学習センター | Altair
製品名で検索する
  • Category







アルテア×DTS共催ウェビナー【金融機関向け】AIが不正取引をストップ!キャッシュレス決済をより安全に

当ウェビナーでは、DTSと共催し、AI(機械学習)とルールベースエンジンを組み合わせたハイブリッド型の不正予測検知ソリューションについてデモを交えて紹介します。キャッシュレス決済の不正検知において、従来のルールベースによる画一的な対応で課題となっていた誤検知や新たな不正手口への対応を実現します。  FinTech(フィンテック)による取引のデジタル化、キャッシュレス決済の普及などにより、金融業界をめぐる環境はここ数年で大きく変化しています。これら新サービスは利便性を高めるためセキュリティの急所である本人確認は使いやすさを重視した設計とされる傾向があり、そこに目をつけた犯罪組織はサイバー攻撃を加速させ脅威の手法も高度化しています。従来からのルールベースのみの対策では取りこぼしや誤検知を減らすことが難しいのが実情です。また、一般社団法人全国銀行協会の「資金移動業者等との口座連携に関するガイドライン」(2020年11月発表)においても、キャッシュレス決済の不正検知モニタリング態勢高度化を求められております。 このような市場ニーズに対応するため、DTSはAltair社と提携し本ソリューションの提供を決定、開発し、販売開始に至りました。DTSは、今回Altairのソリューションをラインナップに加えることで金融機関向けに精度の高い不正検知ソリューションを提供します。 【 セミナーの内容 】 ・Altair/DTS会社紹介と強み ・提携によって高度化した不正予測検知ソリューションの特長 ・キャッシュレス決済時代におけるリスク管理と課題 ・ソリューション紹介とデモ ◆DTSグループについて DTSグループは金融や通信をはじめ、幅広い業種・業態のお客様にコンサルティングから設計、開発、基盤構築、運用までITシステムに関わるさまざまなサービスを提供しております。現在のグループ会社数は国内9社、海外6社の合計15社です。DTSは、創業以来、銀行、保険など、ビジネス全般のシステム開発・保守に長年の実績があり、お客様から高い評価をいただいております。

Webinars

電子デバイスの熱対策

今日の密集した電子システムを設計するには、エンクロージャ内のPCBの熱分析モデルを用いたシミュレーションを実施することが非常に有効です。 Altair SimLabは、高度なCFDの知識が無くても活用できる、電子デバイスを有するシステムに対する高速で正確な熱シミュレーションツールを提供します。また、一貫した分析のための堅牢で反復可能なワークフローも同時に実現することができます。本ウェビナーでは、開発の早い段階で潜在的な設計の問題を特定し、さらに修正するAltairシミュレーションを活用したアプリケーションをご覧いただけます。

Webinars

RFデバイスの迅速な設計と最適化 - 電子システム設計ウェビナーシリーズ #07

高速で正確なEMシミュレーションソリューションの時代でさえ、複雑なパッシブマイクロ波コンポーネントの開発は依然として困難な作業です。この設計上の課題に対処し、RFコンポーネントの開発サイクルを大幅に短縮するために、新しいハイブリッドソルバーソリューションが利用可能になりました。このウェビナーでは、3D-FEMのみに依存する一般的なソルバーに比べて大きな利点があり、一般的なフィルターとホーンアンテナの設計例を使用して、このようなコンポーネントの迅速な合成と最適化について紹介します。

Webinars

初めてのダブルデータレート(DDRx)メモリインターフェースの設計

ますます多くのスマート接続デバイスが高速DDRxメモリインターフェースを必要としています。メモリ回路の設計には常に注意が必要ですが、DDRメモリのPCBレイアウトはより要求が厳しく、特に最新のDDRxメモリインターフェース規格では、従来のルールベースのアプローチではもはや十分ではありません。 本ウェビナーでは、Altair PollExを用いたDDRxタイミング、伝送ライン、トポロジー、およびターミネーションの最適化により、いかにシグナルインテグリティを確保するかをご覧頂けます。

