Altair Accelerator

業界随一のスピードを誇る企業向けジョブスケジューラー

Altair Acceleratorとは

Altair Acceleratorは、半導体設計(EDA)およびハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)の複雑なニーズに応えるために設計された、企業向けの高スループットのジョブスケジューラーです。適応性が非常に高く、小規模な専用サーバーファームから複雑な分散HPC環境やクラスタ環境まで、様々な計算インフラストラクチャーを管理できます。

Plusパッケージ(Altair Accelerator Plus)には、ベーススケジューラーの負荷を軽減するための階層型スケジューラーが搭載されているため、スループットの向上、ライセンスおよびリソース利用率の向上、さらにはスケジューラー使用モデルの柔軟性の向上を実現できます。

ビデオをみる

Acceleratorが人気の理由

設計者のために

1ミリ秒未満のレイテンシにより、最高のパフォーマンスとユーザーエクスペリエンスを提供。さらに、重要なジョブリソース(CPU、メモリ、ライセンス)を隅々まで可視化。

インフラ面の利点

最適なリソース利用のためのスケーラブルな小フットプリントアーキテクチャー。アラートや通知をカスタマイズ可能。実行中のジョブに影響を与えることなく短時間で再起動。

管理面の利点

高キャパシティでスケーラブルなアーキテクチャーにより、1日に数百万単位のジョブをスケジューリング可能。包括的なポリシー管理機能を使って、組織の優先順位を管理。

主なメリット

スループットの最大化

1日に数百万単位のジョブを実行できます。小さなメモリフットプリントと1ミリ秒未満のディスパッチレイテンシを兼ね備えたスケーラブルなイベント駆動型アーキテクチャーにより、設計解析を加速させ、キャパシティ利用率を最大化します。

No Graphic

包括的なポリシー管理

フェアシェアやプリエンプションなどを含む包括的なポリシー管理機能により、ポリシーの設定・変更やワークロード環境の最適化に欠かせない可制御性と可観測性を提供します。

No Graphic

ジョブの優先順位付け

ジョブのプリエンプションや予約を行うことで、緊急性の高いジョブを他の重要度の低いジョブより先に実行できます。実行中のジョブをサスペンドし、高優先度のジョブの完了後に再開することが可能なため、緊急のジョブに備えてライセンスを確保しておく必要がありません。

No Graphic

Altair Accelerator Plus

Plusパッケージは、マルチレイヤーのイベント駆動型ジョブスケジューリング機能や、設計者や管理者にとって便利な階層型構造を備えています。全機能を利用可能なGUIを使って、あらゆる情報を可視化可能です。

No Graphic

生産性の向上

可視化機能と異常特定機能により、様々なステータスのジョブ(完了、異常終了、待機中)を俯瞰的に確認できます。そのためシステム管理者は、どのジョブのステータスも簡単に特定でき、関連のレポートファイルを見ることでジョブの異常発生の原因を速やかに分析できます。

No Graphic

可視性の向上

Accelerator Plusでは、ワークフロー単位、プロジェクト単位、オンデマンドのいずれかの方法で組織内のリソースの割り当てと管理が可能です。全機能を利用可能なGUIから、各ジョブの詳細情報を可視化したり、キュー内のジョブ、実行中のジョブ、割り当て済みのリソースに関する統計情報を確認したりできます。

No Graphic

Altair Japanのメールマガジン

イベントや製品の最新情報を配信しています