Learn more about

  • Category







日本語メニューと進化した使いやすさ - ハイエンドCAEプリポスト HyperWorks X

<2019年 7月31日(水)放送>
企業や研究・教育機関で世界トップクラスの実績を誇るCAEプリプロセッサーHyperMeshが、「HyperWorks X」としてリニューアルされました。

日本語メニューになったほか、深いコマンド配置の撤廃、操作に迷わないよう工夫された様々なガイド、広範囲かつ複雑な課題に対する同一の操作環境など、操作感も一新され、ユーザーを強力にサポートします。ハイエンドな機能はそのままです。

■主な機能と特長
NURBSカーブ、サーフェス、ソリッド、PolyNURBSによる自由度の高い3Dモデリング 企業や研究・教育機関で世界トップクラスの実績を誇るCAEプリプロセッサーHyperMeshが、「HyperWorks X」としてリニューアルされました。
日本語メニューになったほか、深いコマンド配置の撤廃、操作に迷わないよう工夫された様々なガイド、広範囲かつ複雑な課題に対する同一の操作環境など、操作感も一新され、ユーザーを強力にサポートします。ハイエンドな機能はそのままです。

  • 刷新されたユーザーインターフェースと日本語メニュー
  • ガイド機能
  • モデリング機能
  • モーフィング機能


■放送中にいただいた質問
Q: 現在Evolveを使用していますが、バージョンアップはどうすれば良いですか?
A: 弊社もしくは販売代理店までご連絡いただければ、Inspire Studioのライセンスをご案内します。尚、EvolveデータはInspire Studioで読み込めますが、構成履歴がなくなってしまいますのでご注意ください。 Q: 既存のHWUでHyperWorks Xも利用できますか?
A: 既存のHWUで利用可能です。

Q: 21HWUでHyperWorks X、HyperMesh、SimLabを利用できますか?
A: いずれも21HWUでご利用いただけます。

Q: システム要件とハードウェアの要件を教えていただけますでしょうか。
A: システム要件等は、こちらからご確認ください。

Q: HyperWorks Xをインストールしましたが、メニューが日本語化されていませんでした。メニューを日本語化する方法を知りたいです。
A: HyperWorks Desktop 2019.1から日本語対応となりました。FileプルダウンのPreferenceメニューから、Applicationの項目で言語を変更できます。

Q: SimLabとの使い分けは、シェルを使うかソリッドを使うかだけの違いになりますか?
A: シェル、ソリッドだけではなく、SimLabにはエンジン特有の機能や、PT特有の機能があります。一方、車体モデルの構築や幅広い機能を有しているのがHyperWorks XとHyperMeshの強みです。それぞれの製品の強みを活かして独立した製品として今後も開発が進む予定です。

Q: CADジオメトリを編集すると元データも影響を受けますか?
A: ジオメトリを編集しても、元のデータには影響はありません。HyperWorks Xにおいてのみ形状が更新されています。

Q: HyperWorks X、HyperMesh、SimLabの使い分けを教えてください。それぞれどのような方をターゲットとしていますか?
A: HyperWorks Xは今回ご紹介したようにHyperWorks初心者の方やこれから覚えていく方のほか、既存のHyperWorksユーザーにとっても時短効果が高いツールです(HyperMeshも引き続きご利用いただけます)。SimLabはPT特有の機能が多数搭載されており、特にソリッドモデリングに強みがあります。

Q: HyperWorks Xはメッシャーという理解でいいでしょうか。解析の条件設定などは従来のHyperWorksで実施するのでしょうか。
A: HyperWorks X内で境界条件設定も可能です。基本的には、HyperMeshにあるコア機能は全てご利用いただけます。

Q: モーフィングの機能紹介が基本的にシェル要素に関する内容でしたが、テトラ要素やヘキサ要素を使用する場合の使い勝手は向上していますか?
A: 向上しています。大規模により強く対応する方針です。

