お問い合わせ












* Required Fields
 
Altair Concept to Reality Japan 最新号

最新号 Winter/Spring 2016

イノベーションを実現し続けて30 周年

Altair は、製品設計と意思決定プロセスを根本的に変革する破壊的イノベーションを起こすDNA 持っています。

創業当時に掲げた夢は、30 年の時を経て、製品設計と意思決定プロセスの根本的な変革を実現するグローバルビジネスへと成長しました。Altair がたどってきた歴史はこれ以上ない理想的なものでした。

1985 年の創業以来、Altair は革新的な製品とサービスを提供することに注力しており、ロバストなCAEソフトウェアを開発するだけでなく、買収や提携を通じて、メジャーなシミュレーションプラットフォームであるHyperWorks® を築き上げています。

その結果、Altair のソルバーテクノロジーにより、さらに効率の良い構造設計を実現できるようになりました。Altair のモデリングおよび可視化ツールは高速に効果的なデータを作ることができるため、エンジニアは、より一層多くのコンセプトを検討し、迅速に問題を解決することができます。そのうえ、Altair の・・・ フォームを入力して続きを読む

3Dプリンティング人工衛星コンポーネント

~再設計のヒントと教訓~

積層造形法に挑戦したRUAG Space 社は、プロジェクトを通じて設計と製造のノウハウを学びました。そこには、3D プリンティングならではのストーリーがありました。

宇宙産業におけるヨーロッパの大手サプライヤーであるRUAG Space 社は、人工衛星や計器の構造物の設計 / 製造 / 試験を請け負っています。RUAG Space 社の専門家は、この度パイロットプロジェクトの一環として、積層造形法(AM)を用いて地球観察衛星向けアンテナ支柱を設計 / 製造しました。RUAG 社は、過去に欧州宇宙機関(ESA)に対して同様の支柱を供給した実績を持っていますが、そのときは従来の製造手法を踏襲しました。

今回AM が選ばれた理由として、高度な形状カスタマイズが製造コストの増加なしに可能であること、設計最終段階で仕様変更が生じても短期間で検討・反映できること、部品重量を大幅に削減できる可能性などが挙げられます。宇宙産業では、重量が打ち上げコストに直結するため、人工衛星の重量削減は事業の成否をも左右するのです。

RUAG 社のエンジニアたちはAltair の専門家チームと協力し、3D プリンティングとも呼ばれるAMを採用してアンテナ支柱を軽量化するため、従来の設計手法を根本から見直し・・・ フォームを入力して続きを読む

ネバダ大学は、いかにしてスーパーコンピューターを導入、活用できたのか

ネバダ大学ラスベガス校は、水圧破砕法によるシェールオイル採掘、分子モデリング、工学、天文学、アルツハイマー病などの先進的な研究を推進するために、新しいハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)システムと管理ツールを導入しました。

1960 年代に登場して最初の数十年間、商用スーパーコンピューターは神に仕える神官の様に扱われ、比較的小さな研究部門で占有され、限られた数値問題を解いていました。その時代のマシンは、秘伝の技術でオーダーメイドされたプロセッサー、I/O、冷却コンポーネントなどから丹精こめて手作業で組み上げられており、高度なトレーニングを受けた“従者”を携え、使用を望む科学者は祈祷者のごとく列を成し、生命、宇宙、万物に関してスーパーコンピューターと問答する順番を今か今かと待っていました。

やがて、スーパーコンピューターは修道院的な扱いを脱し、強力な共有リソースとなり、運用コストの分担も可能になりました。こうしてスーパーコンピューターは、蛇口を開閉するようにオン / オフを切り替えられる計算ユーティリティに生まれ変わったのです。

今日のスーパーコンピューターは、科学研究や産業研究のための国家の重要リソースです。エンジニアリング、物理、化学、生物学、環境科学の多くの問題は、・・・ フォームを入力して続きを読む

Jaguar Land Rover 社が環境にやさしいアルミニウムボディに移行

スチールボディからアルミニウムボディへと移行するにあたり、 JaguarLand Rover 社は車両の開発および組み立て方法を根本的に 見直しました。高度なシミュレーションソフトウェアを使用することに より、同社はCO2 排出量規制を満たすとともに、効率の良い製造プ ロセスを確立しました。

長きにわたり高級乗用車を製造してきたJaguar Land Rover (JLR) 社は、世界的に有名なブランドや、数々の受賞歴を持つ高級車ラインナップを展開しており、グロー バルな販売網と優れた研究開発(R&D)施設を有しています。同社は、“お客様第一”、“傑出した製品”、“環境イノベーション” を3つの柱として先進的なテクノロジー開発を行い、革新的な製造プロセス導入を推進してきました。

JLR 社の洗練された顧客は最上の製品を求めています。そのため同社は、絶えず品質評価を実施し、製品ラインナップの質を高める改善プロセスを回し続けています。

機能性と形態美を両立させるために、同社は部門間連携アプローチを採用しています。このアプローチの下、製品製造プロセス全体を通じて、・・・ フォームを入力して続きを読む


Concept to Realityのダウンロード

Concept to Reality最新号Winter/Spring 2016(日本語版)をダウンロードできます。以下のフォームを送信してください。

冊子ご郵送のお申し込みは終了しました

※学生の方を除き、自宅住所の登録はご遠慮ください。
※海外への送付は受け付けておりません。
※確認のためご連絡を差し上げる場合がございます。


フォームが正しく表示されない場合は、メールにて直接お申し込みください。



>> 日本語版『Concept to Reality』アーカイブ
>> 米国本社発行の『Concept to Reality』(英語版)をご希望の方

Altair Japanのメールマガジン

イベントや製品の最新情報を配信しています