Webinars

レーダーおよび無線システムのカバレッジの最適化 - 電子システム設計ウェビナーシリーズ #06

シミュレーションを使用して、無線およびレーダーシステムによって提供されるカバレッジを予測、分析、最適化、および計画することは、開発、計画の時間、コストともに削減するための鍵です。また、場合によっては、これが通信の問題を特定して修正するための唯一の実行可能なアプローチとなります。このウェビナーでは、大規模な地形、都市、または内部の詳細を備えた建物など、複雑な環境での電波伝搬解析のシミュレーション戦略の概要を説明します。さらに、干渉と妨害の影響について説明し、多くの送信機を備えたシステムの周波数割り当てを自動的に最適化する方法について説明します。

Webinars

PCB製造の最適化

Altair PollExが潜在的な問題を早期に特定し、PCB製造効率を向上させることにより、新製品導入(NPI)をより早く収益性の高いものにする方法を紹介します。PollExのDFMおよびDFAは、包括的な製造/ 組み立てのための分析ツールであり、テスト、フレックス/リジッドフレックス、基板、パネルの機能が含まれます。 本ウェビナーでは、製造、組み立て、完成品のテストのために製造および検証データを生産ラインの機械に反映する方法をご覧頂けます。

Webinars

CFD製品でお悩みの方、熱流体解析をはじめたい方必見!有限要素法で実現する“簡単・高速・高精度”熱流体解析セミナー

Altairシミュレーション製品に含まれる熱流体解析ソフトウェアは高速かつ高精度なソルバーに加え、プリポスト処理を一貫した環境で実施できる統合的なソリューションです。本ウェビナーでは、有限要素ベースの汎用熱流体解析ソルバーAltair AcuSolveを中心に、CFDツールの導入と解析手法についてご紹介します。

Webinars

FITウェビナー「ポストコロナの経済再開に伴う人手不足を乗り切る!米金融機関の業務効率化事例」

2021年7月21日開催のニッキン主催「FITウェビナー」にて、「ポストコロナの経済再開に伴う人手不足を乗り切る!米金融機関の業務効率化事例」をテーマに講演させていただきました。 https://fit.nikkin.co.jp/event/detail/fweb210721_02 新型コロナワクチンの普及により経済再開が急速に進む米国では、人手不足が喫緊の課題となっています。 DX先進国である北米の金融機関では、データとAIを活用して業務効率化を徹底的に進め、この危機を乗り越えようとしています。 本セミナーでは、米国金融機関の業務自動化事例を2つご紹介します。 -------------------------- ①消込業務や照合、報告書作成業務は属人化しやすく、多くの工数が割かれています。PDFや取引明細形式など異なるシステムからのデータ集計作業を自動化し、人的ミスや作業時間を削減、担当者の負担を軽減した事例をデモを交えてご紹介します。 ②新しい手口が続発し、多くの人件費が費やされている不正検知においても、ルールベースと機械学習を組み合わせ、ハイブリッド型の不正取引リアルタイム監視システムとして自動化が可能です。さらに、不正データが少ない環境でも精度の高い不正予測モデルを開発する手法も併せてご紹介します。 --------------------------

Webinars

Altair InspireによるPCスタンドの最適化手順例

Altair最適化コンテスト(AOC)の事例として紹介しているPCスタンドの最適化手法を解説しています。

Tutorials

Altairシミュレーション製品の新たな可能性、離散要素法ソフトウェアAltair EDEMウェビナー

固体と流体のどちらのようにも動作する粒状物質の二つの性質を捕らえ、その挙動をシミュレートできる離散要素法(DEM)は、鉱業や農業、食品加工、医薬産業をはじめとする様々な業界で活用されています。 粒子挙動解析ソフトウェアAltair EDEMは実世界のバルク/粒子材料(岩石、粉体、粒子、繊維、錠剤など)をモデル化し挙動を検証できます。さらに、FEAやMBDツールと組み合わせることで、構造解析や機構解析における材料負荷を考慮できます。本ウェビナーでは、Altair EDEMの概要と活用方法について、導入事例を交えてご紹介します。

Webinars

大規模対応・超高速構造解析により開発期間を短縮!進化したSimSolidによる開発プロセス改革セミナー

形状の簡略化やメッシュ作成といったノウハウを必要とせず、大規模CADモデルをそのまま高速解析できるAltair SimSolidは、リリース以来数多くのユーザー様に活用いただいています。開発初期段階で数多くのアイデアを高速に検証したり、今までは解析できなかった大規模モデルを解析することで、後工程での繰り返し作業を削減できます。 本セミナーでは多くの企業が開発プロセスの改革を実現しているSimSolidについて、製品概要や近年の進化ポイント、活用のためのアイデアをご紹介します。