Q: CATIA-V5(.CATPart)のモデルインポートには従来どおり、別途オプションのライセンスが必要なのでしょうか。
A: CATIA V5については別途ライセンスが必要となります。

Q: HyperWorksクラシックとHyperWorks Xとの間でのhmファイルの互換性はありますか。
A: 互換性はあります。相互に行き交うことが可能です。

Q: import、exportのパス名に日本語が入っていた場合も読込、書込ができますか。
A: パスに日本語が入っていても読込可能です。ただしドラッグアンドドロップでは読み込めないのでご注意ください。

Q: HyperMeshとHyperViewがXで一緒になったということは、積層材メッシュのPly+Laminate表示がポスト処理でも可能になっているのでしょうか?
A: 今後ポスト機能の搭載に合わせて順次可能になる見込みです。

Q: 開発でPythonを用いる場合、今までのTCLでのAPIがPythonにもすべて移植されているのでしょうか?
A: TCLでのAPIが今は標準的な使い方であり、今後も続きます。PythonはPlatFormとしては対応していますが、現時点でCommandWindowのような使い方はまだ使用環境が完全に整っておらず、利用開始はもう少し先になる見込みです。

Q: .modelという拡張子のものをimportできますが、そのモデルに対しても今回の拡張されたモデル修正機能を使用することはできますか。
A: .modelはCATIAのインターフェースとなりますが、今回ご紹介したジオメトリの一般的な編集が可能です。CADパラメーターの直接編集は現状NXのみとなります。

Q: CADのジオメトリ直接修正が紹介されていましたが、HyperMeshのCATIA Readerのようなオプションのアドオンリーダーなどは必要でしょうか。
A: パラメータ編集と同時に、バックグラウンドでCAD側の編集を行い自動更新するCADアップデート機能については、現在のところNXで作成されたファイルのみに対応しています。また、NXを起動できる有効なライセンスが必要です(弊社側の追加オプション等は不要です)。HyperWorks Xの大きな特徴であるダイレクトモデリングについては、CADの種類に関わらず編集が可能です。

■発表資料のご案内 ウェビナー中で使用した資料をダウンロードいただけます。 資料をダウンロード

Webinars

オールインワン3D工業デザインソフト Inspire Studioご紹介ウェビナー

<2019年11月27日(水)放送>
従来のデザインツールであるEvolveの機能をベースに開発され、よりパワフルな機能と使いやすいインターフェースを搭載したInspire Studioをウェブセミナー形式でご紹介します。

■主な機能と特長
NURBSカーブ、サーフェス、ソリッド、PolyNURBSによる自由度の高い3Dモデリング 操作履歴を用い、過去の処理にさかのぼって形状の変更や修正が可能 フォトリアリスティックなレンダリングとアニメーション Inspire Studioのレンダリングとアニメーション機能を単独で利用可能(Inspire Render) MacOSとWindowsの両方で使用可能

■放送中にいただいた質問
Q: 現在Evolveを使用していますが、バージョンアップはどうすれば良いですか?
A: 弊社もしくは販売代理店までご連絡いただければ、Inspire Studioのライセンスをご案内します。尚、EvolveデータはInspire Studioで読み込めますが、構成履歴がなくなってしまいますのでご注意ください。

■無償試用版 14日間の無償試用版をご利用いただけます。 solidThinkingウェブサイトよりお申し込みください。

Webinars

Inspire 2019.3 トレーニング資料

最適設計を生み出すために、Inspireを従来の設計プロセスに適用する方法を理解することを目的とした、Inspire 2019.3入門コースで使用する、日本語トレーニング資料一式です。資料には、テキストとモデルが含まれています。 Inspireのさまざまなツールを使って、スケッチ機能で作成、またはインポートされたジオメトリからコンセプトモデルの生成と解析を行います。

eLearning, Training Materials

エンジニアリングにおける機械学習

GoogleやAmazon、Facebookなどの世界有数の大企業は皆、データを収集し高度に分析する技術で市場に変革をもたらす、データ駆動型の組織です。データは「新たな石油」と呼ばれ、市場で優位に立つための原動力です。

