自動運転とADASを実現するソリューション

自動運転とADASを実現するソリューション

より高機能・高度化する自動運転技術と先進運転支援システム(ADAS)では、CAEの活用が不可欠です。また、検証が必要なすべてのシナリオを製品開発の期間内に検討し尽くすには、高度なシミュレーションツールとハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)の活用が必須です。Altairのテクノロジーは、乗用車やトラックの安全性の向上を実現するだけでなく、完全な自動運転の実現への道のりを後押しします。

V2V(車車間通信)やV2I(路車間通信)といった車両の通信機能、いわゆるV2X(Vehicle-to-Everything)が強化されていくなかで、Altairのシミュレーションは、新製品をそれらの通信エコシステムに対応させるための開発プロセスを強力に支えます。V2Xのどのシナリオでも途切れることのない、信頼性の高い通信機能を作り上げるには、アンテナが鍵を握ります。Altairのソリューションは、アンテナの設計や配置から通信までの広範なエンジニアリングプロセスを支えることができます。アンテナ設計の性能要件の一部については電波暗室内での実機試験が可能ですが、出費が法外に大きいわりに、実際の運用環境を再現することはできません。そのため、Altairの仮想的な都市環境の中でアンテナの信号強度とデータスループットのシミュレーションを行う開発チームが増えています。

レーダーの設計と統合

レーダーの設計と統合

運用周波数が高いために、車載レーダーの設計と統合は容易ではありません。こうした事情から、現在では、レーダーシステムの試作に費やす時間と費用を削減するために、高周波(EM)シミュレーションを活用するケースが増えています。車両はレーダーの運用周波数に対して電気的に大きいため、EMシミュレーションには、時として高い計算力が求められます。Altair Feko™は、レーダーアンテナの設計だけでなく、レドームやバンパーの影響などの統合の側面も効率よく正確にシミュレーションすることができます。

PCB設計向けの統合型ソフトウェア

PCB設計向けの統合型ソフトウェア

Altair PollEx™は、PCB設計のための様々な表示機能、解析、検証機能を備えた、設計部門や製造部門の技術者のための包括的なソフトウェアです。業界標準のECADやシミュレーションツール間でデータを一切欠落させることなく移行でき、世界中の大手エレクトロニクス企業において、PCB設計の迅速な可視化と確認のために使用されています。PollExのチェックツールにより設計に潜む問題を早期に洗い出すことで、製品故障を回避し、製造と組立を簡略化することができます。

試験シナリオの大規模な計算と管理

試験シナリオの大規模な計算と管理

自動運転技術やADASの開発時の試験では、既存のオンプレミスまたはパブリッククラウドのHPC環境を使用することがほとんどです。エレクトロニクスの設計を手掛けるすべての主要企業で導入されているクラス最高のHPCテクノロジーAltair Accelerator™なら、数百万件のシミュレーションジョブを実行する場合でも、迅速なスケーリング、計算の加速、リソースとコストの最適化が可能です。業界随一のスループットを誇るAcceleratorでは、1時間に1,000万件のジョブを処理できます。

次世代ネットワークの整備

次世代ネットワークの整備

5Gアンテナの設計と配置Fekoが活用されている分野は、ラジオ、テレビ、ワイヤレス / 携帯電話 / 通信システム、リモートキーレスエントリシステム、タイヤ空気圧モニタリングシステム、GPS、レーダー、RFID、その他のアンテナなど多岐にわたります。アンテナ設計では、Fekoのモーメント法(MoM)ソルバーが活躍します。また、マルチレベル高速多重極法(MLFMM)などの高速なフルウェーブ解析法や、物理光学法(PO)、レイランチング法に基づく幾何光学法(RL-GO)、回折均一理論(UTD)などの漸近法により、モデルを分解(実際のモデルの代わりに同等の放射源を生成して使用)することができます。

5Gの無線チャネルモデル: 電波伝搬モデルの拡張により、Fekoで5G特有の高い周波数帯と特性を考慮できるようになりました。大気吸収特性に加え、物質中の透過と反射に関する電気的な特性なども定義できます。

Altairのレイトレーシングモデルが伝搬特性を正確に予測できることは、ニューヨーク市において実施された広帯域伝搬測定(73 GHz)により検証済みです。

5G無線ネットワーク: データ容量の需要増に応えるために、都市部では今後、超高密度ネットワークが求められます。Fekoのレイトレーシングモデルでは、基地局のMassive MIMOアンテナアレイなどの新しい装置を含め、多数の基地局を同時に解析することが可能です。また、都市環境における放射角度の仰角広がり(ESD)を仮想的に試験し、ネットワーク性能を評価することもできます。

詳細はこちら

自動運転とADAS関連のユーザー事例やウェビナーなどの資料一覧

リソースライブラリ