リソースライブラリ

Kx kdb+データ環境向けストリーミング分析アプリケーションの構築

Panopticon Streaming Analytics プラットフォームは、kdb+ を導入済みの企業において最良約定の確保、クライアントフロー分析、リスクおよび執行分析、監視、コンプライアンスといった幅広い用途で活用されています。
<活用例>執行分析/コンプライアンスと監視
コーディングなしでストリームを分析︓Panopticon Streams は、集約、計算、アラートなどのリアルタイムのデータプレパレーション機能を備えています。

Technical Papers

国内外で採用多数、メッシュレスCAE「SimSolid」が設計者に選ばれる理由

メッシュレスにより、解析の圧倒的な高速化、簡易化を可能にした「Altair SimSolid」を活用する設計現場が増えている。選ばれる理由はどこにあるのか、そして、設計現場では具体的にどのように活用されているのか。「本当に使える『設計者CAE』 大手メーカーも絶賛、SimSolidによる開発期間短縮セミナー」の内容を基に、SimSolidの魅力に迫る。

Articles, Customer Stories

Altair Knowledge Studioでできる機械学習となぜ今データサイエンスか

現代の企業はかつてないほどに膨大なデータを抱え、データサイエンスチームはそうしたテラバイトあるいはペタバイト規模のデータの海からインサイトを引き出し、実行可能なアクションへと落とし込むことが求められています。

多様な統計ツールや分析手法を用いてデータサイエンスを実践すれば、意思決定の質の向上、新たなビジネスチャンスの発見、そして確かな量的データに基づく決断といった付随的なメリットも期待できます。最新のデータサイエンスモデルでは、巨大なデータセットから迅速にアウトプットを得ることができるようになりました。しかも、リアルタイムまたはリアルタイムに限りなく近いスピードで、です。モデルのアルゴリ

ブローシャ&データシート, ブローシャ&データシート, White Papers

設計者向けソフトウェアの精度を検証する


NAFEMSのIan Symingtonが、8つのベンチマークを通じて、Altair SimSolidの精度を検証しました。

内容は、エンジニアリングモデリング、解析およびシミュレーションコミュニティのための国際協会NAFEMSがBenchmark Magazineに寄稿したものです。 詳細はnafems.orgをご覧ください。


Altair SimSolidの製品情報

Articles

粉体プロセスにおける数値シミュレーションの最前線

<EDEMユーザ会議 公開資料 - 2019年11月7日開催>



粉体プロセスにおける数値シミュレーションの最前線

~粉体プロセス実装への挑戦~

大阪府立大学大学院 工学研究科

綿野 哲 教授



◆講演内容
粉体に関する最新の話題提供
粒子離散要素法(DEM)の概略
物性パラメータ の求めかた
粗視化の適用
粉体プロセスでのシミュレーションの適用例
EDEM Japan User Conference & Special Seminar

Articles, プレゼンテーション

eBook: Altair Composeで学ぶシステムの動特性と制御(英語)

このeBookは、「システムの動特性と制御理論」に初めて取り組む方、または入門者を対象としています。 実践例に進む前に、はじめに必要な理論的知識を示しました。 この分野のエキスパートである場合は、理論的な説明をスキップして、Altair Composeの実践例に進んでください。

eBooks, Technical Papers

SimSolid “実際的な問題”検証資料 - 応力精度の検証 -

SolidWorksのCADモデルを用いた、SolidWorksのシミュレーションとAltair SimSolid™の静解析の結果が比較されています。

ブローシャ&データシート, Technical Papers

日野自動車の「未来の自動車づくり」を支える開発プロセス革新とは

Inspireを活用すれば、開発の初期段階でデザインを既存概念にとらわれず膨らませることができ、しかもこの「コンセプトとエンジニアリング条件の合致」したデザインは、後の工程まで生きる可能性が高まり、手戻りを大幅に削減できます。*本記事は2017年8月31日のマイナビニュースに掲載されました。

