学習センター | Altair
製品名で検索する
  • Category







新ソリューションご紹介ウェビナー:AIとシミュレーションを活用したアルテア最新技術

アルテアはAIとシミュレーションを組み合わせた多くのソリューションを提供しており、誰でも簡単に高度なAI技術を活用した設計開発が可能です。 本ウェビナーでは「CAD・メッシュ形状を自動的に比較・識別するshapeAI」、「高度な幾何学的ディープラーニングを使用して物理予測を高速化するphysicsAI」、「シミュレーションや実験の時刻歴データから高精度な縮約モデルを生成するromAI」など、最新版のバージョン2023に実装されている最新のソリューションをまとめてご紹介します。

Webinars

新ソリューションご紹介ウェビナー:メッシュレスで100倍速、自動車の設計を高速に評価

アルテア独自のメッシュレス手法は、構造、動解析、熱解析、疲労解析を素早く行うことができ、従来の100倍以上の効率化が図れたケースも数多くあります。 本ウェビナーでは、実際の事例をもとに、SimSolidを活用した解析方法についてご紹介します。今回ご紹介する事例は、シャシー部品、内装部品、ボディ、ドア、フレーム、エンジン、トランスミッション等を予定しています。

Webinars

新ソリューションご紹介ウェビナー:信頼性と一貫性のある結果を得るためのベストプラクティス

SimSolidでは、応力集中部の応力値がFEMと乖離することがあり、大まかな応力分布のみの把握に留まっているケースが多くありました。しかし、タダノ技術研究所様の検証により、これまで難しかった接合部近くの応力集中部であっても、精度よく解析できる手法があることがわかりました。 今回は、タダノ技術研究所様のご協力により、一般公開させていただけることになりましたので、SimSolidユーザーの皆様はぜひご覧ください。

Webinars

新ソリューションご紹介ウェビナー:バッテリーのセルとフレームを含むアセンブリの強度、および振動性能の予測

EV開発において、安全性に直結するバッテリーアセンブリの強度や振動特性の把握は重要ですが、大規模アセンブリであるバッテリーは、FEMによるモデル構築、解析、設計案の評価といった一連のプロセスを開発期間中に実行するのは非常に困難です。 アルテアの高速メッシュレスソルバーAltair SimSolidなら、大規模なバッテリーアセンブリの結果をわずか数分で導き出し、設計変更案も迅速に評価できるようになります。 本ウェビナーでは、実際のプリズムセルと円筒セルモデルのバッテリーアセンブリを、SimSolidで高速に評価するための方法をご紹介します。

Webinars

新ソリューションご紹介ウェビナー:実運転時におけるバッテリーの冷却&熱暴走 予測ソリューション

熱暴走や劣化を防ぐためにバッテリーの動作温度を適切に保つことは非常に重要です。 アルテアのマルチフィジックス解析プラットフォームであるAltair SimLabの最新バージョンでは、通常および過酷な動作環境下におけるバッテリーの熱的・電気的な性能の予測が可能になりました。 本ウェビナーでは、Altair SimLab 2023に追加されたバッテリー専用ツールによる冷却&熱暴走予測ソリューションついてご紹介します。

Webinars

ITインフラの近代化へ向けて - データ分析インフラの未来

データ分析システムの近代化に関して、多くの企業で大きな課題に直面しています。 「DX」や「ITインフラの最適化」といった言葉は今もよく耳にしますが、それは何を意味するのでしょうか?そして、ITインフラのモダナイゼーションに関連するプロジェクトにどのように取り組めばよいのでしょうか? 近年、私たちはお客様から「SAS言語を使用して作成されたような古くからの既存システムを維持したまま、最新のプラットフォームを活用し、従業員のスキル向上、オープンソースの展開、クラウドへの移行などを行いたいが、どこから始めたらいいかわからない」という声をよく聞きます。 本ウェビナーでは、30分間で以下についてご説明します。どうぞお気軽にご参加ください。

  • 企業規模の大規模な新規プロジェクトを検討する際に影響のある要因の特定方法
  • 実際に成功した導入事例と、段階的アプローチが大企業に有効な理由
  • 新しいジェネレーティブAI技術を安全かつ効果的に活用する方法
  • 古くなった構造やシステムへのこれまでの投資を無駄にすることなく、新たに競争優位性を構築するためのアルテアのソリューション
  • クラウドへの移行を加速させる方法
ウェビナーは、アルテアBFSIグローバルディレクターOliver PerilliとAnalytium社カスタマーサクセスマネージャーAndrew Gadsby氏がお届けします。 今ウェビナーはAnalytium社との共催です。 ※日本語、韓国語、タイ語、フランス語、イタリア語の通訳音声をご利用いただけます。 AD))タブから「日本語」を選択してください。

