Altair Activateの適用分野

Altair Activate®の適用分野

Altair Activateは、複合システム(Systems of Systems)として幅広い製品のモデリングおよびシミュレーションに適用でき、より良い設計をより早く見つけることができます。あらゆる産業において、製品はますます複雑化し、電化され、さらにはスマートでコネクテッドになっています。

複合的なシステムレベルのシミュレーション機能は、スマートで複雑なメカトロニクスシステムの総合的な開発を支援するとともに、製品開発のチームワークとワークフローの合理化を可能にします。Altair Activateは、メカニカルサブシステム、エレクトリックサブシステム、コントロールサブシステム、エレクトロニックサブシステム、ソフトウェア、 Hardware-in-the-Loop、データアナリティクスなどの間のサイロを解消します。

Altair Activateの詳細
統合された複合領域システム

統合された複合領域システム

機械、電気、制御の各サブシステム(センサーやアクチュエーターを含む)のモデルを統合し、メカトロニクス製品を複合システム(Systems of Systems)として総合的にシミュレートします。Altairの他のCAEツール(Altair® MotionSolve®およびAltair® Flux® )、またはオープンスタンダードであるFMI(Functional Mockup Interface)を介したサードパーティのツールとのモデル交換や共同シミュレーションが可能です。

Schneider Electric社の事例を読む
電気自動車(EV)システム

電気自動車(EV)システム

モーター、バッテリー、コントローラーを備えた機械的なプラントモデルを、現実的なドライブサイクルと組み合わせて、さまざまなタイプの自動車の電動パワートレインをシミュレートします。そして、電気自動車の全体的な性能を最適化します(オプションとして、Altair® HyperStudy®との併用が可能)。

ポルシェとアルテアの技術論文を読む
1D熱流体力学システム

1D熱流体力学システム

熱流体システムダイナミクスを、3D CFDのみではなく、1Dモデリングとシミュレーションを用いてモデル化することで、ほぼ同等の精度の結果を、より短時間で得ることができます。これにより、より多くの設計検討と、より短時間での性能の最適化が可能になります。

Cimbali Group社の事例を読む
モデルベースシステムエンジニアリング(MBSE)

モデルベースシステムエンジニアリング(MBSE)

製品レベルのシステムシミュレーションを、製品の機能要件(ModelCenter MBSE )を介してSysMLから取得したものなど)に接続し、システムモデルが仮想製品開発活動のAuthoritative Source of Truth(AST)として機能するようにします。

海軍航空システム・コマンド(NAVAIR)の事例を読む

プロジェクトベースの学習

メカトロニクス教育キット

AltairのパートナーであるACROME社のハードウェアキットを、無償のデジタルツインシミュレーションモデルと教材とともに使用できます。

詳細はこちら

おすすめリソース

モデルベース開発を全てのエンジニアに - Altair Activate

モデルベース開発手法においては、設計の初期段階ですべての設計因子を検討するため、複合領域や複合手法の連成シミュレーションが必要です。 Altair Activateでは、複合領域での1Dシミュレーションを実現するために、制御システムや信号処理に適したシグナルベース、物理コンポーネントのためのModelica、電気回路のためのSPICEの3つのダイアグラムを混在させることができます。 また、電磁場やマルチボディ等の3Dシミュレーションツールとのダイレクトインターフェースを装備しているほか、連成シミュレーションのための汎用インターフェースFMIも完全装備しており、1D-3Dの連成シミュレーションを容易に実現できます。

Brochures

複合領域システムの設計アプローチを用いた小型ブレーカーの開発

極めて短い期間での市場投入要求の下、小型ブレーカの自動再閉路装置の既存の標準設計を、新しい地域でのさまざまな動作条件(電圧や温度など)に適合させるという課題を抱えたSchneider Electric社の成功事例

Customer Stories

最適化された軽量なマイニングダンプトラック

日立建機株式会社の子会社、日立建機トラック(カナダ)は、軽量、低コスト、長い疲労寿命など、短い開発期間で多くの設計基準を満たす新しいトラックの設計に高効率な設計・解析ツールを必要としていました。

Customer Stories

JATC2019 ランニングシューズ開発におけるソール粘弾性の部位ごとの最適化 3-07

平井 森 様 グローバルフットウエアプロダクト本部 デザイン・開発部 | ミズノ株式会社 ランニングシューズの設計支援のための環境をMotionSolve / Activate / HyperStudyを連携させて構築する内容を紹介します。 ヒト-シューズ系をモデリングし、シューズのソール部分のばね的特性を変化させたときのヒトの運動の変化を捉え、最適なソール設計を見つけることを目指しています。

Conference Presentations
すべての資料を見る