Altair Inspire Mold

射出成形シミュレーション

Inspire Moldとは

プラスチックの射出成形は、同一の部品を大量生産するための確立された実証済みの工業製造プロセスです。Altair Inspire Moldは、射出成形部品の製造性考慮設計(DfM)を合理化するための近代的な統合アプローチを提供します。シミュレーションが最終的に民主化され、開発サイクルの早い段階で設計者や製品エンジニアの手に渡るようになったことで、オプションの検討が容易になり、製品の改良、スクラップや金型のリワークコストの削減が可能になりました。

迅速な解析で金型がどのように充填されるかを理解し、すべての高度な詳細物理シミュレーションでプロセスを深く掘り下げます。

金型設計の仮想試験、検証、修正、最適化を5段階のワークフローで簡単に行うことができ、射出成形部品の製造性評価にアクセスすることで、金型の製作に多額の資金を投じる前に、一般的な製造上の欠陥リスク(反り、シンクマーク、ショートショットなど)を軽減することができます。

Altairは、部品の初期設計や射出成形プロセスの理解から、強化エンジニアリングポリマーの材料マッピング、複雑な部品の構造性能と疲労性能の効率的な分析と最適化まで、革新的で製造可能な製品をより早く開発するための包括的なソリューションを提供しています。

Inspire Mold紹介ビデオ

Inspire Moldの導入メリット

製品開発コストの削減

開発プロセスの初期段階に製造上の欠陥を特定することで、コストのかかる金型試験や不合格率を低減します。

より良い製品設計の意思決定を初期段階で

より多くの情報に基づいて製品設計サイクルを短縮し、繰り返し計算を減らすことで、構造的に効率的で製造可能なより優れた部品の開発につながります。

生産準備を時間内、予算内で

シンプルな5段階のプロセスで変更が可能なため、製造可能性を「方法」ではなく「理由」で評価できます。

主要機能

金型設計の生成

3Dパーツ設計から初期金型を作成し、ランナーシステム、ゲート、ベント、その他の主要な金型コンポーネントのジオメトリを自動生成します。

No Graphic

金型/部品構成

複数のキャビティ、モールドインサート、スプルー、ランナーシステムなど、さまざまな構成を数秒でテストし、最適化します。

No Graphic

高度な物理シミュレーション

充填、保圧、冷却、反りのシミュレーションがサポートされています。

No Graphic

欠陥予測

シンクマーク、ショートショット、エアトラップ、ウェルドライン、ジェッティング、ヘジテーションなどの典型的な製造上の欠陥を簡単に検出できます。

No Graphic

繊維強化部品

繊維配向をシミュレーションし、複合材料の高度な構造解析に簡単に結果を適用できます。

No Graphic

材料データへのアクセス

60種類の材料データがInspire Moldに組み込まれており、Altair Material Data CenterMDC)も間もなく統合される予定で、MDCライセンス保有者は、信頼性の高い高品質な材料データに素早くアクセスできるようになります。 

No Graphic

Inspire Moldのワークフロー

  1. パートの選択
     
  2. ゲートシステムの指定・追加
     
  3. コンポーネントの指定・作成
     
  4. プロセスパラメータの設定
     
  5. 実行・解析結果
     

ハイライト

Wistia

計算スピード

 
Wistia

高精度

 
Wistia

繊維配向