AUJ2020 - [Altairクラスルームの活用例]機械工学実験における振動解析モデル作成

【Altair University Japan 2020講演録画】
機械工学実験における振動解析モデル作成 | 黒沢 良夫 准教授(帝京大学)

帝京大学理工学部機械・精密システム工学科では、2016年より3年生の学生実験で、実験モード解析とCAE振動解析を実施しています。長方形の鉄板の振動について、実験モード解析を行って振動モードを理解し、有限要素法を用いたモデル作成、固有値解析結果と実験モード解析結果の比較、応答計算結果と伝達関数計測結果の比較等を行い、CAEの基本的な使い方や注意点等を学んでいます。講義の内容やHyperMeshを用いた有限要素モデル作成等活用状況についてご紹介いたします。
Have a Question? If you need assistance beyond what is provided above, please contact us.