inspire-form

Altair Inspire Form

完全なプレス成形シミュレーション環境

Altair Inspire Formは、製品設計者や生産プロセスエンジニアが設計を最適化し、優れた生産技術と材料コストの削減をシミュレーションするために効率的に使用される完全なプレス成形シミュレーション環境です。

高速で容易なワンステップ解析モジュールで、ユーザーは数秒で初期製品開発段階でのプレス成形性を予測できます。自動ブランクネスティングは展開ブランクのコイル状での歩留りを最大化する最適レイアウトを生成します。

インクリメンタル解析では、スケーラビリティの高いソルバーを搭載し、最新の直感的なユーザーインターフェースを使用してユーザーは多工程の成形工程、トリム工程、スプリングバック工程を繰り返しシミュレーションできるため、複雑さを軽減し、高品質の部品をより経済的に生産することができます。

Inspire Formの概要ビデオ

Inspire Formの導入メリット

より優れた製品の設計

Altair Inspire Formでは、製品設計サイクルの初期段階で部品の成形性を迅速かつ確実に評価できます。割れやしわなどの欠陥が生じる危険性をはらんだ箇所を視覚的に確認し、欠陥を除去して設計の総合的な品質を向上できます。

容易に使用可能

ワークフローがシンプルで非常に直感的なため、習得が容易で、すぐに業務に取り入れることができます。標準的なトレーニングセッションはわずか4~6時間ですが、ほとんどのユーザーが正式なレクチャーを受けることなく使いこなしています。

材料とコストの削減

Inspire Formは、製造性制約条件を考慮しながら、順送型プレス成形やトランスファー型プレス成形のレイアウトに適したネスティングのできる正確なブランク形状を予測することで、材料とコストを削減します。

主な特長

形状の作成と簡略化

Inspire Formの形状準備ツールでは、中立面の抽出、穴や切り欠きの充填、フランジの除去ができます。さらに、Altair Inspireの各種ツールを使って形状の作成や編集をすることも可能です。

No Graphic

モデルのセットアップ

直交座標系のパート形状データがある場合は最適なプレス方向が自動的に算出されますが、ユーザーがプレス方向を定義することもできます。また、ブランクホルダーとドロービードに対応する拘束力を適用することも可能です。ユーザーがプレス方向を定義することもできます。

No Graphic

材料ライブラリ

Inspire Formには、標準的なスチールおよびアルミニウムグレードの特性を収録した材料ライブラリが付属しています。新しい材料を作成してユーザーデータベースに保存することもできます。

No Graphic

解析と結果の可視化

解析終了時には、部品形状の成形に必要な板形状のブランク材が算出されます。板厚減少やその他の欠陥(割れ、しわ、ゆるいなど)を可視化できます。

No Graphic

多工程プレス成形シミュレーション

1工程および多工程でのインクリメンタル解析による金属プレスの成形プロセス最適化を実施します。高速でスケーラビリティが高いインクリメンタルソルバーが、成形工程やトリム工程をサポートします。また、材料の流入、割れ、しわ、緩み、スプリングバックなどの正確な解析機能を持ちます。

No Graphic

ダイ形状モジュール

CADのパート形状データから始めて、使い慣れたInspire環境内で金型の追加コンセプトを作成し、PolyNURBSハイブリッドモデリングのパワーを活用して、代替案の評価と最適化を迅速に行うことができます。

No Graphic

Inspire Formのワークフロー

  1. 実現可能性解析とネスティング
     
  2. ダイの仮想試作