ところが、エンジニアリング分野において、機械学習技術の活用の動きはあまり素早くありません。今後5年間で一番成長が見込まれている技術は、機械の故障を予測する予知保全です。機械学習を応用させることで、保守コストや稼働停止時間が減少するメリットがあります。

動画では、数値的手法の活用を始めたギネス社のイノベーションの紹介にはじまり、人工知能(AI)と機械学習(ML)の違い、エンジニアリング分野における機械学習モデルの作り方などを解説しています。

エンジニアリング分野における顧客事例として、実験データとシミュレーションデータを組み合わせて学習させ、数値流体力学の代わりに液体の流れを予測する事例、ロボットアームの予知保全プログラムの事例も動画の最後に紹介しています。

ご興味をお持ちの方はアルテアエンジニアリングまでお問い合わせください。

こちらも併せてお読みください。 【ブログ】機械学習で「見た目」を限定して最適化する

Videos, Webinars

eBook 構造最適化の実践(英語)

この学習ガイドは、さまざまな最適化手法の基本の学習を目的としています。 最適化の「刺激的な」世界について詳しく知りたい学生や入門者向けに書かれています。

eBooks

5G電波伝搬解析ウェブセミナー

近年注目集めている「第5世代移動通信システム(5G)」の基本的な解説に加え 、Altair WinPropによる5G電波伝搬モデルを紹介します。

  • 5Gについて
  • Webinars

[ODD#1]自動車シートの設計 – コンセプト設計~詳細設計

自動車シート開発における設計について、フレームのコンセプトから溶接の配置まで、最適化を活用した流れをご紹介します。

Webinars

[ODD#2]ポータブル製品の設計問題

ポータブル製品における軽量化や強度の設計問題を、最適化を活用して解決する方法をご紹介します。プロダクトデザインにも広く応用可能です。

Webinars

[ODD#3]重機の設計に、どこまで最適化が役立つのか

重機の設計におけるウェイトのバランス、強度、振動、その他の設計課題に、最適化を適用して実現できることをご説明します。

Webinars

[ODD#4]最適化技術を建設現場へ

建物のコンセプト構造から柱の固定フランジの設計まで、建築のあらゆる構造設計工程に最適化技術を適用することで実現する、これからの建築設計をお見せします。

Webinars

[ODD#5]設計方法の効率化で、自動車エンジンの効率化を

Optimization-driven Design アプローチで自動車のエンジン設計を効率化しながら、エンジンの効率につながる軽量化と性能向上を実現します。いくつかの事例でその方法を紹介します。

Webinars

[ODD#6]3Dプリンティングのための設計手法

3Dプリンターを活用したデザインフローに最適化設計を組み込み、従来よりも自由度の高い形状を生み出す方法について解説します。

Webinars

[ODD#7]生産技術にも最適設計のアプローチを

ロボットアームや金型構造の最適化など、生産ツール自体も最終製品の設計と同じアプローチ、同じ技術、同じソフトウェアツールを使用することによってさまざまなメリットが得られます。「製品を生産するための道具もひとつの製品である」という考え方を基軸に、最適化技術が生産技術の分野にもたらすメリットについて解説します。

Webinars

[ODD#8]パッケージデザインと最適化技術

パッケージには商品を保護するだけではなく、こぼれない、衛生的であるといった安全性や、使いやすさなどの機能を持たせることも重要です。パッケージのデザインにおいて重要なポイントとなる、環境への配慮や材料コストの削減、意匠、軽量化といった課題に対して、最適化技術がどのように活用できるのかをご紹介します。