Webinars

電磁放射ハザードコンプライアンスのための設計 - 電子システム設計ウェビナーシリーズ #05

5G、V2V通信、e-モビリティ、IoTなどの新技術により、環境内の電磁界ソースの数が増加します。このような電子システムを設計するときは、電磁放射ハザード基準(ICNIRP 2020など)への準拠を保証する必要があります。このウェビナーでは、人員、兵器、および燃料に対する電磁放射の危険性と、Altairテクノロジーを使用した数値解析によってこれを軽減する方法について説明します。防衛、自動車、電気通信のケースヒストリーが提示されます。

Webinars

電子システムの信頼性と検証方法 - PCBウェビナー#01

最小限の繰り返し作業で信頼性の高い電子システムを設計することは、タイムトゥマーケットの点で非常に重要です。Altair PollExはPCBレイアウトの早期確認および改善に貢献します。さらに、シグナルインテグリティ、パワーインテグリティ、熱、EMI脆弱性、ESD保護に関する高速シミュレーションツールにより、「経験則」に依存しない堅牢な設計を推進することができます。本ウェビナーでは、PollExが、すべての主要なECADシステムへの卓越した接続性を備え、既存のツールチェーンにどのように適合するかをご覧いただけます。

Webinars

機械学習を導入したい方必見!AutoMLによるベストな予測モデルの構築ウェビナー

DX(デジタルトランスフォーメーション)が推進される一方、データサイエンティストは人材不足で採用難が続き、社内育成は時間もコストも大きな負担となっています。 そうした中、注目されているのが「自動化された機械学習(AutoML)」です。AutoMLは、複雑な機械学習モデルの構築を全自動で行い、分析まで実行します。 プログラミング知識が不要(ノーコード)で誰でも使えると言われますが、 「本当に簡単なのか?」 「どの機械学習アルゴリズムがベストなのか?」 「結局データサイエンティストがいないと適切な分析はできないのではないか?」 などの疑問をお持ちではないでしょうか。 本ウェビナーでは、AutoMLにも対応した機械学習・予測分析ソリューションAltair Knowledge Studioを実際に使いながら、機械学習ツールの使用方法を解説します。 社内のデータ活用についてお困りごとのある方、機械学習・予測分析ツールの導入を検討されている方は、ぜひご覧ください。 【 セミナーの内容 】 ・機械学習の基礎(回帰 / クラスタリング / 決定木 / ディープラーニング) ・機械学習ツールとは?  学習精度、使い方、使えるアルゴリズム、AutoMLって何?といった  ツールの疑問や注目される理由をお話します ・機械学習の活用方法  製造、小売、金融、保険、医療ヘルスケア、エネルギーなどの  活用事例をご紹介します

Webinars

レーダーシステムのRCSと散乱シミュレーション - 電子システム設計ウェビナーシリーズ #04

革新とデジタル化は、電磁界シミュレーションが不可欠になっている高度な検出システム、自動運転車、ステルス技術を設計する際の重要な要素です。このウェビナーでは、レーダー断面積(RCS)と散乱計算にとって重要な中心的概念について説明します。これには、さまざまなアプリケーションの調査が含まれ、確立された業界をリードするソリューションを活用して、顧客が困難な問題を解決するのに役立つ最新の機能のいくつかに焦点を当てます。

Webinars

誰でもカンタン、手軽にモータ性能評価

モータの基本性能の評価では、部署に代々伝わる"秘伝のタレ"のような表計算のスプレッドシートを利用されているというお話をよく耳にします。そのようなスプレッドシートは熟練したモータ設計者には使いやすくても、異なるバックグランドを持つエンジニアにはわかりにくいものです。Altair FluxMotorは、誰でも簡単かつ手軽にモータの性能を評価できます。 本ウェビナーではオンラインデモを含めて、モータの形状定義、性能評価、結果の確認など取り扱います。有限要素法を利用した磁界解析のような、CAEの経験がない方でもすぐに使えるモータ設計ツールFluxMotorの活用方法をご紹介します。

