breeze

Altair Breeze™

詳細な依存性分析とI/Oプロファイリング

Breezeは、すべてのエンジニアをI/Oエキスパートと化します。

Breezeを使用すると、ソフトウェア導入の問題を迅速に解決し、ファイルとネットワークの依存関係を解決できます。ストレージのエクスポートの詳細データと共有用の概要レポートにより、Breeze は良好なI/Oと不良I/Oを識別し、簡単に解決できます。

プログラムがうまく設計されている場合でも、ローカル設定がパフォーマンスに影響を与えるのは簡単です。データを間違った場所に保存してしまったり、小さなI/Oや過剰なメタデータなどの間違いは、計算、ネットワーク、ストレージに過大な負荷をかける可能性があります。Breezeを使用し、ベストプラクティスに従うことで、短期的な問題を解決し、ストレージ要件を理解し、将来の計画を最適化することができます。BreezeはアプリケーションのファイルI/Oをプロファイル化し、ファイルが適切な場所に保存されるようにします。

Breeze導入のメリット

高速、機敏、クラウド対応

Breeze は、オンプレミス、クラウドかにかかわらず、デプロイとパフォーマンスの問題を迅速に解決し、IT セットアップに合わせてアプリケーションを調整するための適切な情報を提供します。これは、IT管理者、ユーザー、ソフトウェアベンダーが共同で作業し、推測による問題解決をなくすための共通理解を促します。

情報に基づくデータ衛生

アプリケーションの依存性を追跡し、データの衛生状態を良好にします。Breeze は、実行ごとに材料表を作成するため、アプリケーションによって使用されているファイル、プログラム、ライブラリを自動的に検出します。これは、デプロイの問題を解決したり、デプロイの正確性を証明するために使用できます。

戦略的な移行

Breezeで次の移行に備えます。組織がクラウドに移行する場合でも、新しいストレージアーキテクチャに移行する場合でも、Breeze は移行戦略にとって貴重な情報を提供します。Breeze が提供する依存関係のリストを使用して、インストールの問題を解決し、アプリケーションをクラウドまたはコンテナプラットフォームに簡単に移行できます。リソースの使用状況とI/Oパターンを分析することで、ストレージ要件のサイズを簡単に調整できます。

主な特長

HPCユーザーの教育

I/Oとヘルスチェックレポートを使って、すべてのエンジニアをI/Oエキスパートにすることができます。I/Oの概要と、一般的なI/Oの問題に基づいたパフォーマンスに関する推奨事項をわかりやすく説明します。

No Graphic

アプリケーションのチューニングと最適化

詳細なI/Oプロファイリングにより、パフォーマンスと回帰テストを自動化できます。アプリケーションの正確性と移行のために、ファイルと依存関係をエクスポートします。Breezeでは、ファイルごと、プロセスごとのI/Oパターンが提供されるため、ボトルネックがどこにあるかをすばやく確認することができます。

No Graphic

クラウド移行戦略の自動化

リフトとシフトに関するレガシー環境の依存性を検出します。必要なデータだけを使用して、ワークロードをコンテナ化します。アプリケーションI/Oをプロファイリングして、CPU、メモリ、ストレージリソースを適切にサイジングし、クラウドのコストを管理します。

No Graphic

ストレージベンチマーキング

ストレージの問題をトラブルシューティングし、新しいソリューションを調達するには、さまざまな I/Oパターンにわたって正確なパフォーマンス・メトリックを確保することが重要です。Breezeは、ボトルネックがどこにあるのかを確認するために必要な情報を提供します。Breezeを使えば、パフォーマンスパターンについて深く掘り下げられるため、実際のアプリケーションを使用してさまざまなストレージソリューションをテストできます。

No Graphic