワークフローに従うだけで様ざまなタイプの予測モデルを構築し、展開します。

SparkがサポートしているHadoop HDFS、Amazon S3、その他のストレージデータソースからのデータを迅速に可視化し、おびただしい量のデータから理解しやすい知見を発掘することにより、企業のデータ分析チームは、確かな根拠を基に決断を下すことができるようになります。

詳細はこちら

ビックデータに関する導入事例、ウェビナーなどの資料一覧

リソースライブラリ