Webinars

[ODD#9]最適化を取り入れた家具設計

使い心地、見た目、機能、重量、耐久性、材料、組み立て、生産コスト・・・さまざまな設計課題をクリアした現代の家具は、先端技術の賜物と言えます。最適化手法を取り入れこれらの課題に対応するための、家具設計のソリューションを解説します。

Webinars

[ODD#10]スポーツ用品の最高性能を最適化で追求する

釣り、サイクリング、ゴルフなどのスポーツ用品を例に、最高のパフォーマンスを発揮する道具の設計に活用できる最適化技術を紹介します。

Webinars

[ODD#11]航空機の構造部品に最適な設計アプローチ

航空機の構造部品を例に、コンセプト設計から詳細設計まで最適化を活用する手法を紹介します。

Webinars

[ODD#12]鉄道車両と最適化設計

最適化技術は鉄道車両の設計にも応用可能です。研究領域だけでなく、実際の車両構造の設計業務にも使われており、材料コストおよび消費電力の削減に効果がでています。本ウェビナーでは路面電車の適用事例を紹介します。

Webinars

Altair HyperLife ご紹介ウェビナー =すぐにできる疲労解析ツール

Altair HyperLifeとは Altair HyperLife は形状を確認しながら直感的に操作できる疲労解析ソフトウェアです。結果をHyperLife 上で確認でき、ウィークポイントをすぐに把握できます。 本ウェビナーではHypreLifeを利用した疲労解析の流れを解説し、他のAltair HyperWorks製品と組み合わせた評価手法をご紹介します。 ウェビナーの内容: ・疲労限度(SN:応力疲労、EN:ひずみ疲労)データベースの標準機能 ・高サイクル疲労(SN)、低サイクル疲労(EN)の評価機能 ・ランダム荷重履歴のインポート機能 *2019年6月25日放送 Altair HyperLifeの製品概要

Webinars

HyperView Player 2019

Altair HyperView Playerは、PCおよびUNIX用のWebブラウザプラグインを含むスタンドアロンの3Dビューアーで、ブラウザを介してCAEモデルとシミュレーション結果を共有できます。

Downloads, Software

メッシュレス高速解析Altair SimSolidウェブセミナー

主要機能およびメリットの紹介、製品デモを通じてAltair SimSolidを導入した解析プロセスと活用例を解説します。

Webinars

無償版モデルベース開発ツールの利用方法

Simulinkのようなブロック線図とModelicaの物理コンポーネントが使用可能な1DシミュレーションツールAltair Activate2019と、MATLAB互換の言語Open Matrix Language(OML)が使用可能なAltair Compose2019からBasic版、Professional版がリリースされ、Basic版は無償でご利用いただけるようになりました。

Getting Started, Videos

HyperMesh操作 #39 MatrixブラウザとExcelですべてのコンポーネント名に接頭語を追加

HyperMeshのMatrixブラウザとExcelですべてのコンポーネント名に接頭語を追加する方法をご紹介します。

Tips & Tricks, Videos

HyperMesh操作 #38 HyperBeamで中実断面の作成

Solid Sectionを使って中実断面を作成したり変更したりする方法をご紹介します。

Tips & Tricks, Videos

より高性能なモータ開発のための 低周波電磁場解析事例のウェブセミナー

より厳しい条件下でより効率的な設計を求められるモータ設計の現場で、より短時間で設計課題を検討したい方、低周波電磁場解析ソフトウェアFlux を用いた、高精度・短時間な解析事例、データ形状最適化、解析手法の共有化・自動化の事例をぜひご覧ください。

Webinars

より広範囲で正確な電磁波障害対策のための 高周波電磁界解析事例のウェブセミナー

数解法とその連成を特徴に持つ高周波電磁波解析ソフトウェアFEKO の EMC(エミッション・イミュニティ)解析事例をご紹介します。

Webinars

[How to ESAComp #03]FEMで破壊判定が出てしまったら

[使ってみると悪くないESAComp使い方集 #03] FEM(ESAComp内でも OptiStructでも)で、破壊判定が出てしまったときの対処法アイデアの一つです。 >>>>>>>>シリーズ一覧:https://altairhyperworks.jp/ResourceLibrary.aspx?category=Multimedia&altair_products=ESAComp