Webinars

電子機器の効率的な設計ポイント解析(日本語字幕)

ウェビナー「SimSolidでシミュレーションの効率アップ」シリーズ シミュレーションがエレクトロニクスの設計サイクルでより大きな役割を果たすようになるにつれ、設計者やシミュレーションの専門家は、信頼性の高い結果を迅速に提供できるシミュレーションツールを求めています。 従来のシミュレーションツールセットでは、長年の経験を積んだエキスパートによる高度なCADと高品質のメッシュが必要でしたが、SimSolidは、設計者やエンジニアがメッシュなしでフル機能のCADを大幅に短時間で解析できる変革をもたらします。 このウェビナーでは、シニアテクニカルアカウントマネージャーのEvan Christensenが、2つの例を紹介します: ・複雑なプリント基板(PCB)のモーダル解析と衝撃解析を行い、構造上の弱点を評価 ・拡張現実(AR)メガネの非線形接触解析で、プロジェクター角度の変化を評価

Webinars

SimSolidによるエンジン部品の事前設計評価

ウェビナー「SimSolidでシミュレーションの効率アップ」シリーズ GEの特別ゲストスピーカーLuis Guillermo Vidriales Escobar氏が、複雑なシステムの事前設計評価について解説します。 HFC解析の対象となる境界ハードウェアの選択は、通常、解析者の経験に依存する重要なステップです。多くのコンポーネントを含む複雑なレイアウトの部品の固有振動数を正確に予測することは、FEA解析で重要な決断を下す際に役立つことが分かっています。GEでは、チューブの設計変更の可能性がある複雑なシステムの固有振動数をAltair SimSolidで評価しました。

Webinars

ワークショップ ベルトサンダー 電動工具 耐久消費財(日本語字幕)

マルチフィジックスと電動化のためのSimLabウェビナーシリーズ 「コンセプト開発から最終設計までのシミュレーションの役割」 本セミナーでは、InspireとSimLabを用いたベルトサンダーのプロダクトエンジニアリングをご紹介します。 Inspire:シミュレーション主導の設計手法 SimLab:複合物理プロセス駆動プラットフォーム ベルトサンダーは、木材やその他の材料の成形や仕上げに使用される複雑な工具で、電気モーターが一対のドラムを回転させ、その上でサンドペーパーが連続的にループして表面を滑らかにします。ベルトサンダーを設計する際には、見た目の美しさや人間工学に基づいた設計が必要です。 ベルトサンダーにはプラスチック部品が多く使われているので、製品の寸法や重量の規定を満たしているか確認する必要があります。 そこで、まずベルトサンダーの外装部品のコンセプト設計を解析し、剛性を向上させながら軽量化するための設計の最適化を行う方法を紹介します。最適化された設計は、その後、製造工程に入り、充填、梱包、冷却、反りなどの解析を行います。ここでは、材料の特性評価(短繊維)、応力解析、ベルトサンダーアセンブリの落下試験、3点曲げなどの詳細検証、そして忘れてはならないのが冷却。非常に重要なので、FFT解析を行い、モーターの機能中の共役熱伝達を調査し、この製品の冷却・加熱サイクルを検討します。設計と検証の要件をすべて満たせば、ベルトサンダーの製造が可能になります。

Webinars

EV設計シミュレーション時間を短縮(日本語字幕)

ウェビナー「SimSolidでシミュレーションの効率アップ」シリーズ SimSolidは設計段階で、車体構造、電気モーター、電気ハードウェア、バッテリーなどの電気自動車システムを、驚くほどの精度で迅速に評価できます。 本ウェビナーでは、アプリケーションエンジニアのPaul Zambitoが、複雑な電気自動車システムの解析方法をご紹介します。従来のCAEプリプロセスの面倒な作業を行わないため、設計シミュレーションにかかる時間を短縮します。

