e-モビリティの未来を設計する

Altairは、次世代モビリティソリューションの開発を加速させるためのマルチフィジックスシミュレーションテクノロジーを開発しています。Altairのソリューションを活用することで、スマートコントロールの設計からパワートレインの電動化や車両アーキテクチャーの解析まで、開発サイクルの隅々に最適化を浸透させることができます。エンジニアリングコンサルタントによるサポートも世界各地で提供しています。当社のスタッフをチームに加え、設計体制を強化することで、e-モビリティ開発の難題に対応するための革新的なソリューションを実現できます。



Altairのe-モビリティソリューション

お問い合わせフォームへ
Lightweighting Image
システムモデリングとスマートコントロール

ハイブリッド自動車や電気自動車、さらには自動運転車の登場により、車両および車載システムは複雑化の一途をたどっています。Altairの柔軟なシステムモデリングソリューションでは、こうした複雑さに効率よく対処しながら、革新的な製品を実現することが可能です。仮想試験と妥当性確認が統合された、きわめて正確な開発ライフサイクルモデルを作り出すとともに、様々なチーム間の協力を促進できます。

システムモデリングとスマートコントロール

電気自動車のサブシステムは、周辺システムに多大な影響を及ぼします。また、車両全体の性能可視化だけでなく、性能最適化の機会も生み出します。Altairのソリューションでは、動的な相互作用を考慮に入れた設計や、フィージビリティスタディを通じた様々な構成のシステムアーキテクチャーの検討が可能になるほか、正確な目標値を設定して設計プロセスの指針としたり、製品性能を最大化したりできます。

Composeの数値計算環境はこちら
HyperWorks Altair Image
Inspire solidThinking Image

設計効率を向上

Altairのモデルベース開発ソリューションとモデルベース開発プロセスでは、シミュレーションモデルを利用するため、設計サイクルの迅速化に加え、どんなに複雑なメカトロニクスシステムでも扱えるようになります。車両開発の各段階に適した忠実度(0次元から3次元)のモデルを作ることで、プロセス全体で制御アルゴリズムを向上できます。1次元および3次元のシミュレーションスタディは、連続で実行することも同時に連成させることも可能で、表現システムモデルを通じて製品性能を評価できます。どのソリューションも、設計プロセスの効率化に役立ちます。

Activateのシステムシミュレーションの詳細はこちら

試作・保守費用を削減

システムパフォーマンスのプリセットターゲットを検証する場合、最も効率的な方法は、SILやHILによって仮想モデルと実際のコマンドを組み合わせることです。Altairのシステムシミュレーションソリューションでは、システムレベルの故障モード影響解析(FMEA)だけでなく、実機試験プログラムや実使用環境から得られたデータを使って潜在的な問題をデバッグすることも可能です。実環境プロセスの正確なシミュレーションは、高価な試作や、生産後の手直しおよび保証問題に関連した多額の支出を抑制することにつながります。

Embedのビジュアル環境の詳細はこちら
HyperWorks Altair Image
パワートレインの電動化とハイブリッド化

パワートレインシステムの電動化やハイブリッド化の波は、ビジネスチャンスであると同時に、自動車メーカーに経営上の課題を突きつけています。パワートレインは高効率化された軽量設計でなければならない上に、新しい規制基準や高まり続ける顧客ニーズにも応える必要があります。こうした世界規模のトレンドの波に乗るために、Altairは、HPC対応ソルバーを組み込んだ最先端のマルチフィジックスソリューションを開発、提供しています。これらのソリューションはすべて、HyperWorksシミュレーションプラットフォームに含まれています。

効率の良い電気モーターを設計

効率の良いハイブリッドモーターや完全電気システムの開発には、パワートレイン開発のあらゆる物理現象を扱うことができる、統合されたシミュレーションソリューションが欠かせません。HyperWorksシミュレーション製品群の先進的なソルバーソリューションは、製品全体の性能最適化から、電磁界の評価、熱解析、NVH解析などにまで対応しています。これらのテクノロジーを使って製品イノベーションを推し進める際には、Altairのグローバルコンサルティングチームのサポートをご利用いただけます。