Webinars

射出繊維配向からの構造解析

<チュートリアル>射出繊維配向からの構造解析2021_0.0.0 以下の演習書となっています。

  • Inspire Mold で射出成型解析を行い、強化繊維の繊維配向テンソルを取得する
  • HyperWorks で構造解析用メッシュに、繊維配向テンソルをマッピングする
  • MultiScale Designer で強化繊維の入った樹脂材料 CFRP の材料データを作る
  • OptiStruct と Radioss で繊維配向、CFRP 材料特性を考慮した構造解析を行う
各節が独立しているため、Inspire Moldの超入門、MultiScale Designer の入門としても最適です。

Tutorials

基板からの放射エミッションを考慮したEMCシミュレーションウェビナー

設計やエンジニアリングの工程では、製品やシステムを1つの系として捉える必要があります。今日の製品開発においては、とりわけ機械挙動とエレクトロニクスの統合設計が欠かせません。 本ウェビナーでは、プリント基板(PCB)からの放射エミッションと環境の干渉を評価するため、電磁界解析ソフトウェアAltair Fekoとプリント基板設計ソフトウェアAltair PollExを連携させた解析ワークフローの事例を解説します。 PollExとFekoの連携により、設計とEMCエンジニア、設計と生産技術、設計とデバイスメーカにおいて同じツール環境の構築が可能となり、製品開発のQCDが大幅に向上します。 対 象:EMCエンジニア、回路設計者、先行開発エンジニア 放送日:2021年6月3日

Webinars

タイヤの弾性変形を考慮した車両の砂地走行シミュレーション手法のご紹介

バルク材挙動シミュレーションAltair EDEMによる砂地モデリングと機構解析Altair MotionSolveによる車両モデリングにより車両の砂地走行評価が可能です。 この度、Altairパートナーアライアンス(APA)製品として、Pratt Miller社からPM-FlexTireがリリースされました。これにより弾性変形するタイヤと離散要素でモデル化した砂地との相互作用を考慮できるようになり、より精度の高い車両の砂地走行評価が可能となりました。 本ウェビナーでは、PM Flex Tireの概要、EDEM / MotionSolveとの連携方法およびピックアップトラックの走行シミュレーション事例を紹介します。

Webinars

【HyperWorks 2021ウェビナーシリーズ】ポスト処理時間を大幅に短縮 /Report機能のご紹介

プリポストプラットフォームHyperWorks 2021のインターフェイスが刷新されました。 HyperWorks Desktop 2019.1.1より標準機能として搭載されたReport機能がリボンメニューに加わり、アルテアのプリポスト製品をご利用のお客様にとっても、より使いやすい環境になりました。 本ウェビナーでは、新しいGUI環境およびReport機能について、デモを交えながら紹介いたします。 対 象:Altairシミュレーションソフトウェアユーザー、Altairのプリポストツールにご興味のある方 参加費:無料 放送日:2021年5月27日

Webinars

2輪車の直進安定・不安定性評価手法のご紹介(ウォブル・ウィーブモードの原因と対策)ウェビナー

2輪車の直進不安定を引き起こすウォブル・ウィーブモード(wobble / weave mode)を機構解析ソフトウェアAltair MotionSolveの2輪ライブラリを用いて再現します。 また、実験計画法・最適化ツールAltair HyperStudyにより、どの設計変数の組み合わせがウォブル・ウィーブモードを引き起こしやすいかを探索します。 最後に、ホイールの回転効果を考慮した複素固有値解析により、発生メカニズムを考察します。

Webinars

複雑なレドーム電磁界シミュレーションを数分で - 電子システム設計ウェビナーシリーズ #03

レドームは、レーダーへの電磁信号を劣化させることなく、アンテナと電子機器を悪天候や環境要因から保護する構造的な筐体です。アンテナの電気的性能への影響を最小限に抑え、構造的および風荷重性能要件に耐えるように設計されています。これらは、航空宇宙、防衛、電子機器、電気通信など、複数の業界で使用されています。レドーム、特に複数の層と湾曲したFSS要素を含むレドームは複雑であり、これらのシステムのモデリングとシミュレーションは通常、完了するまでに数日から数週間かかる場合があります。Altairの合理化されたレドームシミュレーションソリューションは、この時間を数分に短縮します。 このウェビナーでは、Altairのレドームシミュレーションソリューションと、レドームシステムを設計するためのアプリケーションについて概説します。