Webinars

Lucid Motors CEO が語る EV 車両開発とアルテアのソリューション

米Lucid Motorsの高級セダン型EV「Lucid Air」の開発について、アルテア独自のインタビューをお届けします。また、後半はエネルギーマネージメントの最適化や軽量化など、EV開発に必要な技術をご紹介します。 【 セミナーの内容 】 1. EV開発事例:Lucid Motor CEOインタビュー動画 2. 機械学習を活用した設計手法 3. EVの車体開発とバッテリーソリューション -------------------------------------------- 1. EV開発事例:Lucid Motor CEOインタビュー動画 米Lucid Motorsの高級セダン型EV「Lucid Air」の開発について、Lucid Motors最高経営責任者兼最高技術責任者Peter Rawlinson氏へのアルテア独自のインタビュー動画(日本語字幕付き)をお届けします。 Rawlinson氏はジャガーとロータスで主幹エンジニアとチーフエンジニアを務め、バッテリーなどの技術で数十件の特許を取得しています。また、Lucid MotorsはEVレース「フォーミュラE」へバッテリーを供給しており、氏はこのバッテリー開発プロジェクトも監督しました。バッテリー開発に関わる方や海外におけるEV開発にご興味をお持ちの方はぜひご覧ください。

Webinars

より忠実なモータードライブシミュレーション(Eノベーションを加速するウェビナーシリーズ)

低忠実度または理想的なモーターモデルは、モータードライブ設計の多くの側面で非常に有用です。しかし、空間高調波や非線形インダクタンスを導入するとどうなるのでしょうか?これは制御帯域幅に影響を与えるのでしょうか?空間高調波によるトルクリプルはどうなるのでしょうか。これはNVHの原因になるのでしょうか。スイッチング速度やSVPWMとDPWMの違いを考慮した上で、モータドライブ全体の効率はどうでしょうか?このウェビナーでは、より忠実度の高いモデルセットを使用するタイミングと、そこから得られる知見について説明します。

Webinars

信用リスク分析を学ぶウェビナーシリーズ(1)収支ショックのデータ作成

分析に適したデータを用意することで、より良い、より正確な分析結果を得ることができます。このウェビナーでは、まず信用リスク業界における課題を理解することに焦点を当て、流動性、資本、その他多くの重要な銀行機能の役割について理解を深めます。例えば、収入と支出のショックが融資の返済に与える影響について、特徴エンジニアリングと効率的な選択を行う方法を学びます。 ローン返済への影響 信用情報の前処理、情報のインポート、様々なソースからのデータの結合ができるようになります。これにより、与信モデルを正確に構築する自信がつきます。

Webinars

信用リスク分析を学ぶウェビナーシリーズ(2)最新の信用リスクモデルの構築、性能の検証・評価

このウェビナーでは、適切なデータがあれば、機械学習技術によって信用リスクモデルを構築し、経済不況がモデル結果に及ぼす影響を理解します。 機械学習の落とし穴と、計量回帰手法と比較した場合のメリットについて理解を深め、デフォルト、ペイオフ、損失率、エクスポージャーの予測ができるようになります。信用リスクモデルの検証を効率的に行うことができるようになることで様々な検証戦略を比較し、解釈します。モデルのアウトプットの比較方法:安定性、識別性、キャリブレーションを学びます。

Webinars

信用リスク分析を学ぶウェビナーシリーズ(3)信用リスクモデルの可視化とインタラクティブな感度分析の実行

このウェビナーでは、クレジットリスクモデルを効率的に検証します。様々な検証戦略を比較、解釈することで、モデルの出力を比較する方法を学びます:安定性、識別性、およびキャリブレーション。モデルのパフォーマンスを可視化し、効率的に伝える方法を学びます。

Webinars

仮想フロントローディングで伝導EMIを最小化(Eノベーションを加速するウェビナーシリーズ)

近年まで、EMIの問題を理解する唯一の方法は、ハードウェアの検証でした。この検証方法は、大規模な設計変更が必要な場合、コストを要してきました。シミュレーションは現在、設計サイクルの初期段階で、伝導EMIに関する実用的な設計上の判断を提供し、ハードウェア認証にかかる費用とコストを削減できます。

Webinars

新製品Altair RapidMiner ご紹介ウェビナー

アルテアは2022年10月にRapidMiner社を買収し、アルテア製品のユーザー様はアルテアユニットでRapidMinerをご利用いただけるようになりました。 RapidMiner は、データサイエンスの専門知識やコーディングの知識がなくても、機械学習を用いた複雑な分析ワークフローを作成したり、高度な統計モデルを構築できる機械学習プラットフォームです。データ準備や可視化、モデルデプロイまでを一つのプラットフォームですぐにはじめられ、世界で100 万人以上が使用し、ガートナー マジック・クアドラントでリーダーに認定されています。 【 セミナーの内容 】 ご挨拶&会社紹介 データ分析製品一覧、アルテアユニットについて RapidMinerの概要、ライブデモ - AutoMLを用いたモデル作成とデプロイ - CAE結果からのサロゲートモデル作成 - 時系列波形など複雑な前処理が必要なデータからのモデル作成 ユーザー事例のご紹介:KSKアナリティクス社 - RapidMiner実践型トレーニング - 【事例】製造業におけるデータアナリストの育成 質疑応答

