vortex-studio-create

Vortex® Studio Create by CM Labs Simulations

インタラクティブなシミュレーションと可視化プラットフォームで製品設計に命を吹き込む

Vortex Studio Createは、メカトロニクスシステムのモデリングと検証のためのシミュレーションと可視化のプラットフォームです。インタラクティブなマルチボディダイナミクスシミュレーションプラットフォームで、設計案を実現します。エンジニアや製品マネージャー、製品ステークホルダーは、Vortex Studioを使用することで設計案を評価したり、臨場感のある3次元空間で製品の使用感を試したりすることができます。

メカトロニクス製品の複雑化や制御システムの高度化に伴い、システムレベルの挙動を予測することは以前にもまして困難になっています。Vortex Studio Createは、スマートな制御システムのHIL(Hardware in the Loop)およびDIL(Driver in the Loop)試験を行うことにより、製品機能を高めることができます。ワークフローへの統合や可視化データの配布に役立つ内蔵ツールを活用することで、デスクトップ上で構築したシミュレーションを、イマーシブシミュレーターに簡単に展開することができます。

Vortex Studioで作業条件を再現することで、重要なタスクを本当に遂行できるのかどうかを、導入よりはるかに前に確認することができます。複雑な作業現場や環境を再現することも、その環境内で仮想プロトタイプの運用をシミュレーションすることも可能なため、設計段階で運用上の問題を早期に特定することができます。

製品の成功は、ますますイノベーションに依存するようになり、複合領域的なシステムエンジニアリングのアプローチがこれまで以上に重要になっています。組織全体の創造性を高め、ユーザーをエンジニアリングプロセスの中心に据えるためには、設計の早い段階でインザループのシステムレベルのシミュレーションと試験を行うことが重要です。

Vortex Studio Createを使うべき理由

プロジェクトのリスク制御

コンテンツ制作ツール、エンジニアリンググレードのダイナミクスエンジン、統合されたIGなどを組み合わせたモジュール式のソリューションにより、プロジェクトの超過リスクを低減します。

実用的な結果

Vortex Studio Createの物理ベースのアプローチによるシミュレーションは、スクリプトによるパフォーマンスでは実現できない、リアルなエマージェンシー・ビヘイビアをもたらします。

エンジニアの労力を軽減

Vortex Studio Createは、すぐに使える統合機能、検証されたシミュレーションモデル、没入型の可視化機能などにより、エンジニアリングの労力を削減します。

主な特長

リアルタイムシミュレーションの作成

CADや3Dモデルの形状から機器のシミュレーションモデルを迅速に作成し、現実的なシナリオの中に機器を配置して製品の性能を検証することができます。

No Graphic

メカトロシステムのシミュレーション

マルチボディダイナミクスと物理ベースの接触のための専門的なエンジニアリング・ツールを使って、最も複雑な地上および海上機器をリアルタイムでシミュレートします。

No Graphic

臨場感のある高度な可視化

最先端のシェーダーベースのGPUアクセラレーションレンダリングを実行し、臨場感のある美しいビジュアルを作成できます。

No Graphic

拡張可能なワークフロー機能

Vortex Studioのコアアプリケーション、分散コンピューティングフレームワーク、クロスプラットフォームライブラリ、埋め込みPythonなど、ロバストなソフトウェアスタックを利用できます。

No Graphic

商品力の確認

製品が 重要な目標を達成する能力があるかどうか、展開のかなり前に確認します。

No Graphic

複雑な仮想ワークサイトの構築

複雑な作業現場や環境を再現することも、その環境内で仮想プロトタイプの運用をシミュレーションすることも可能なため、設計段階で運用上の問題を早期に特定することができます。

No Graphic