Webinars

圧倒的スピードを誇るメッシュレス構造解析ツールAltair SimSolid

シミュレーションを導入したものの、解析モデル作成のノウハウ不足や、大規模モデルの計算時間などがネックとなっていませんか?構造解析ツールAltair SimSolidなら、CADの読込みから解析結果取得までが圧倒的に早く、アイディアの数だけ解析を実施できます。解析から得た知見を設計に反映させ、設計品質の早期向上を実現し、開発時間・コストの大幅な削減を可能にします。

Webinars

【ウェビナー】複雑なExcel関数や面倒な繰り返し作業から解放される!マウス操作で簡単データ整備術

便利なSaaSやシステムを使っていても、ファイルを統合してインポート用のデータを作成したり、出力したデータを分析するために関数を書いたり、Excelでデータを処理する機会は意外と多くあります。システムにデータをインポートするためにファイルを統合したり、出力したデータを分析するためにフォーマットを整えるために関数を書いたり、列をいちいち並び替えたり。 面倒な単純作業に、時間を取られていませんか? マーケティング部門であれば、広告やキャンペーンの実施結果や顧客データ、購入したマーケットデータ。カスタマーサポート部門であれば、顧客からのお問い合わせデータ、保証内容。他にも取引先や製品管理、実験結果データの管理など、いわゆる「データ整備」と無縁の部門はほとんどありません。 本ウェビナーでは、さまざまなデータ整備作業を例に、 ● データ整形やリストの修正作業 ● 複数のファイルのデータ突合せ、フォーマットの変換、データ結合 ● 定期的な作業の自動化 などを、メニューとマウス操作で簡単に出来るツールを実際に使いながらご紹介します。“ちょっと面倒な”作業をもっと「早く」「簡単に」「確実に」行いたいすべての方にご覧いただきたい内容です。

Webinars

【APA紹介ウェビナー】迅速さと正確さで競争を勝ち抜く – 車両電動化の推進手法ウェビナー

電動化開発の加速は、HEVやBEV、FCVなど、多岐にわたる駆動方式を扱わなければならないエンジニアにとって、大きなチャレンジに他なりません。 本セッションでは、様々なアーキテクチャの比較検討、コンポーネントおよびシステムの最適化、そしてフロントローディングによる開発期間短縮を目的とした、シミュレーション技術の活用についてご紹介します。 対 象:エンジン、ドライブライン、電気機器、油圧機器といったシステム製品のモデルベース開発に興味のある設計、CAE などの技術者 2021年5月18日開催

Webinars

ぎしぎしがたがた、異音リスクを予測・対策するSqueak and Rattle Directorウェビナー

今後普及が予測されるEVの開発では、内燃機関がなくなることによって顕在化するきしみ・がたつきなどの異音対策が重要になります。またその他の工業製品においても、利用者にとって不快な異音を低減することは製品の価値を高めるうえで重要です。 AltairのSqueak and Rattle Director(SnRD)を使用することで、アセンブリ内で生じる異音・低級音の原因を排除するための設計案を、迅速に割り出すことができます。設計の初期段階で問題となる領域を特定することで、製品の品質を改善できるだけでなく、コストと時間の大幅な節減も可能になります。 本ウェビナーでは、近年のアップデートや国内外のユーザ様の活用事例を交えながら、SnRDを用いた異音リスクの予測・対策の一連のフローについてご紹介します。 対 象:異音・低級音にお困りの設計者、CAE担当者。対象部品はドア・インパネ等の自動車部品、電機業界ではスピーカーやその他車載器具など 参加費:無料 放送日:2021年5月18日

Webinars

プリント基板設計データの活用 シミュレーションで信頼性を高めるウェビナー

あらゆるモノが電波を発する今日、多機能性を実現する回路の高速化、実装性を向上する高集積化、様々な使用状況を想定した検証の必要性など、電子回路基板の設計は複雑かつ高難度化しています。 Altairのシミュレーションソフトウェアは、高度化する基板設計の課題を解決する最適なソリューションです。 本ウェビナーでは、プリント基板(PCB)信頼性検証をテーマに、PCB設計データの効率的な運用、性能検証シミュレーション、PCB搭載品の検証シミュレーションを可能にするAltairのソリューションをご紹介します。 対 象:PCB設計に携わる方 参加費:無料 放送日:2021年5月13日