Webinars

基礎編「Student Edition 2022によるフォーミュラカーの空力解析手順」

およそ15分の動画で空力解析のプロセスを学びましょう!ライブトレーニングで実習する内容と同じです。

Tutorials

EEvision(ケーブルハーネス可視化ツール)のご紹介

ケーブルハーネス可視化ツール「EEvision」の特長、効果、適用範囲、導入実績、導入例をご紹介します。

Documentation

<動画・データ>学生フォーミュラ用車両のフレームねじり解析

Altair Inspireを使って、簡単にCADデータへの解析条件設定や強度・剛性の確認を行う方法を手順に沿って解説します。 Step1 : 接触条件と荷重点の設定 Step2 : 支持点と荷重点の設定 Step3 : 解析結果の確認

Tutorials

電気自動車の開発を支援するCFDと熱シミュレーションの活用(日本語字幕)

電気自動車の設計は、バッテリーの性能、コスト、寿命、安全性に左右されます。このウェビナーでは、バッテリー構成に最適な熱放散と熱伝導を取り上げ、主要性能指標の検証や当局の指示による安全規制について説明します。さらに、他のシミュレーションツールやシミュレーション分野とのモデルインターフェース、冷却板とバッテリーのモデリングを熱システムモデルから完全なマルチフィジックスモデルに拡張する方法についても取り上げます。

Webinars

【ウェビナー】地域金融機関の業務効率化とコスト削減の実現に向けて ~SAS言語プログラム運用コストも大幅削減~

FinTechの急速な技術革新や異業種企業の参入など、金融業界は過渡期を迎えています。しかし、RPAの導入やAIの活用によって「業務効率化とコスト削減」までを実現している金融機関はまだごく一部です。また、リソース不足とコストの問題から変化に対応しきれていない地域金融機関も存在しています。 本セッションでは、様々なシステムからデータを収集し、加工・集計する一連の業務の効率化と、RやPython、SQL等のプログラミング言語のほか、SAS言語を活用して低コストで負荷なくスピーディーに分析環境を構築・運用する方法をご紹介します。

Webinars

SimLabの射出成型ソリューション(日本語字幕)

本ウェビナーでは、Altairの射出成形ソリューションについて、主な特長や製品設計を行う際の利点をご理解いただくとともに、SimLabの射出成形機能のデモを行い、繊維強化材を使用した成形ソリューション部品の充填を行い、充填解析から構造メッシュに繊維配向をマッピングして構造解析を実施します。

Webinars

電池パックの設計と組み込み(日本語字幕)

e-driveのバッテリーは、e-powertrainに不可欠なサブシステムです。パワートレインに電気エネルギーを供給するという目的を確実かつ安全に果たすために、バッテリーパックとそのサブコンポーネントは多くの重要な要件を満たしている必要があります。このウェビナーでは、バッテリーマネジメントシステムとの相互作用を考慮した、シミュレーション主導のロバストなバッテリー設計・検証ソリューションをご紹介します。このソリューションでは、さまざまな重要な属性がどのように扱われ、それらがどのようにマルチフィジックス・スタディに統合され、DoEと最適化技術がどのように利用されて、効率的に信頼性の高いバッテリー設計プロセスを推進することができるのかについて説明します。

Webinars

SimLabによる効率の良い落下解析(日本語字幕)

マルチフィジクスのワークフローを複数備えたSimLabのソリューションブラウザにより、非常に迅速かつ容易にモデルの定義とセットアップが可能です。また、一度設定したソリューションはテンプレートとして保存でき、テンプレートと自動化機能を用いることで、シミュレーションにかかる時間を50%以上短縮できます。さらに、複数の物理現象を1つのインターフェース上で扱えるため、学習曲線が非常に短いのも魅力の一つです。 本ウェビナーでは、落下解析を例に、SimLabを使った作業効率化のポイントをご紹介します。

Webinars

SimLabによる電気モーターのマルチフィジックスシミュレーション(日本語字幕)

