Altair Fekoの適用分野

Altair Feko™の適用分野

Feko®は、航空宇宙、防衛、自動車、通信、家電など、様々な産業でグローバルに使われており、市場投入までの時間を短縮しています。Fekoは、高周波電磁界の幅広い分野に対応しており、5Gを含む無線接続の最適化、電磁両立性(EMC)の確保、レーダー反射断面積(RCS)と散乱解析を可能にします。

Fekoの詳細
アンテナ設計シミュレーション、アンテナの配置とカップリングのためのシミュレーション。設置アンテナの性能は、アンテナの組み込み方法と場所に大きく依存します。電気的に大きな構造物に取り付けられたアンテナのモデリングは、困難な場合があります。

アンテナ設計

Fekoは、ワイヤーアンテナ、マイクロストリップ、ホーン、開口面、レンズ、反射鏡、コンフォーマルアンテナなど、非常に幅広いアンテナの設計に使用されています。また、フェーズドアレーアンテナとガラスアンテナ専用の独自ソリューション。自動インピーダンスマッチングのOptenni Labは、Altair パートナーアライアンス (APA)で利用可能です。

アンテナの配置とカップリング

Fekoは、アンテナの配置とカップリングを理解し、最適化するための先進的ツールです。設置アンテナの性能は、アンテナの組み込み方法と場所に大きく依存します。他のツールでは、電気的に大きな構造物に取り付けられたアンテナのシミュレーションは特に困難な場合があります。

セルラー(C-V2Xおよび5G)、放送、航空、衛星、無線通信、レーダーカバレッジ、無線通信、ポイント・ツー・マルチポイント通信など、多種多様で増え続ける無線システムの要求を効率的に管理するための無線カバレッジ、プランニング、スペクトラム管理のためのシミュレーションです。

無線のカバレッジとプランニング

Fekoは、無線カバレッジをシミュレートし、セルラー(C-V2Xおよび5Gを含む)、放送、航空、衛星、無線通信に加えて、レーダーカバレッジ、無線リンク、ポイント・ツー・マルチポイント通信のエアインターフェースのためのWinPropとWRAPモデリングを使用して、キャンパス、都市、または国家全体で建物の無線ネットワークプランニングを可能にします。

スペクトラム管理

Fekoは、貴重な無線スペクトラムアセットの管理、計画、分配を可能にし、利用を最大化します。カバレッジ、干渉、スペクトラム利用の最適化などの技術的な分析を行うWRAPツールを使用することで、スペクトラム規制当局は、多種多様で増え続ける無線システムの需要を効率的に管理することが可能になります。

電磁両立性(EMC)と無線周波干渉(EMI)のシミュレーションケーブル、アンテナなどのシールド効果、電磁パルス、雷影響、HIRFなどのEMC/EMI解析が可能です。相互変調、高調波、アンテナ結合、送信機スペクトル、受信機選択性、ブロッキングのためのRF干渉モデリング。

電磁両立性(EMC)

Fekoは、EMC/EMIアプリケーション向けの強力なソリューションであり、ケーブル、アンテナ、その他デバイスのイミュニティと放射エミッションに幅広く使われています。残響室や電波暗室のほか、シールド効果、電磁パルス、雷効果、HIRFをシミュレートすることができます。

無線周波数干渉

Fekoは、サイト内の複数の送信機と受信機間の干渉から、放送局や航空機器、または無線ネットワークまで、相互変調、高調波、アンテナ結合、送信機のスペクトル、受信機の選択性とブロッキングを含むRF干渉の影響を予測、分析、軽減します。

電磁界問題の解決にお困りなら、お問い合わせください。

お問い合わせ
レドームは、アンテナの保護、空気力学性能の強化、求められる電磁透過性の実現というマルチフィジックスの問題を抱えています。自動車、エネルギー、通信、防衛のためのレーダー反射断面積(RCS)解析