Articles, Customer Stories

200トンの船体ブロックを壊さず吊るには? シミュレーションでリアルに再現

多様化する船種・船型、省エネルギー化など顧客のさまざまなニーズに対応しているサノヤス造船のインタビュー記事。「1ヶ月かかっていた解析がわずか1週間で」
*本記事は2017年9月6日のマイナビニュースに掲載されました。

Articles, Customer Stories

航空機開発にイノベーションを起こすJAXAの挑戦

7月25日・26日に開催された「Altairテクノロジーカンファレンス(ATC)」で登壇した国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の航空技術部門 構造・複合材技術研究ユニット 青木雄一郎様へのインタビューから、現在の航空機開発においてJAXAが果たす役割や挑戦をお伝えする。 *2017/08/21マイナビニュース掲載記事

Articles, Customer Stories

<インタビュー記事>製造業界の救世主あらわる! 中小企業と大企業のエンジニアリング格差を埋める

デジタル設計モデルを活用し、設計品質向上や試作コスト削減などを図るデジタルプロトタイピングの取り組みを中小製造業に普及させる、デジプロ研 代表の太田明氏へのインタビューの様子をお届けする。

-2017/09/04 マイナビニュース掲載

Articles

自動車ファンの心をくすぐる新たなeミュージック

昔はあれほどガソリンや鉄に心を揺さぶられていたのに、
現在では、電磁の波を乗りこなす高性能自動車にスリル
を覚えているのです。(Concept to Reality 2017掲載)

Concept to Reality, Customer Stories

軽量化の取り組みから生まれた画期的な自動車

General Motors 社とContiTech NorthAmerica 社が、最先端の設計手法と製造プロセスを駆使し、乗用車の軽量化と燃費向上を達成(Concept to Reality 2017掲載)

Concept to Reality, Customer Stories

ハイパフォーマンス コンピューティングで 気象予報の質を向上

ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)が、高精度で正確かつタイムリーな予測を行うために必要な処理能力を提供(Concept to Reality 2017掲載)

Concept to Reality, Customer Stories

シミュレーションによりロールケージ設計の期間短縮

オーストラリアの企業が、モータースポーツのドライバーを保護するロールケージ構造の試験に仮想ツールを活用(Concept to Reality 2017掲載)

Concept to Reality, Customer Stories

Concept to Reality Japan 2017

Concept to Reality(C2R) Japanは、Altairが発行する情報誌「Concept to Reality」の翻訳版です。

Concept to Reality, Customer Stories

ユニークな設計で実現した羽根なし風力タービン

コンピューターによるモデリングが、羽根なし風力タービンの画期的な設計検証を後押し(Concept to Reality 2017掲載)

Concept to Reality, Customer Stories

真のフロントローディングを実現するCAEツール solidThinking Inspire

機械設計4月号(2017年)、第2部 最新!設計者のためのCAE活用ガイドに掲載された『真のフロントローディングを実現するCAEツール』に関する記事です

Articles

真のフロントローディングを実現するCAEツールsolidThinking Inspire

『設計者CAE』、『フロントローディング』、どちらもすでに10年以上前から提唱されている言葉である。そして,3次元CADツールには、解析機能を持つCAEのモジュールが組み込まれてきており、環境も整えられつつある。では、実際に、設計者はそれらを使用しているだろうか?

Technical Papers

Platform Support(稼働環境)- HyperWorks 14.0.120/220

HyperWorks 14.0.120/220(14.0.220 solver packageを含む)がサポートするプラットフォーム、OS、プロセッサー等一覧。

Technical Papers

Jaguar Land Rover社が環境にやさしいアルミニウムボディに移行

Jaguar Land Rover社が車両開発プロセスで先進テクノロジーを活用して、顧客の高い期待に応えるとともにカーボンフットプリントを低減した事例をご紹介します。(Concept to Reality 2016掲載)

