JATC2019 EV向け異音・低級音ソリューション 1-01

Altair
松本 秀一

今後普及が予想される電気自動車の開発においては、内燃機関が無くなることによって顕在化するきしみ・がたつきなどの異音対策がより重要になります。

Squeak and Rattle Director(SnRD)を用いて、設計初期段階で異音が発生するエリアを特定するプロセスを、ユーザー事例を交えてご紹介します。
Have a Question? If you need assistance beyond what is provided above, please contact us.

Altair Japanのメールマガジン

イベントや製品の最新情報を配信しています