本講演では、SimLabを紹介し、SimLabの電磁気学とマルチフィジックスの能力が、モーターの設計と開発をいかに加速させるかを紹介します。 eモーター設計における様々な課題を解決するためには、電磁気的な視点、つまりパワー、スピード、トルク、効率、最大トルク、リップルなどを考慮するだけでなく、熱的な側面、強度・耐久性、ラミネートのスタンピングに対する応力コスト、音響応答、空気伝播音と構造伝播音、音圧とマシンのモード周波数だけでなく、eモーターパワートレイン、また、インバータの影響、PWMによる影響、バッテリー、ドライブサイクル解析と完全なシステム効率を考慮に入れているシステムシミュレーションなど、より全体的で多角的なアプローチをとる必要があります。 SimLabなら、電磁界ソルバー機能、構造ソルバー機能、熱流体ソルバー機能を1つのインターフェースで利用できる上、これに使いやすさや直感的なデザイン、前処理機能、自動化機能を組み合わせれば、SimLabのマルチフィジックスプラットフォームはまさに設計・開発のための強力なツールと言えます。

Webinars

専門職でなくても使えるSimLabのCFD機能と作業効率向上に役立つツール(日本語字幕)

SimLabウェビナーシリーズ #04 このウェビナーの目的は、Altair® SimLab®で利用できる直感的で堅牢なCFDワークフローを解説し、モデル設定プロセスをさらに高速化し、手動または繰り返しの手順を最小化または回避するための機能を紹介することです。実際のモデルを用いたライブデモにより、SimLabにおけるCADから結果までのシンプルでスムーズなモデルセットアッププロセスをお見せします。

Webinars

モーターとバッテリーの制御システム - 開発を加速する設計ソリューション(日本語字幕)

ウェビナーシリーズ「電動化に向けた実践的設計戦略とテクノロジー」第5回 バッテリーマネジメントシステムと電気モーター駆動制御ファームウェアは、今日の電気自動車の重要な構成要素です。 モデルベース開発(MBD)アプローチを適用することで、開発の初期段階でテストと検証を行い、コスト、開発時間、ファームウェアの不具合を削減することができます。 ブロック・ダイアグラム設計、自動生成されたファームウェア、HIL(Hardware-In-the-Loop)実験の間を迅速に反復できることは、MBDの生産性を高める上で重要な要素です。 このウェビナーでは、永久磁石同期モータ駆動制御とバッテリー管理システムの自動コード生成プロセスを説明し、設計の反復が容易に行えることを強調します。 また、データ収集方法、パラメータチューニング、セットポイント調整、CPU使用率についても説明します。

Webinars

PSIMによるパワーエレクトロニクスおよびモータドライブシステムの設計(日本語字幕)

ウェビナーシリーズ「電動化に向けた実践的設計戦略とテクノロジー」第6回 パワーエレクトロニクスは、電化やe-モビリティに不可欠な要素です。PSIMは25年以上にわたり、パワーエレクトロニクスとモータドライブのリーディングツールとしてイノベーションを実現してきました。ワイドバンドギャップデバイスやマルチレベル、マルチモジュラーコンバータの台頭により、PSIMは再び業界の最前線で道を切り開くための支援を行っています。本ウェビナーでは、PSIMによるパワーエレクトロニクスおよびモータドライブシステムの設計とシミュレーションを紹介し、電化プロジェクトの信頼性を向上させながらコストと市場投入までの時間を削減するお手伝いをします。 電動化セミナーシリーズ https://web.altair.com/ja/electrifying-webinar-series

Webinars

<機能紹介>Altair MonarchでPDF内の表からデータを自動取得する

Monarchのテーブル抽出機能は、PDFファイル内に表として格納されたデータを処理したい方のために設計されています。この機能により、ビジネスユーザーはテキスト量の多いPDFファイル内の表から、必要なデータのみを選択、必要に応じて修正し、データ準備と変換のためのAltair Monarch Data Prep Studio用にデータをエクスポートできます。 このビデオでは、Monarch Data Prep Studioを用いたPDFテーブル抽出機能(PDF Table Extractor)について、ご紹介します。 ※このビデオはMonarch 2021.0を使用して作成されました

Product Overview Videos

<デモ>Altair Knowledge Studioの高度な機械学習とAI

たくさんのデータサイエンティストやビジネスアナリストが、Altair Knowledge Studioを使用してデータから実用的なインサイトを生成しています。Knowledge Studioは、市場をリードする使いやすい機械学習&予測分析ソリューションで、専門知識や一行のコードも必要とせず、説明可能な結果を素早く生成しデータを迅速に可視化します。 アナリティクスツールのリーダーとして知られるKnowledge Studioは、AutoMLやExplainable AIなどの機能により機械学習に透明性と自動化をもたらし、モデルの構成やチューニングを制限することなく、モデル構築をコントロールすることができます。