Webinars

I/Oリソースの監視と分析 - Altair Mistral / Altair Breeze

Altairは2020年9月にイギリスに本社を置くEllexus社を買収し、新たにHPC管理ソリューションの強化を行い、Altair MistralとAltair Breezeをリリースしました。 Altair Mistralはストレージシステムに依存せず、ファイルやネットワークのI/Oをジョブ単位でリアルタイムに監視してI/Oの遅延やボトルネックを突き止め、ジョブの実行時間の短縮やリソース利用率の向上を達成できます。Altair Breezeは、より詳細に、全てのファイルとプロセスについてのI/Oを監視する事ができ、I/Oエキスパート、管理者に大変役に立つツールです。 本ウェビナーではMistral、Breezeの活用方法をデモを交えてわかりやすくご紹介します。

Webinars

【APA紹介ウェビナー】 CAE NVHデータを聴いて理解できる環境を実現する VI-grade Insight+

車の音と振動は運転体験の本質的要素で、顧客の購入の意思決定、品質の実感、安心感などに大きく影響します。そのため、車両開発ではNVH特性を設計するために膨大な量のCAEや試験技術が応用されています。これらのデータの多くは数値やグラフなどの視覚的情報で提供されています。しかし、人間は音や振動として理解するため、それらデータだけでは自信を持った意思決定は困難です。 本ウェビナーでは、CAEデータと試験データを連携させ、設計車両の音を試作前に視聴し、NVH目標や達成度を主観評価に基づいて判断することを可能にする VI-grade Insight+ の特徴と適用例をご紹介します。

Webinars

大規模プラットフォームにおけるコサイト干渉の軽減 - 電子システム設計ウェビナーシリーズ #02

フリゲート艦、戦闘機、装甲車両などのプラットフォームでは、通信システム(SATCOMを含む)、レーダー、測位システムなどのさまざまな電子システムのために、送信/受信アンテナを多用することがしばしばあります。これらのシステムは異なる周波数で動作している場合でも、近接しているために干渉する可能性があります。電磁界シミュレーションツールを使用してコサイト干渉を分析する際、以下の2点が重要となります。 ・プラットフォームが複雑で、Line of sightが存在しない場合でも、広い周波数範囲にわたるアンテナ間の結合を正確に決定すること ・高調波、相互変調、IFブレークスルー、イメージ周波数などの非線形電子効果の影響、TxおよびRxスペクトル、およびレシーバーブロッキングの考慮 本ウェビナーでは、コサイト干渉を分析するAltairのシステムソリューションを、干渉の原因を特定・排除するまでの実例をもとにご紹介します。

Webinars

Altairの音響解析ソリューション(2021)

製品本来のパフォーマンスを発揮するため、また、商品力やブランドイメージ向上のため、機械や構造物が発する振動や騒音を低減することは必要不可欠です。 このような振動や音響の解析は、自動車の分野ではNoise、Vibration、Harshnessの頭文字をとってNVH解析と呼ばれます。自動車のほか航空宇宙、船舶、鉄道などの輸送機器の開発においてもこのNVH解析が進められています。また、家電や建築業界においても製品開発に同様の技術が適用されています。 Altairのシミュレーション製品にはNVH解析を実行するための様々なツールが含まれています。本セミナーではこれらのツールの詳細と解析事例をご紹介します。

Webinars

Altair Enlighten Award Webinar

Altair Enlighten Awardは、自動車の軽量化とサステナビリティの取り組みを表彰する唯一の賞です。ますます厳しくなる軽量化目標の達成に貢献しているサプライヤーを含め、自動車の軽量化と排出ガス削減目標の達成に向けた取り組みが正当に評価されることを目指し、世界中から車両軽量化に寄与した製品や技術を表彰します。 本ウェビナーでは、自動車軽量化のための最新テクノロジー、開発手法・プロセス、材料、サステナブルな取り組みについて、歴代Enlighten Awardの受賞者が一堂に会し、発表・討論します。

Webinars

ライセンス利用のモニタリングとコストダウン - Altair SAO

高額なライセンスが実際にはどれくらい利用されているのか適切にモニタリングできていますか? 本ウェビナーでは、ライセンス使用状況のリアルタイムモニタリングや、過去の利用履歴から保有すべきライセンスを最適化するAltair SAOの各種機能をご紹介します。Altair SAOは、Altairのソフトウェア以外のライセンス使用状況も監視できます。ぜひ御社のソフトウェアライセンスのコスト削減や、不適切な配分により生じていた機会損失の最小化にお役立てください。

