amphyon

Amphyon by Additive Works

シミュレーションに基づくレーザービーム溶解のためのプロセスソフトウェア

Amphyonは、金属積層造形(AM)のためのシミュレーションベースのジョブ準備のための包括的なスタンドアロンソフトウェアツールで、Additive Worksのすべての技術モジュールが組み込まれています。

Amphyonの使いやすさに加えて、理想的なビルド方向の決定、サポートの最適化、プロセスシミュレーション、変形補正など、最先端の豊富な機能が搭載されています。Amphyonは、部品の歪みやサポートの剥離などの製造上の問題を理解して解決することで、設計者やプロセスエンジニアリングが金属製の積層造形ジョブを準備するのを支援するために設計されました。パーツの精度を高め、故障率を最小限に抑えることで、品質と金属積層造形ビジネスユニットの収益性を大幅に向上させることができます。

Additive Worksの概要ビデオ

Amphyonを使うべき理由

ニアネットシェイプ積層造形

事前変形モジュールを使用することで、部品の寸法精度を90%以上向上させることができます。プリントできない形状が、プリント可能なるかもしれません。

安定したビルドジョブの準備

支持体最適化モジュールを使用することで、支持体に必要な材料や製作時間を減らしながら、安全な製造条件を容易に実現することができます。

過熱を防ぐ

熱適応モジュールを使用することで、プロセス中の過熱を予測し、「ゴーストパーツ」を使用してプロセス設定を適応させることで回避することができます。

主な特長

理想的なビルドの方向性を見つける

AmphyonのExaminerモジュールでは、可能な限りの方向性について製造面を分析することができます。それに基づいて、理想的なビルドの方向性を定義することができます。

No Graphic

最適なサポート構造の構築

AmphyonのSupportモジュールは、サポートを作成するだけでなく、プロセス中に発生する機械的なプロセス負荷を補うために構造を最適化するために使用することができます。

No Graphic

プロセス中の温度を分析する

AmphyonのThermal Process Simulationモジュールは、ビルドプロセス中の温度分布を計算し、オーバーヒートを分析します。

No Graphic

プリント性のチェック

AmphyonのMechanical Process Simulationモジュールは、プリントジョブのチェックや、製造工程で発生する可能性のある問題の設計に使用できます。

No Graphic

変形の解析と補正

AmphyonのPredeformationモジュールは、計算された変形をモデルの形状に投影し、歪んだモデルや補正されたモデルを作成します。

No Graphic

ファイルのエクスポート

Amphyonは、パスプロット、ヒストリープロット、またはビデオファイルのエクスポートを提供します。

No Graphic