換気性能解析 - 長時間の流体解析でエアロゾルの広がりを検証

映画館、コンサートホール、スタジアムなどの商業施設や店舗などの建築物、電車やバスなどの車輛、航空機など、様々な空間における空調設備の換気性能が、新型コロナウイルスの流行をきっかけにますます注目されています。感染症リスクのほか、空調の冷却性能や有毒ガスの排出などに関わる換気の性能評価は、非常に重要な課題です。

AltairのCFD解析ツールAltair AcuSolveは、一般的なソフトウェアでは難しい数十秒から数時間にわたる現象を解析でき、高度なモデリング技術や流体の知識、大規模な計算機を必要としません。

本ウェビナーでは、AcuSolveの換気に関する流体解析手法(物質種解析、ラグランジェ混相流れ)と解析事例をご紹介します。
Have a Question? If you need assistance beyond what is provided above, please contact us.