通信事業

通信

競争が激しく飽和状態にある通信市場においては、新規顧客の獲得よりも顧客の引き止めが肝心です。そうした市場では価値ある資産である膨大な量のデータを分析して顧客を多角的に捉え、アウトリーチ戦略の鍵となる知見を得なければ、優位に立つことはできません。

有線、無線、その他の電気通信事業者に適したAltairのデータ分析ソリューションでは、顧客維持の強化、顧客内シェアや市場シェアの拡大、不正の予測、リソースやネットワーク投資の最適化などが可能です。

アップセルとクロスセル

アップセルとクロスセル

飽和市場で電気通信事業を成長させるには、顧客を奪い合うのではなく解約率を下げ、契約継続率を上げることが基本になります。しかし他社がプランやサービスを見直し料金を下げれば、顧客ロイヤルティが大きく揺らぐことは避けられません。そのため、対抗策としてライトな低料金プランを打ち出し、自社サービスへの乗り換えを促すのが常套手段になっています。ただし、そのプラン改定期に顧客離れが生じないとは限りません。

詳細はこちら
クロスセルとアップセル

解約率を下げる

解約者のうちの11%は、こちらから手を差し伸べれば引き止めることができると言われています。その避けられるはずの乗り換えによって、電気通信事業者は毎年数百万ドル規模の損失を被っています。顧客流出をできるだけ防ぐことが、収益性を上げるうえで重要です。たとえば、個々の顧客にマッチした提案をタイミングよく提示することで解約による痛手を軽減するなどのことができます。

詳細はこちら
顧客の行動が投資を左右する

通信事業向けデータプレパレーション

確かなインサイトや新たな発見を得るために必要な分析作業のうち、データの準備が全体の80%を占めているのが現状です。Altairのデータプレパレーションソリューションなら、データサイエンティストに限らずビジネスアナリスト、ビジネスユーザーでも膨大な顧客データ(CDR)やネットワークデータを活用およびブレンドし、使えるデータへと変換して、さらなる分析や顧客アウトリーチ戦略の立案に役立てることができます。

30年以上にわたって市場を率いてきたセルフサービス型データプレパレーションツールであるAltair® Monarch®では、以下のことが可能です。

  • 新規顧客の大量の通話・通信データを処理、ブレンド、統合して、個々の顧客を全方位的に把握
  • データ分析ドリブンの意思決定に向けた大量のデータ共有レポートの作成・変換・最適化作業の効率化、およびミスの起こりやすい手作業を自動化
  • ロイヤリティの高い重要なユーザーの行動パターンを追跡し、顧客ロイヤルティのスコアを明確化
詳細はこちら
クロスセル戦略

AIと機械学習の活用

Altairの予測分析と機械学習(ML)のソリューションなら、信頼のおける決定を下すだけでなく、顧客維持、マーケティング最適化、競合の脅威への備え、不正検知といった組織各所の取り組みに効率的に優先順位を付けることができます。

予測分析、AI、MLのソリューションでは以下のことが可能です。

  • やり取りの履歴から異常やパターンを見出して、自社のプロモーター(ファン)や解約予備軍を見極める
  • 適切なプロモーションを提案するのに最適な顧客セグメントを割り出すことで、ROIを最大化し顧客全体のロイヤルティを高める
  • 不正アクセス、情報流出、クローニングなどの行動傾向を早期に検知して追跡し、不正を予測する
詳細はこちら