FluxMotorの詳細はこちら
HyperWorks Altair Image
Inspire solidThinking Image

Optimize Charging Solutions

充電システムの必須条件は、シンプルさ、安全性、充電効率の3つです。しかし、テクノロジーやそれに関連した法令は目まぐるしく変化しています。従来のプラグインソリューションは非接触テクノロジーへと進化を遂げ、製品イノベーションやドライバー満足度向上のためのチャンスが広がっています。Altairの電磁界シミュレーションテクノロジーでは、バッテリーへのエネルギー流れの最適化、エネルギー損失の評価、放射場解析などを実行できます。

FluxおよびFEKOの詳細はこちら エネルギー効率を最適化

戦略的な補助機能

パワートレインのハイブリッド化と電動化という革命は、車載センサーやアクチュエーターの電動化へとつながり、性能向上やスマートな機能統合といった様々なメリットをもたらしました。電動ステアリング、電子スロットル、電子ブレーキシステム、電子バルブ、電動ブースター、電動減速機、エネルギー回生システム(ERS)――当社の電磁界ソルバーなら、こうしたe-モビリティ補助システムの性能をロバストに検証・向上できます。

Fluxの詳細はこちら
HyperWorks Altair Image
EMC要件への対応

OEMメーカーやサプライヤーにとって、電磁両立性(EMC)はe-モビリティソリューション開発時のネックとなっています。車載システム同士の干渉を抑えるとともに、現在や将来の規制に適合しなければなりません。エミッションとイミュニティ両方の問題をシミュレーションできる、高性能な電磁界ソルバーは、HyperWorksに含まれています。

Altair Feko™の詳細はこちら

Electromagnetic compatibility (EMC
ボディとシャーシの設計

ハイブリッド自動車、電気自動車、自動運転車は、従来の内燃エンジンと比べればまだ歴史の浅いテクノロジーですが、ドライバーの期待に応えるためには、従来の自動車と同等の快適性、乗り心地、ハンドリング、品質、安全性を確保しなればなりません。Altairは、車両性能向上のための日々の開発業務をサポートするとともに、シミュレーションおよび最適化テクノロジーを駆使し、比類ない性能特性を持つ製品の実現を後押しします。

エネルギー効率を最適化

AltairのCFDソリューションを利用すれば、車両の設計者やエンジニアは外部空気力学を向上できるだけでなく、電気およびメカトロニクスシステムの熱管理の調査、最適化も行うことができます。

詳細はこちら

車両の安全性を高める

衝突および安全性要件は、自動車設計の隅々にまで影響を与えています。Altairは、長年培ってきた専門知識と先進的なCAEテクノロジーを駆使して、安全な車両の開発を支援します。Altairのテクノロジーは、モデルのセットアップやシミュレーションから、結果の可視化までも網羅しています。

詳細はこちら

感性品質を高める

AltairのNVHソリューションで解析タスクを自動化することにより、バランスの取れたNVH性能の向上を達成するとともに、異音・低級音減少を予測・解決したり、コスト増につながる下流工程での設計変更をなくしたりすることができます。NVHの専門家チームがすべてのプロセスをサポートします。

詳細はこちら

乗り心地とハンドリングを高める

車両動力学エンジニアは、電気自動車の“フィーリング”を解析・向上させるための高度な手法を必要としています。Altairのシミュレーションツールとプロセスは、最適なソリューションの見極めに欠かせない機能を提供します。

詳細はこちら
車両構造の軽量化

電気自動車には、内燃エンジン車両の設計制約は適用されません。つまり、革新的な次世代構造の実現が可能なのです。AltairのConcept 1-2-3(C123)シミュレーションプロセスでは、車両開発の上流工程で設計の方向性を定めることで、車両の構造的な変更に伴う重量や性能への影響をプログラムチームに迅速にフィードバックできます。

C123は、車両構造、製造プロセス、材料選択、プラットフォーム共有戦略とは無関係に、コンセプト開発とシミュレーションの相乗効果を生み出します。

C1

自由形状モデルを使って、最適な構造レイアウトを見極める

C2

低精細モデルを使って、理想的な断面・ジョイントの最適寸法を迅速に割り出す

C3

高精細モデルを使って、製造可能な断面・ジョイントの最適寸法を細かく割り出す

お問い合わせ

より詳細な情報、デモ、お見積り、ご相談等ございましたら、以下のボタンよりお問い合わせください。

問い合わせる

Altair Japanのメールマガジン

イベントや製品の最新情報を配信しています