Webinars

【APA紹介ウェビナー】塑性加工工程シミュレーション​ by AFDEX​

AFDEXは、多目的の塑性加工プロセス解析およびマルチボディ構造解析ソフトウェアです。剛塑性または弾熱粘塑性有限要素法を理論的背景とし、2次元や3次元モジュールにはそれぞれ四角形要素とMINI-四面体要素が使われています。初期バルク塑性加工解析から始まったAFDEXは、板鍛造や薄板塑性加工評価にも使われるなど、適用領域が拡大されています。本ウェビナーでは、AFDEXの詳しい特徴、導入事例、15年間蓄積された開発者の経験をご紹介します。

Webinars

オンラインセミナー:ローカル5Gの干渉調整に最適!電波伝搬解析ソリューション

通信キャリアが展開する5Gとは別に、事業者が個別にサービスを展開できるローカル5Gが注目を集めています。 ローカル5Gの展開には、電波の干渉が発生しないよう事業者間の干渉調整が求められ、指定された伝搬損失モデルを適用した電波伝搬解析が必須となっています。 アルテアエンジニアリングが提供する「Altair WinProp(ウィンプロップ)」は、ITU-R P.1411、および拡張秦式による伝搬損失モデルを搭載しており、それらのモデルを用いた電波伝搬解析を簡単に実施できることから、ローカル5Gサービスを展開する事業者に最適のツールです。 当セミナーでは、ローカル5Gに期待される用途と電波伝搬解析の活用についてご紹介します。 *2021年4月14日~16日に開催されたInterop21 Tokyoで行ったセミナーの録画です。

Webinars

ロバストなプリプロセッサと多彩なソルバーの統合環境Altairマルチフィジックスプラットフォーム

先日リリースしたバージョン2021で、高性能なモデリング技術と柔軟なワークフローを備えたシミュレーション環境が公開されました。 Altairは設立以来メッシング・プリポストの開発に取り組み、CAE黎明期からモデリング技術で市場をリードし続けています。さらに、非線形構造解析やCFD、電磁界など、解析ソリューションを絶えず拡充・開発し、最先端のソルバー技術も有しています。 本ウェビナーでは、これらの技術を統合した新しい「Altair マルチフィジックスプラットフォーム」の最新情報をお届けします。

Webinars

【APA紹介ウェビナー】SimLabとFEMFATの連携によるソリッド要素を用いたアーク溶接部の疲労強度解析

アーク溶接構造をもつ製品の疲労強度評価は、シェル要素を用いた簡易モデルによる評価と、ソリッド要素を用いた詳細モデルによる評価が用いられています。 本ウェビナーでは、Altair SimLabによる高効率なアーク溶接部のモデル作成と、FEMFATによるソリッド要素を用いたアーク溶接部の疲労解析の連携プロセスと適用事例をご紹介します。

Webinars

いつまで製品が壊れない?疲労解析・ランダム疲労解析入門

本セミナーでは、構造物が壊れる(破断する)までの期間予測や評価、日常生活での利用を想定したランダムな振動による荷重環境下での解析手法をご紹介します。また、実製品に忠実な材料特性を適用できるAltair Material Data Centerの特長や導入方法についても解説します。

Webinars

【APA紹介ウェビナー】 面倒なデータの前処理を自動化し、解析業務に集中できる環境を-CADdoctorのCADデータ修正/形状簡略化機能

エリジオンのCADdoctorは、人に代わってCADモデルのエラーを抜けもれなく見つけ出しスピーディーに自動修正します。またCADでの設計手順情報が含まれていないデータであっても、形状からフィレット・穴・突起などを認識して削除まで行います。 本ウェビナーでは、それら「データ検証・修正」「形状簡略化」機能のほか、点群・ポリゴンからCADモデルを生成する「リバースエンジニアリング」機能など、解析前のデータ前処理にかかるお客さまの負担を減らし、さらに解析のスピード・精度向上を実現するCADdoctorの多彩な機能をご紹介します。

Webinars

3Dプリント向けシミュレーションツールAltair Inspire Print3Dでできること

設計されたパートを造形(3Dプリント)する前に Altair Inspire Print3D で様々な検討が可能です。造形時間、残留応力、熱変形、サポート材料などの最小化機能を紹介します。 ◆Altair Inspire Print3Dとは 3Dプリンティングに適した設計とシミュレーションソフトウェアで、材料使用量、プリント時間、後処理を低減し、開発や積層造形のコスト削減を可能にします。レーザー溶融法(SLM)部品の設計と製造プロセスをシミュレーションできます。