Product Overview Videos

Altair Material Data Center

Altair Material Data Centerは、クラウドベースで企業内のどなたでもアクセス可能な材料データベースです。鋼材、樹脂を中心に5万種以上のシミュレーション用の材料定義を著名な材料メーカーとの協業により準備しており、OptiStructやRadiossなどのアルテアシミュレーション製品はもちろん、他社製の構造解析ソルバーのフォーマットにも対応しています。 シミュレーションにおける材料は、精度の点からもっとも基本的かつ根源的な要素です。 ・部署間、チーム間、または作業するエンジニアごとに使用する材料が異なっていて、解析結果の比較や流用がうまく進まない ・材料データを取得するための実験がままならない ・Webなどから出所の不確かな材料データを参照しておりデータの品質・信頼性に不安がある ・既存の材料データベースでは樹脂材料のデータが少ない などのお困りごとはありませんか? Altair Material Data Centerで材料に関する問題を一気に解決しましょう。

Product Overview Videos

Altair Material Modeler

Altair Material Modelerは、実験データからシミュレーション用の材料データの応力-ひずみ曲線をフィッティングするAltair Unitsで動くAltair Simulationツールの一製品です。 ・フィッティング作業に膨大な時間がかかっている ・複数の実験データをどう判断すればよいのかわからない ・降伏応力の選定に迷いがある などの材料カーブフィッティングに関するお困りごとを定型化されたプロセスと半自動処理によって解決できます。 作成した材料定義は、OptiStructやRadiossなどのアルテアシミュレーション製品はもちろん、他社製の構造解析ソルバーのフォーマットにも出力できます。 また、作成した材料カーブは、Altair Material Data Centerに登録し、すぐさま企業様内で共有できます。

Product Overview Videos

エネルギー効率の高い電気システムのためのモデルベース開発(日本語字幕)

ウェビナーシリーズ「電動化に向けた実践的設計戦略とテクノロジー」第3回 電動化システム・オブ・システムの複雑化は、今日の設計上の最大の課題の1つです。このウェビナーでは、関連するすべてのサブシステムとコンポーネントを統合し、すべての相互依存関係を含む電気自動車システムの全体的な機能動作を評価および最適化する方法について説明します。また、Altairのソリューションが、作業のサイロ化を回避することで、多様なエンジニアリングチームがより優れた、より複雑な製品をより速く開発するのに役立つことを説明します。e-Driveシステム、熱管理、Hardware-in-the-Loopテストに関する実証済みの使用事例も紹介します。

Webinars

電気システムの構造性能の向上方法 - 効率性、軽量化、音響、安全性(日本語字幕)

ウェビナー「電動化に向けた実践的設計戦略とテクノロジー」#02 このウェビナーでは、電動化システム開発時に直面する主な課題に対応する構造解析と最適化のためのさまざまなソリューションを紹介します。これには、充電マイル数を向上させるための軽量化設計技術、効率的でカスタマイズされた車両アーキテクチャの開発、設計プロセスの初期段階での設計アイデアや代替案の迅速な検討などが含まれます。また、振動・音響特性の評価・改善技術や、バッテリーの安全性評価についても取り上げます。

Webinars

FITフォーラム「業務効率化もコスト削減も同時に叶える ~SAS言語プログラム運用コストを大幅削減~」

◆セミナー概要 RPAの導入が進んでも尚、手作業は多く残っています。また、データ分析システムの開発には、SAS言語、Python、Rなど、様々な言語の複数のツールが使われており、運用効率や導入コストも悩ましい問題です。 本セミナーでは、様々なシステムから効率的にデータを収集しクレンジングする方法と、様々なプログラミング言語を統合してデータ分析システムの開発・運用コストを削減するポイントをご紹介します。 ◆講師 アルテアエンジニアリング データアナリティクス事業部 アカウントマネージャー 片山 健太郎

Webinars

最先端の電気モーターとドライブの開発(日本語字幕)

ウェビナー「電動化に向けた実践的設計戦略とテクノロジー」#02 電動化システムにおいて、電気モーターは中心的な役割を担っています。効率的でコンパクト、かつ静音であることが要求されます。本セッションでは、マルチフィジックスシミュレーションと最適化により、複数の設計制約を持つ複雑なシステムの設計革新とコスト削減を実現する方法を紹介します。Spin Applicazioni Magneticheをフィーチャーし、電磁気、熱、振動の応答を考慮したシミュレーションとテスト結果の詳細な比較など、実用的な使用例を紹介します。

Webinars

電化プロジェクトを促進するグローバルパートナー(日本語字幕)