Tips & Tricks, Videos

FieldView Expressご紹介ウェブセミナー

FieldView Expressは、米国Intelligent Light社のFieldViewをベースにしたAPA製品です。 本ウェブセミナーは、FieldViewの日本国内の総販売・サポートを独占的に20年以上行っている株式会社ヴァイナスより、FieldView ExpressがCFD開発設計に対してどのように利用できるのかをご紹介します。またFieldView Expressと通常版FieldViewとの差異等を自動車空力解析モデルを使ったデモンストレーションでご紹介します。

Presentations, Videos, Webinars

[How to ESAComp #02]HyperMeshで危険率表示

[使ってみると悪くないESAComp使い方集 #02]ESACompで評価した危険率をHyperMeshのモデルにコンター表示する--------[使ってみると悪くないESAComp使い方集]ESACompはたったの6HWUで使用可能な複合材設計ソフトウェアです。他製品に比べて影の薄いESACompですが、OptiStructと併用するなど、使い方を知れば便利で使えるツールです。ここではそんなESACompに光を当てて、面白い使い方を紹介していきます。

Tips & Tricks, Videos

HyperMesh基本操作#37 梁要素の任意中空断面を作成する方法

HyperMeshの「HyperBeam」を使って、梁要素の任意中空断面を作成する方法を解説します。

Tips & Tricks, Videos

HyperMesh操作 #36 シェルメッシュ閉空間かの確認

こちらの動画では、HyperMeshの「Check 2D mesh」機能を使って、テトラメッシングしやすいシェルメッシュ閉空間か確認する方法を解説します。

Tips & Tricks, Videos

[How to ESAComp #01]厚み方向で解析結果を確認する

[使ってみると悪くないESAComp使い方集 #01]OptiStructの結果をESACompに読み込めば厚み方向で解析結果を確認できる。   ESACompはたったの6HWUで使用可能な複合材設計ソフトウェアです。他製品に比べて影の薄いESACompですが、OptiStructと併用するなど、使い方を知れば便利で使えるツールです。ここではそんなESACompに光を当てて、面白い使い方を紹介していきます。

Tips & Tricks, Videos

HyperView基本操作動画 #06 任意座標とメッシュ節点の距離

HyperViewの「Add Object」を使って、任意座標とメッシュ節点の距離を計測する方法をご紹介します。

Tips & Tricks, Videos

スーパーエレメントのトポロジー最適化への適用

スーパーエレメントのトポロジー最適化への適用により、計算時間を削減する例題です。

Tips & Tricks, Tutorials

HyperWorks 2017 稼働環境 - Platform Support

HyperWorks 2017 稼働環境 (サポートするプラットフォーム、OS、プロセッサー等一覧)

Documentation

solidThinking Activate 2017インストールガイド

solidThinking Activate 2017インストールガイド

Documentation, Installation Guides

solidThinking Compose 2017 インストールガイド

solidThinking Compose 2017 インストールガイド

Documentation, Installation Guides

鋳造欠陥を回避する! Click2Castの設計活用事例ウェビナー

Click2Castの最大の特長は、「シンプルな5ステップによる鋳造シミュレーション」で、ポロシティなどの鋳造欠陥の予測を容易に、かつ高精度に行うことができます。本ウェビナーでは、ユーザー解析事例など、実際に役立つ情報をご紹介いたします。(2017年3月)

Videos, Webinars

HyperView Player 2017

Altair HyperView Playerは、PCおよびUNIX用のWebブラウザプラグインを含むスタンドアロンの3Dビューアーで、ブラウザを介してCAEモデルとシミュレーション結果を共有できます。