Quick Start

アンテナ設置性能の最適化 - 電子システム設計ウェビナーシリーズ #01

新しいアンテナの設計と大規模なプラットフォームに設置されたアンテナの性能分析には、高性能コンピューティング(HPC)環境で実行できる拡張性の高い電磁界ソリューションが必要です。電磁気学およびHPCテクノロジーの先駆的な企業としてAltairが独自に提供する電磁気学ソリューションは、アンテナの設置性能の迅速な設計/評価を可能します。このウェビナーでは以下のトピックをご紹介します。

  1. アンテナの設計と開発を加速する直感的なガイド付きワークフロー
  2. 大規模構造の高忠実度解析のためのプライベートおよびクラウドHPCリソースとのシームレスな統合
  3. 卓越した結果の精度
  4. 複数の動作環境シナリオ内でアンテナのパフォーマンスを評価する機能

Webinars

元サムスン社員が語る、電子設計における最速タイム・トゥ・マーケットの実現

韓国サムスンで30年近く電子設計に携わった後、プリント基板(PCB)設計支援ソフトウェアPollExの開発に従事している技術者による講演です。電子設計、回路設計、基板設計に関わる方はぜひご覧ください。

Webinars

Altair HyperWorks Unlimited - Virtual Appliance ご紹介動画

HyperWorks Unlimitedでは、力学、流体、電磁界などをシミュレーションするための各種Altair HyperWorks®ソルバーソフトウェアを無制限に使用して、モデリング、可視化、最適化を実行できます。

Product Overview Videos

Altair Unlimited – セッションジョブ投入方法とソルバージョブ投入方法-

Altair Unlimited は、すぐにご利用頂ける最先端のCAEクラウドアプライアンスです。パブリッククラウド上のLinux計算サーバーでAltair Units ENT(アルテア全製品)が利用可能なので、ソフトウェアとハードウェアのコストを削減しつつ、様々なニーズに対応することが可能です。アプライアンス内において、アルテアのソフトウェアライセンスを無制限に使用することが出来ます。

Quick Start

DEM x CFD x 機構のAltair3製品を組合せ - 機構の挙動や流れを考慮した新しい粉粒体解析

この度、当社ではDEMの解析ソリューションと流体解析、機構解析を連成する機能を開発し、3つの異なる分野の連成解析のサポートが可能となりました。本ウェビナーでは、この新たなDEMソリューションの詳細と製品情報を紹介します。

Webinars

Altair EDEM製品紹介(ウェビナー「機構の挙動や流れを考慮した新しい粉粒体解析」より)

Altair EDEMの最新バージョンをご紹介します。本講演は2021年2月24日に放送されたウェビナー「DEM x CFD x 機構のAltair3製品を組合せ - 機構の挙動や流れを考慮した新しい粉粒体解析」内にて行われました。

Webinars

AMLコンファレンス2021「キャッシュレス決済不正利用ケースから考える 新たな不正パターンに追随する不正利用予測検知 ~機械学習の予測モデルを取り入れたリアルタイムモニタリング~」

2021年2月22日開催のグッドウェイ主催「AMLコンファレンス2021」にて、近年のキャッシュレス決済不正を題材に当社の金融不正利用予測検知のソリューションをご紹介しました。 IT技術の進化により日々新たな不正パターンが生まれ、金融機関は即座な不正利用への対応を求められます。Altairのソリューション機械学習の予測モデルを取り入れたリアルタイムモニタリングで、新たな不正への取り組みを強化しましょう。

Webinars

Altair FekoによるAPI基板単体、製品全体のEMI評価 - 計測とシミュレーションを活用したEMC対策

2021年2月9日に開催されたウェビナー「計測とシミュレーションを活用したEMC対策」の講演アーカイブ第1回です。本ウェビナーでは筐体、ハーネス、コネクタなどを含む製品全体の電磁界シミュレーションが可能なAltair Fekoと、EMCエンジニアと電子設計者を結ぶAltair PollExによるEMC対策ソリューションをご案内します。

Webinars
1 2 3 4 5 6 7 Next

There may be more resources in English. Click here to view all English results.

Have a Question? If you need assistance beyond what is provided above, please contact us.
Loading...