ウェビナー「電動化に向けた実践的設計戦略とテクノロジー」#01 電化への道には、多額の投資、技術、開発プロセス、さらには組織構造の変更が必要です。このウェビナーでは、早期に適切な判断を下し、あらゆる電動化プロジェクトを加速させるAltairのシミュレーションおよびデータ駆動型設計ツールについてご紹介します。このセッションでは、バッテリーからホイールまで、電気駆動システムのさまざまな部分の設計に関するソリューションを取り上げるとともに、エネルギー効率の高い革新的な電動モビリティソリューションを構築するために車両レベルで行わなければならないシステム統合とアーキテクチャの変更についても検討します。

Webinars

製品の低騒音化、ファン騒音対策のための GPU専用&格子ボルツマン法ソルバーAltair ultraFluidX体験セミナー

空気力学ソルバーAltair ultraFluidXは、 ・GPU専用(非常に高速に計算可能) ・格子ボルツマン法(複雑な形状でもメッシュ作成に悩まされない) という特徴を持つ次世代の流体解析ソルバーです。家電、自動車、建機、建築など、様々な業界で課題となる空気冷却時のファン騒音(流体騒音)を手早く解き、高精度な解を得ることができます。製品の低騒音化対策の評価、検討時間を著しく削減できます。 本セミナーでは、事前にultraFluidXをインストールし、モデル設定から結果評価の操作を実際に体験いただくことで、流体解析の作業がいかに楽になるかを実感いただくことを目的としています。ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひお気軽にご視聴、お問い合わせください。 【セミナーの内容】 1. Altair ultraFluidXについて(20分) 2. 実習1:モデル作成、解析定義(45分) 3. 実習2:結果確認、対策検討(45分) 4. 質疑応答(10分) <2022年6月24日(金)開催>

Webinars

成型工程をデジタル化! 発泡ウレタン成形解析Inspire PolyFoam体験セミナー

クッション材や断熱材として様々な製品に利用されているポリウレタンの発泡成形シミュレーションツール「Inspire PolyFoam」の操作を実際に体験いただくオンラインセミナーを開催しました。 Inspire PolyFoamは、軟質発泡成形部品や硬質発泡パネルの製造性設計(Design For Manufacturing:DFM)を支援し、効率的に金型の最適化や製造上の欠陥予測を行えます。金型製作の前にInspire PolyFoamでバーチャル試験を行うことで、製造上の欠陥軽減やコスト削減につなげることができます。 発泡ウレタンの開発に関わる方はぜひご覧ください。 【セミナーの内容】 1.Inspire PolyFoamについて 2.実習1:モデル作成、解析定義、計算実行、結果確認 3.実習2:対策検討、再計算、結果確認 ◆無償試用版のご利用 1.ボタンよりAltair Oneに登録 2.Altair OneのトップページからMarketplaceを表示 3.希望の製品を選択 4.Try Nowボタンを押す

Webinars

リソースの管理、最適化と予測のためのAltair Controlの紹介

最適なシステムインフラを社内ユーザーに提供するためには、日々、どのようなジョブが投入され、どのように計算サーバが使われているかを把握することが重要です。

今回は、ジョブスケジューラと各種便利な機能が統合されたPBS Works Full Suiteに含まれる、Altair Controlの機能について動画で紹介します。

Altair Control紹介動画の内容

  • 5分間隔でリアルタイムに計算サーバの使用状況をWEBブラウザでモニタリング
  • 日々蓄積されたジョブ履歴を、十数種類のテンプレートから自分用にカスタマイズしてチャート化
  • 使用するクラウドサービスの登録、簡単な設定変更をGUIで行う

Product Overview Videos

ポリマー部品の高精度な有限要素法シミュレーションを行うには

Altairパートナーアライアンスで使えるPolymerFEM社の製品、PolyUMODとMCalibrationの機能やメリット、実際の操作などをご紹介します。

PolyUMOD:工学ポリマーやバイオマテリアルの非線形有限要素モデリングのための材料モデルのPolyUModライブラリ
MCalibration:有限要素(FE)シミュレーションのための非線形材料モデルの選択とキャリブレーションを支援するソフトウェア

Product Overview Videos

積層複合材による軽量化 AlphaCellを用いた振動音響設計

Altairパートナーアライアンス、Matelys社のAlphaCellの概要やメリット、ワークフロー、使用例などを紹介します。
AlphaCell:AlphaCellは、あらゆる機能を搭載した伝達マトリックス法(TMM/FTMM)ソリューションです。空気伝播、固体伝播、乱流境界などの各種加振条件下で、多層トリムの振動音響応答をシミュレーションすることができます。また、AlphaCellは、熱橋を考慮した多層配置の定常的な熱特性を計算します。

