農機&建機

農機&建機開発向けソリューション

ハイウェイ、農地、橋、工場——これらはどれも大規模なプロジェクトで、過酷な環境に耐えられる優れた精度と高い強度が求められます。Altairは、こうしたニーズにも応えます。Altairのシミュレーション主導の設計(Simulation-driven Design)アプローチなら、コスト削減と製品開発サイクル期間の短縮を実現しながら、品質を最大限に高めた信頼の製品を設計することが可能です。シミュレーションの活用により、疲労と衝撃荷重を加味した製品性能を迅速に調査・解析し、性能向上のための対策を立てることができます。Altairは、農地、高速道路、建設現場など、各現場の負荷に耐えうる建設や採掘現場用車両、農業機械、商用トラック、消防車など特殊用途車両の設計、開発を支援します。

開発と運用を効率化

開発と運用を効率化

Altairのシミュレーション主導の設計ツールでは、設計の決定を加速させ、確かな情報に基づく信頼性の高いオフハイウェイ機械を実現できます。エンジニアリングシミュレーションとモノのインターネット(IoT)テクノロジーを組み合わせれば、物理とデータに基づくデジタルツインによって運用に関する知見を獲得し、性能の最適化、運用方法の向上、運用コストの削減につなげることが可能です。シミュレーション、データ取得、データ分析、機械学習の融合により、農機や建機の優れた自律制御を実現することもできます。

軽量化と電動化でサステナビリティを実現

軽量化と電動化でサステナビリティを実現

大型の鋳造品が大多数を占める農機や建機では、多くのコンポーネントについてトポロジー最適化による軽量化が期待できます。Altairの構造設計最適化テクノロジーは、車両の軽量化と性能向上を実現することが産業界で実証されています。一方、機械の電動化ではAltairのシミュレーションが活躍します。ドライブトレインの高効率化による稼働時間の延長や、革新的な冷却装置のシミュレーション、バッテリーの故障や火事の原因になりうる衝撃・衝突事象の軽減が可能です。


機械の生産性、信頼性、安全性、快適性を最大化する

機械の生産性、信頼性、安全性、快適性を最大化する

スピードと効率:重機メーカー各社は、生産性、信頼性、安全性、快適性を最大化するために、開発プロセスの初期段階でシミュレーションツールを使用しています。マルチボディシミュレーションツールのAltair MotionSolve™では、機械システムの動的応答をモデリングすることが可能です。さらにAltair EDEM™と併用すれば、石炭、採掘した鉱石、土、繊維、穀物などの粉体の挙動を素早く正確にシミュレーションすることができ、実機試作の前に設計を最適化することができます。

互換性と耐久性:機械が確実に稼働することを保証するには、サプライヤーにかかわらず、すべてのサブシステムがスムーズに機能しなければなりません。Altair Activate®なら、複合領域システムの1Dモデルをすばやく構築できます。製品の性能をシミュレーションすることにより、開発の初期段階で製品の挙動を俯瞰的に把握し、コンポーネント間の重要な相互作用を確認することができます。数十年単位の運用寿命要件を満たすには、包括的な耐久性解析を簡単に実行できるAltair HyperLife™が便利です。

オペレーターの環境:快適性と安全性は、操縦席部分だけの問題ではありません。Altair OptiStruct™の高度な騒音・振動・ハーシュネス(NVH)解析は、オペレーターのパフォーマンスを最大限に引き出すために広く活用されています。Altair Squeak & Rattle Director™を使用すれば、さらに品質を高めることができます。Altair Radioss™では、どのような状況でも車両の構造健全性を維持してオペレーターを保護するために、転倒時保護構造(ROPS)と落下物保護構造(FOPS)の事象をモデリングすることができます。

サステナビリティ、コネクテッド化、スマート化の実現

サステナビリティ、コネクテッド化、スマート化の実現

ドライブトレインの電動化:パワートレインシステムの電動化やハイブリッド化のトレンドは、ビジネスチャンスであると同時に、経営上の課題でもあります。従来の開発スケジュールの中で電動機械の開発サイクルを完了させるには、エンジニアリングチームの構成とツールセットを見直さなければなりません。パワートレインは高効率化された軽量設計でなければならない上に、新しい規制基準や高まり続ける顧客ニーズにも応える必要があります。Altairは、電動パワートレインの開発と統合や、バッテリーの設計と安全性のシミュレーションのための専用ソリューションを提供しています。詳しくはこちらをご覧ください。

農業ロボットと倉庫のイノベーション:コネクティビティと電磁両立性(EMC)の問題は、現代の農機や建機を開発する上で避けては通れません。これらはどちらも、Altair Feko™Altair Flux™で最適化できます。Fekoは、ネットワークシミュレーションにおけるアンテナの設計、配置、電波伝搬モデリングで広く活用されています。Fluxなら、電流ケーブルとバスバーが放射する磁界や、外部電磁界がセンサーやアクチュエーターの動作に与える影響を評価できます。ケーブル、アンテナ、装置の放射と照射の両方を模擬できるFekoは、効果的な遮蔽を決定する際に役立ちます。

採掘、建設、農業のスマート化デジタルツインを作成すれば、製品性能の最適化、製品の運用寿命の可視化、予防保全の実施時期と実施対象の把握、製品の余寿命(RUL)の延長方法の模索などを行うことができます。Altairは、IoTシステムをスケーリングするためのWebサービスおよび分析ツールを集めた強力なプラットフォーム、Altair SmartWorksも提供しています。他方、現代の温室は一段とテクノロジー化が進み、LEDライトや自動制御システムによって理想的な育成環境を整えることが可能になっています。Altairの子会社toggledでは、スマートライトや育成ライトの開発に取り組んでいます。

農機・建機開発に関する資料

機構解析ユーザーのためのDEM(離散要素法)活用ウェビナー

岩や土などを掘削・運搬する建設機械や、砂地を走行する車両、薬剤の混合、梱包設備など、粉体・バルク材と干渉する製品の設計において、動的性能や荷重の評価にお困りではありませんか? 本ウェビナーでは、粉体・バルク材と相互に作用する機械システムのシミュレーションによる評価手法をご紹介いたします。

Webinars

重機の設計に、どこまで最適化が役立つのか

[ウェビナー動画ファイル]重機の設計におけるウェイトのバランス、強度、振動、その他の設計課題に、最適化を適用して実現できることをご説明します。(2018年3月28日放送)

Webinars

建築分野を得意とするArup社が語る「構造部材を3D積層造形で製造するメリット」 (日本語字幕)

世界的なエンジニアリング企業Arup社のシニアデザイナーが語る、「ビルやインフラなどあらゆる建築物の構造部材を3D積層造形で 製造することのメリット」とは?

Customer Stories, Customer Testimonials, Videos

Fine-Tuning 300-Ton Haulers: HyperWorks at Hitachi Truck Manufacturing

Hitachi Truck Manufacturing sought ways of reducing materials costs for its mammoth mining trucks, while remaining within standard specifications. The company's first project using HyperWorks CAE tools enabled Hitachi to do this with accuracy. HyperWorks is now an integral part of the design process at Hitachi.

Customer Stories
資料一覧