データプレパレーションのメリットと種類

正しい判断は、データ準備からはじまる

データ分析プロジェクトは、データの準備から始まります。多くの場合、外部ソースからのデータなど、複雑な課題を解決するための分析には多くのデータソースからのデータが使用されますが、生データが最初から正確なものであることはめったになく、信頼性のある使えるデータに変換する必要があります。そのデータ準備に一役買うのがデータプレパレーションツールです。

データプレパレーションツールを使う3つのメリット

コーディング不要、プログラミング知識不要の使いやすさ

スプレッドシートで数式を書くのに何時間もかけていたり、クレンジングや結合にVLOOKUPを使って手間取ったりしていませんか?

データプレパレーションツールなら手作業でのデータ入力やコーディングを行うことなく、さまざまなソースからのデータに簡単にアクセスしデータのクレンジングや結合、整理などをマウス操作だけで実行することができます。

繰り返し作業の自動化

繰り返し可能なプロセスを自動化することで業務効率化を実現します。

データをレポート、分析、または可視化ツールにエクスポートするために必要なすべてのデータ準備コマンドがあらかじめ構築されているので、すぐに始められます。

サイロ化を解消する部門間共有

収集し整理したデータセットは、レポートやモデル構築を目的としたコラボレーション用インターフェースを使用することで組織や部門を超えて共有することができます。

デスクトップ型データプレパレーション

データプレパレーションを、Altair Monarchで始めてみませんか。データ準備ソリューションの業界リーダーとして30年近くにわたり知られているMonarchは、ユーザーのスキルレベルに関わらず誰でもさまざまなデータソースに簡単に接続し、使いにくいデータを正確なデータセットに変換することを可能にします。

PDFやテキストファイルなどの非構造化データの構造データ化や行と列の入れ替えなど、あらゆるソースからデータを抽出し簡単に扱うことができるようになります。さらに、会計、ヘルスケア、その他の業界が規制するレポート作成要件に対応するために設計された多数のデータ作成機能を備えているため、データ作成の際に最適なツールです。

Monarchについて

サーバー型データプレパレーション

Monarch Serverを使用すれば、Monarchのデスクトップ型データ作成機能を包括的な企業全体のソリューションに拡張することができ、組織での共同作業がよりしやすくなります。さらに、レポートの保存や取得が容易になるため、モデルをMonarchプラットフォームを超えて使用することが可能になります。

高度なデータ準備とモデル構築プロセスを自動化し作成したデータ変換ワークフローは、Monarch Serverに保存し共有することができます。Content Serverモジュールを使用し、コアレポートやテキストベースのファイルの保存、インデックス作成、検索、検索を管理します。IBM CMOD、Fiserv Nautilus、Hyland Onbase、Mobius/ASGなどのCMSのユーザーにMonarchモデルの結果を拡張することもできます。

Monarch Serverについて

ブラウザ型データプレパレーション

セルフサービスによるデータ作成、機械学習、コラボレーション機能を組み合わせたKnowledge Hubは、個人やチームだけでなく、組織全体が迅速な分析によるインサイトと知識の共有に向けて推進することができます。煩雑なデータ抽出、データ変換、エクスポートの操作は、あらかじめ決められた時間と頻度で実行されるようにスケジューリングすることで自動化されます。

ブラウザベースでクラウド用に構築されているため、乱雑でダークなデータを機械学習やレポート作成目的で使用される信頼性の高いデータセットに変換します。分析モデルは、モデルスコアリング、企業全体の情報共有、その他の分析作業のためにKnowledge Hubを通じて共有することができます。直感的なワークフロービューは、分析目的でデータをインポート、変換、エクスポートする際のカスタマイズにも対応しています。

Knowledge Hubについて

データプレパレーションに関するリソース

MasterCardがセルフサービス型データプレパレーションでカスタマーエクスペリエンスを向上

メインフレームに格納されたレポートの取引明細と現金残高の確認を毎週40~80時間かけて手作業で行い、突合用のデータはExcelに手入力していました。Monarchのデータプレパレーション機能を使ってメインフレーム内のレポート上の重要情報を抽出することで、即座に分析を開始できるようになり、突合を短時間で完了できるようになり、顧客や社内の他部署から問い合わせがあった場合に都度分析を行うことも容易になりました。

Customer Stories

【Monarch】Arbor Financial社、正確性が求められるレポートを効率的に作成

1935年に設立されたArbor Financial Credit Unionは、ミシガン州南西部の個人および企業に対して包括的な金融商品およびサービスを提供しているクレジットユニオンです。 Arbor Financialは、PDFやテキストファイルで提供される数千件に上るデータを正確に抽出・統合し、リコンサイルレポートを作成する作業に以前から課題を抱えており、質を維持しながら効率化できるソリューションを探して、Monarch導入により効率化を実現しました。

Customer Stories

データ準備を効率化!データ分析のためのAltair Monarch活用ウェビナー

データ準備は、データ分析のための必須作業でありながら、作業時間全体の約60%を占めると言われる骨の折れる作業です。データ活用を試みる企業のほとんどが、まずこの準備で躓くことが多く、満足のいく分析結果を得られていないのが現実です。 本ウェビナーでは、データプレパレーションの効率化を実現するBIツールAltair Monarchを使用し、データ準備から分析までの流れを実際の事例を用いながらご説明します。 【このようなことにお悩みの方はぜひご覧ください】 ・データ活用をしたいが何から始めたらよいかわからない ・複数のシステムから抽出したデータのフォーマットが異なり、統合のたびにコピペなどの作業が発生している(例:PDFからExcelにコピペ) ・PDFファイル(取引明細、銘柄情報、サプライヤーリストや請求書)などの非構造化データを分析できずにいる ・BIツールを利用しているが、あまり使いこなせていない

Videos, Webinars

セルフサービス型データプレパレーションの手引き

~機密情報を守るために必要なデータガバナンスとは~ データマイニング、抽出、クレンジング、結合、ブレンド、マスキング――これらはすべて、データプレパレーションの作業です。 データを操作し様々なソースから抽出したデータの結合方法を考えたり、静的なレポートやPDFのセッションキーを調整したり、正確に報告するためにデータ形式を整えたりといった作業に、データ分析のプロフェッショナルでさえ、1週間に何時間も割いています。 Altair ® Monarch ® などのセルフサービス型のデータプレパレーションツールなら、データのインポート、変形、エクスポートを高速化および効率化できるだけでなく、自動処理機能によって作業時間のさらなる短縮も可能です。 この「セルフサービス型データプレパレーションの手引き」では、データプレパレーション作業を簡略化し、データの作成、利用、処理、変形を簡単に行う方法をご紹介します。 第1章 セルフサービス型データプレパレーションに欠かせない、見逃されがちな 5 つの要素 第2章 管轄外のデータを管理するには 第3章 セルフサービス型データプレパレーションの価値を高める自動化機能

Brochures, eBooks