Altair SimSolid™

迅速な設計反復を可能にする構造解析

Altair SimSolidとは

SimSolidは、設計エンジニア用の構造解析ソフトウェアです。従来のFEAにおいては、形状簡略化とメッシングの作業に特に時間と専門知識を必要としますが、SimSolidではこの2つの作業が必要ありません。

加えて、従来のFEAでは難しい、複雑なパートや大規模なアセンブリの解析も、デスクトップクラスのコンピュータで素早く計算することができます。スピードと正確性を兼ね備えたSimSolidは、独自のマルチパスアダプティブ解析を使って解の正確性を制御します。

SimSolidは、従来のCAD組込型のシミュレーションツールとは異なり、形状が全く簡略化されていない複雑なCADアセンブリでも数分で構造解析を完了できるため、設計者、エンジニア、および解析者にとって革新的なシミュレーション技術と言えます。

多数の設計シナリオも、実環境の条件下で迅速にシミュレーションでき、エンジニアリング上の意思決定の迅速化に役立つ強力なシミュレーションパワーを有するSimSolidは、高品質な製品を早期に開発し、競合他社の機先を制することに役立ちます。

現在では、自動車産業や建築分野のほか、バイオメカニクス、ロボティクスなどの分野でも活用され、時間とコストを抑えた設計を実現しています。

概要ビデオ

SimSolidの導入メリット

形状簡略化とメッシングが不要

従来のFEAの形状簡略化とメッシングは特に時間がかかり、広範な専門知識が求められるほか、ミスを招きやすい作業です。しかし、独自のテクノロジーを採用するSimSolidでは、この2つの作業が必要ありません。そのため、モデルの準備を数分で完了できます。

複雑で大規模なアセンブリも解析可能

従来のFEAでは実用的でない、複雑な部品や大規模アセンブリの解析を想定して開発されたSimSolidは、正確さを欠く形状にも難なく対応できます。隙間と重複形状の両方を含む粗い接触面の取り扱いに特に優れています。

数秒から数分で解析を完了

SimSolidの処理速度は驚異的では、標準的なPCでも秒単位や分単位で解析を完了できるため、複数の設計シナリオを高速に解析して比較できます。さらに、パート単位で正確性を指定できるため、必要に応じて詳細レベルを素早く掘り下げることも可能です。

主な特長

利用可能なソリューション

線形静的解析、モーダル解析、伝熱解析に加え、より複雑な熱応力連成解析、材料非線形解析、幾何学的非線形解析、動的応答解析(時間、周波数、ランダム応答)も可能

No Graphic

対応可能な接合タイプ

固着、スライド、ボルト / ナット、仮想コネクター、溶接(スポット、レーザー、隅肉)、リベットなどの一般的な全ての接合法をサポート

No Graphic

境界条件

固定、スライド、力、圧力、重力、熱荷重、慣性力、イナーシャリリーフ、静水圧、ベアリング荷重、ヒンジ荷重、およびリモート荷重

No Graphic

CADとの連携

一般的な全てのCADファイルフォーマットの読み込みが可能:CATIA、NX、PTC/Creo、Inventor、Fusion 360、SOLIDWORKS、Onshape、JT、STEP、VDA、Parasolid、ACIS、PLMXML、CGR、STL

No Graphic

結果タイプ

変位、応力、ひずみのコンタープロット、変形形状のアニメーション、最大 / 最小ラベル、ポイントプローブ、XYプロット、反力 / 接触力、ボルト / ナットの反力、スポット溶接部の反力、周波数とモード形状、モード寄与係数, 安全係数

No Graphic

その他の機能

  • モデル表示モード、パートの表示 / 非表示、結果表示に基づいて画像サムネイルとキャプションを生成
  • 結果をフル解像度の画像ファイルでエクスポート
  • SI とIPS の単位系が混在していても処理可能
  • 測定(距離、光プローブ、ローカル座標系)
  • グローバル / ローカル座標系
  • デフォルトビュー(前、後、左、右、上、下)
  • ビューのカスタマイズ
No Graphic

  1. CADのインポートと接合の定義
     
  2. 解析のセットアップと実行
     
  3. 結果の検討と評価
     
  4. 設計バリアントの解析と比較