edem

Altairシミュレーション製品の新たな可能性、離散要素法ソフトウェアAltair EDEMウェビナー

固体と流体のどちらのようにも動作する粒状物質の二つの性質を捕らえ、その挙動をシミュレートできる離散要素法(DEM)は、鉱業や農業、食品加工、医薬産業をはじめとする様々な業界で活用されています。 粒子挙動解析ソフトウェアAltair EDEMは実世界のバルク/粒子材料(岩石、粉体、粒子、繊維、錠剤など)をモデル化し挙動を検証できます。さらに、FEAやMBDツールと組み合わせることで、構造解析や機構解析における材料負荷を考慮できます。本ウェビナーでは、Altair EDEMの概要と活用方法について、導入事例を交えてご紹介します。

Webinars

タイヤの弾性変形を考慮した車両の砂地走行シミュレーション手法のご紹介

バルク材挙動シミュレーションAltair EDEMによる砂地モデリングと機構解析Altair MotionSolveによる車両モデリングにより車両の砂地走行評価が可能です。 この度、Altairパートナーアライアンス(APA)製品として、Pratt Miller社からPM-FlexTireがリリースされました。これにより弾性変形するタイヤと離散要素でモデル化した砂地との相互作用を考慮できるようになり、より精度の高い車両の砂地走行評価が可能となりました。 本ウェビナーでは、PM Flex Tireの概要、EDEM / MotionSolveとの連携方法およびピックアップトラックの走行シミュレーション事例を紹介します。

Webinars

粒状材料シミュレーション EDEM

離散要素法(DEM)技術と高水準のコンタクトモデルを用いて、EDEMはバルク材料及び粒状材料の挙動を素早く正確にシミュレーションします。EDEMのシミュレーションでは、バルク及び粒状材料が特定の処理条件や作動環境の下で機械設備とどのように影響し合うのかを考慮するための知見が得られます。 鉱業、重機およびプロセス産業における世界中の優良企業が、機器設計の最適化、生産性の向上、運用コストの削減、製品開発サイクルの短縮、および製品革新の推進にEDEMを使用しています。 EDEMの主な機能 - 多種多様な材料に対応 - 簡単なワークフロー - ハイパフォーマンス - 利用可能な材料モデル - 高度なカスタマイゼーション - 他社CAEとの連携 活用分野 - 鉱業および鉱物加工 - 重機 - プロセス製造

Brochures

機構の挙動や流れを考慮した粉体・バルク材挙動解析

岩や土などを掘削、運搬する建機、砂地を走行する車両、薬剤の混合、梱包設備など、粉体・バルク材にかかわる製品は多くあります。土砂・岩石などを取り扱う建機・重機では、粉体・バルク材の挙動再現に加え、機構の挙動を高精度に再現する必要があり、一方、薬剤の混合・梱包・搬送プロセスでは、風による粒子の搬送や粒子の冷却、乾燥など、高精度な熱流体現象の再現が必要です。Altairの各種ソルバーの連携により、高精度な粉体・バルク材の挙動解析を可能にします。

Datasheets

DEM x CFD x 機構のAltair3製品を組合せ - 機構の挙動や流れを考慮した新しい粉粒体解析

この度、当社ではDEMの解析ソリューションと流体解析、機構解析を連成する機能を開発し、3つの異なる分野の連成解析のサポートが可能となりました。本ウェビナーでは、この新たなDEMソリューションの詳細と製品情報を紹介します。

Webinars

Altair EDEM製品紹介(ウェビナー「機構の挙動や流れを考慮した新しい粉粒体解析」より)

Altair EDEMの最新バージョンをご紹介します。本講演は2021年2月24日に放送されたウェビナー「DEM x CFD x 機構のAltair3製品を組合せ - 機構の挙動や流れを考慮した新しい粉粒体解析」内にて行われました。

Webinars

eブック: DEMとは?離散要素法(DEM)の理論

このeBookでは、離散要素法(DEM)の理論的背景について説明しています。離散要素法とは、石炭、鉱石、土、繊維、穀物、小片、粉体などの様々なバルクおよび粒状材料挙動動をモデル化するための粒子スケールの解析手法です。 1. モデリングの手法 2. DEMの背景 3. 粒子挙動 4. タイムステップ 5. 接触モデル 6. 接触判定 7. 粒子形状 8. 材料キャリブレーション 9. DEMのジオメトリ 10. DEMのカップリングモデル

eBooks

粒子挙動解析ソフトウェアEDEMによる粉体処理プロセス最適化へのアプローチ

製薬、食品、化学薬品等の業界における粒状材料の取り扱いについて、粒子挙動解析ソフトウェアAltair EDEMを用いた粉体処理プロセスに関するシミュレーションと導入事例をご紹介します。 セミナーの内容 - EDEMの有用性のご説明 - EDEMのテクノロジーとその利点のご紹介 - 粉体処理プロセスに於けるEDEMによる解析例のご紹介

Webinars

機構解析ユーザーのためのDEM(離散要素法)活用ウェビナー

岩や土などを掘削・運搬する建設機械や、砂地を走行する車両、薬剤の混合、梱包設備など、粉体・バルク材と干渉する製品の設計において、動的性能や荷重の評価にお困りではありませんか? 本ウェビナーでは、粉体・バルク材と相互に作用する機械システムのシミュレーションによる評価手法をご紹介いたします。

Webinars

eBook: DEMとは - 離散要素法(DEM)の理論的背景(英語)

離散要素法(DEM)は、粒子状物質や、石炭、鉱石、土壌、岩石、骨材、ペレット、錠剤、粉末など様々なバルク材料の挙動をモデル化するための粉粒体挙動解析法です。

eBooks

粉体プロセスにおける数値シミュレーションの最前線

<EDEMユーザ会議 公開資料 - 2019年11月7日開催>

粉体プロセスにおける数値シミュレーションの最前線
~粉体プロセス実装への挑戦~
大阪府立大学大学院 工学研究科
綿野 哲 教授

◆講演内容

  • 粉体に関する最新の話題提供
  • 粒子離散要素法(DEM)の概略
  • 物性パラメータ の求めかた
  • 粗視化の適用
  • 粉体プロセスでのシミュレーションの適用例
EDEM Japan User Conference & Special Seminar

Technical Document