Software

STLからパラメトリックデザインへ - 意匠設計の革新ツール ウェビナー

Evolve 2017の新機能紹介を含めたヒント&ティップスをご紹介します。シミュレーション結果をデザインに反映させる数々のツールや、モデルに合わせてリアルを実現するためのレンダリングの設定など、3次元デザインを身近にするEvolveのテクニックをお持ち帰りください。(2017年3月実施)

Videos, Webinars

モーション×最適化で構造をスリムに ウェビナー

Inspireは初期設計を行うために必要な3D ダイレクトモデリングに加え、材料の削減や軽量化に有効なトポロジー最適化機能、基礎的構造シミュレーション機能を搭載した設計エンジニアのためのソフトウェアです。 複雑な動きする機構部品の軽量化ができるInspireモーション機能をご紹介いたします。なお、板金部品の設計者向けの板厚最適化や、その他の新機能もご紹介いたします。 Inspire 2017.1

Videos, Webinars

制御系とプラントを一括モデリング - 新時代の1Dシミュレーション - Activate/Compose 2017

制御システムとプラント(物理コンポーネント)モデルを同時に、かつ、メカ / 電機 / 熱等を組み合わせた複合領域の1Dシミュレーションが可能なActivateの新機能をご紹介します。また、Composeについては、新機能の紹介に加えて、従来はExcel等で数日を要していたCAE結果のプロット作成を数分で可能にした、3DCAEとの強力な連携による"スマート"ポスト処理機能も併せてご紹介します。(2017年3月実施)

Videos, Webinars

HyperView基本操作動画 #05 中間節点の結果値

HyperView 14.130で可能になった、中間節点の結果値の取得方法をご紹介します。

Tips & Tricks, Videos

HyperView基本操作動画 #04 ページカウンター

HyperView 14.130で新しくなったページカウンター機能をご紹介します。(2017年公開)

Tips & Tricks, Videos

MDS と RADIOSS 連携解析の例題

CFRP 材料を含む平板の四点曲げ解析を行う例題です。CFRP 材料挙動を Multiscale Designer(以下 MDS)で計算し、そのほかの材料と、全体の挙動を RADIOSS で計算します。 本書の手順が対応しているバージョンは RADIOSS 14.0.230、MDS 3.2、HyperWorkdDesktop 14.0.130 です。
*例題PDFはAltair Connect(ユーザー限定)からダウンロード可能です

Tips & Tricks, Tutorials

HyperStudyでRADIOSSの弾塑性材料パラメータを同定する例題

【材料引張り試験の荷重ー変位カーブから HyperStudyで RADIOSSの弾塑性材料パラメータを同定する例題】 RADIOSSのJohnson-Cook 弾塑性材料 /MAT/PLAS_JOHNS のパラメータをHyperStudy で最適化し、材料試験の荷重―変位曲線に合わせこむ例題です。何らかの理由で、信頼できる応力―ひずみグラフを入手できない場合に有効です。また、本例題では引張り試験を扱いますが、三点曲げ試験など、荷重と変位の関係が得られる試験であれば、同じ方法が適用できます。 本書が対応しているバージョンは RADIOSS 14.0.230、HyperWorkdDesktop 14.0.130 です。

Tips & Tricks, Tutorials

HyperView基本操作動画 #03 新しい注釈

HyperView 14.130で新たに注釈の形を変更できるようになりましたので、ご紹介します。(2017年公開)

Tips & Tricks, Videos

ヒント&チップス Evolve #01 高性能デザイン

曲面サーフェスに強いモデリングソフトなので、レンダリングもデフォルト設定のままにフォトリアルを実現できます。(2017年公開)

Tips & Tricks, Videos
1 2 3 4 Next

There may be more resources in English. Click here to view all English results.

Have a Question? If you need assistance beyond what is provided above, please contact us.
Loading...

Altair Japanのメールマガジン

イベントや製品の最新情報を配信しています