Product Overview Videos

ラティス構造で積層造形の設計を強化

Altairパートナーアライアンスで使える、Materialise社の3-maticについて、「積層造形のためのデザイン強化」というテーマで、機能、メリット、使用例などをご紹介します。
3-maticSTLでは、3Dプリントに適した複雑な内部・外部のラティス構造物を作成し、強度の強化、緩衝材の付加、高い間隙率の確保、軽量化設計を達成できます。さらに、機能的で美しいテクスチャ、パーフォレーション(抜き穴)、パターンを追加して、設計の質を高めることも可能です。

Product Overview Videos

実験せずに電磁干渉の問題を解決する

規制・要件に準拠した安全な電子システムの設計は、すべての業界で重要です。開発コストと時間を削減しながらEMC規制に準拠するには、製品設計のライフサイクル全体におけるシミュレーションの活用がキーとなります。シミュレーションを活用するステージが増えると、設計の各段階において、繰り返しとコストのかかる実験工数・コストを減らすことができます。本ウェビナーでは、ボード、サブシステムおよびシステムレベルにおけるAltair PollExとFekoを使用したマルチスケールなEMI / EMCシミュレーションを紹介します。

Webinars

アルテア×DTS共催ウェビナー【金融機関向け】AIが不正取引をストップ!キャッシュレス決済をより安全に

当ウェビナーでは、DTSと共催し、AI(機械学習)とルールベースエンジンを組み合わせたハイブリッド型の不正予測検知ソリューションについてデモを交えて紹介します。キャッシュレス決済の不正検知において、従来のルールベースによる画一的な対応で課題となっていた誤検知や新たな不正手口への対応を実現します。  FinTech(フィンテック)による取引のデジタル化、キャッシュレス決済の普及などにより、金融業界をめぐる環境はここ数年で大きく変化しています。これら新サービスは利便性を高めるためセキュリティの急所である本人確認は使いやすさを重視した設計とされる傾向があり、そこに目をつけた犯罪組織はサイバー攻撃を加速させ脅威の手法も高度化しています。従来からのルールベースのみの対策では取りこぼしや誤検知を減らすことが難しいのが実情です。また、一般社団法人全国銀行協会の「資金移動業者等との口座連携に関するガイドライン」(2020年11月発表)においても、キャッシュレス決済の不正検知モニタリング態勢高度化を求められております。 このような市場ニーズに対応するため、DTSはAltair社と提携し本ソリューションの提供を決定、開発し、販売開始に至りました。DTSは、今回Altairのソリューションをラインナップに加えることで金融機関向けに精度の高い不正検知ソリューションを提供します。 【 セミナーの内容 】 ・Altair/DTS会社紹介と強み ・提携によって高度化した不正予測検知ソリューションの特長 ・キャッシュレス決済時代におけるリスク管理と課題 ・ソリューション紹介とデモ ◆DTSグループについて DTSグループは金融や通信をはじめ、幅広い業種・業態のお客様にコンサルティングから設計、開発、基盤構築、運用までITシステムに関わるさまざまなサービスを提供しております。現在のグループ会社数は国内9社、海外6社の合計15社です。DTSは、創業以来、銀行、保険など、ビジネス全般のシステム開発・保守に長年の実績があり、お客様から高い評価をいただいております。

Webinars

電子デバイスの熱対策

今日の密集した電子システムを設計するには、エンクロージャ内のPCBの熱分析モデルを用いたシミュレーションを実施することが非常に有効です。 Altair SimLabは、高度なCFDの知識が無くても活用できる、電子デバイスを有するシステムに対する高速で正確な熱シミュレーションツールを提供します。また、一貫した分析のための堅牢で反復可能なワークフローも同時に実現することができます。本ウェビナーでは、開発の早い段階で潜在的な設計の問題を特定し、さらに修正するAltairシミュレーションを活用したアプリケーションをご覧いただけます。

Webinars

RFデバイスの迅速な設計と最適化 - 電子システム設計ウェビナーシリーズ #07

高速で正確なEMシミュレーションソリューションの時代でさえ、複雑なパッシブマイクロ波コンポーネントの開発は依然として困難な作業です。この設計上の課題に対処し、RFコンポーネントの開発サイクルを大幅に短縮するために、新しいハイブリッドソルバーソリューションが利用可能になりました。このウェビナーでは、3D-FEMのみに依存する一般的なソルバーに比べて大きな利点があり、一般的なフィルターとホーンアンテナの設計例を使用して、このようなコンポーネントの迅速な合成と最適化について紹介します。

Webinars
1 2 3 4 5 6 7 8 Next

There may be more resources in English. Click here to view all English results.

Have a Question? If you need assistance beyond what is provided above, please contact us.
Loading...