周波数選択膜(FSS)を含むレドーム

レドームは、アンテナの保護、空気力学性能の強化、求められる電磁透過性の実現というマルチフィジックスの問題を抱えています。Fekoは、電気的に大きな問題や周波数選択膜(FSS)を含むレドームを解析するための最速のソリューションであるnewFASANTモデルを提供しています。

散乱とRCS

ある物体の散乱性能は、その物体が入射電磁波にさらされたときにエネルギーがどのように散乱するかを表しています。Fekoは、自動車、エネルギー、通信、防衛のためのレーダー反射断面積の問題を解くため、幅広い規模や業界の電気の性能を解析できます。

仮想走行試験・飛行試験により、道路やフライトテストのマイル数を削減できます。吸収比率(SAR)値やICNIRPの人体安全ガイドラインの計算を含む、電磁放射障害レベルのシミュレーション

仮想走行試験・飛行試験

走行試験や飛行試験のマイル数を減らし、システムの堅牢性を高めるためには、仮想走行試験や仮想飛行試験が不可欠です。通信やADASレーダーシステムの性能評価には、従来のアンテナパラメータだけでは不十分ですが、Fekoは実環境での要件を満たすシミュレーションを提供しています。

電磁放射障害と生体電磁気学

電磁界による電磁放射障害は、様々な用途において決められた基準内でなければなりません。Fekoは、吸収比率(SAR)値やICNIRPの人体安全ガイドラインの計算を含む、電磁放射障害レベルのシミュレーションと可視化を自動化します。

RFデバイスのシミュレーションを行うMician μWave Wizardと、マイクロ波増幅器やプラズマ効果の解析を行うTech-X VSimがAltairパートナーアライアンスを通じてお使いいただけます。

RFデバイス

APAを通じて、μWave Wizardへのアクセスが可能です。数百ものパラメータ化されたRFライブラリ要素やユーザー定義の構造と相互作用する内蔵最適化により、フィルタ、共振器、カプラー、受動コンポーネントなどのマイクロ波回路を迅速に設計することができます。

マイクロ波増幅器とプラズマ効果

RF増幅器と発振器、マルチパクター効果、制御されたプラズマ放電、プラズマ環境効果、粒子加速など、粒子と電磁界の両方のモデリングを必要とする複雑な問題は、vSimAPA )を使って解くことができます。

関連リソース

Altair Fekoを用いたEMC解析事例のご紹介 - 計測とシミュレーションを活用したEMC対策

2021年2月9日に開催されたウェビナー「計測とシミュレーションを活用したEMC対策」の講演アーカイブ第3回です。本ウェビナーでは筐体、ハーネス、コネクタなどを含む製品全体の電磁界シミュレーションが可能なAltair Fekoと、EMCエンジニアと電子設計者を結ぶAltair PollExによるEMC対策ソリューションをご案内します。

Webinars

5G利用、IoT開発、EMI対策のための 電磁界・電波伝搬シミュレーション活用セミナー

20年以上にわたり電磁界・電波伝搬シミュレーションを活用し、実測値と比較しながら、様々な製品を効率的に設計しているパナソニックシステムネットワークス開発研究所(PSNRD)様にご協力いただき、シミュレーションを有効に活用するためのノウハウや活用事例等をお話しいただきます。

Webinars

環境仕様に合わせたシミュレーション駆動アンテナ設計

設計プロセスにおける環境仕様を満たすためのアンテナ用電磁界解析ソリューションを使用したシミュレーション主導のワークフロープロセスについて説明します。

White Papers

乗用車のガラスアンテナのレイアウトを最適化する

ドイツのDaimler社は、ガラスアンテナの開発手法を実験ベースからシミュレーション主導へといち早く切り替えた企業です。 この開発手法の変更により、車両開発の初期段階でアンテナ性能を向上させ、高品質のアンテナレイアウトを開発することが可能になりました。

Customer Stories
リソース一覧