Concept to Reality, Customer Stories

ネバダ大学は、いかにしてスーパーコンピューターを導入、活用できたのか

世界には何百種類ものスーパーコンピューターが存在し、性能の世界ランキングである“TOP500”に入ってその名を知らしめようと激しく競っています。本稿では、ネバダ大学ラスベガス校(UNLV)がIntel社のCherry Creekシステムを導入するに至った経緯を紹介します。(Concept to Reality 2016掲載)

Concept to Reality, Customer Stories

イノベーションを実現し続けて30周年

なぜスタートアップ企業から数百万ドル規模の革新的な企業へと成長できたのでしょうか?その答えは経営陣が知っています。Altairが進化を遂げ、この30年にわたる技術のトレンドを力に変えてきた理由について、経営陣の見解をご紹介します。(Concept to Reality 2016掲載)

Concept to Reality, Customer Stories

3Dプリンティング製 人工衛星コンポーネント

人工衛星や計器の構造物の設計 / 製造 / 試験を請け負うRUAG Space社の専門家は、この度パイロットプロジェクトの一環として、積層造形法(AM)を用いて地球観察衛星向
けアンテナ支柱を設計 / 製造しました。(Concept to Reality 2016掲載)

Concept to Reality, Customer Stories

3D プリンターの能力を最大限に引き出すAltair のトポロジー最適化テクノロジー

大量生産に向かないことや使用できる材料の種類に制限があることなどの問題があるとはいえ、型を作成する必要がなく、従来の製造手法では作成することができなかった複雑な構造物を製造することができる3Dプリンターが使用されることを最初から想定し、その特性を最大限に活用することができる設計手法が必要となる。そのような設計手法の一つとしてのトポロジー最適化についての論文。(「機械設計 5月号」第60巻 第7号掲載)

Technical Papers

HyperXtrude 2015による押出成形シミュレーション

ユーザビリティを大幅に向上させることに焦点を当て、ダイス設計者、現場の生産技術の専門家およびエンジニアが、金型の設計を簡単に検証することを可能にするHyperXtrudeの紹介。(軽金属 第65巻11号)

Technical Papers

電動工具の開発を支えるシミュレーションテクノロジー【C2RJ2015】

Stanley Black & Decker 社のブランドであるDeWalt ではCAE を軸にして、ハイエンドで長寿命の業務用電動工具を開発しています。-Concept to Reality Japan Winter/Spring 2015- 日本語版掲載

Concept to Reality, Customer Stories

【Altair情報誌】Concept to Reality Japan Winter/Spring 2015- 日本語版

米国本社Altair Engineering, Inc.が発行する技術情報誌「Concept to Reality」の翻訳記事に、日本独自の技術、製品、イベント情報を追加したものです。【INDEX】トポロジー最適化と3D プリンティングの組み合わせが設計のイノベーションを加速 / 業務用電動工具の開発を支えるシミュレーションテクノロジー / NASA が複合材機体の被雷時の損傷を検出するワイヤレスセンサーを開発 / JSF のパイロットの体温上昇を抑える冷却ユニット / 最適化テクノロジー...

Concept to Reality, Customer Stories

エンジニアリングの直観では不十分な場合【C2R2013】

構造エンジニアが何か新しいものを設計する際は常に、自身の直観、経験および知識を頼りにします。問題がそれほど複雑でない場合は大抵、ノートパソコンを開く前にソリューションを思い描くことができますが、設計空間が複雑になり、複数の荷重が様々な方向から適用される場合には、彼らのエンジニアリングの直観だけでは十分に対処できない状況が増えてきます。-Concept to Reality Japan Fall 2013/Winter 2014- 日本語版に掲載

Concept to Reality, Customer Stories

包装貨物へのシミュレーション解析適用例(日本包装学会誌 Vol .23 No.4 2014)

包装の分野でも、設計や評価において、シミュレーション解析をうまく活用することで、「試作(金型製作を伴う場合も)→評価→不合格による手戻り」のプロセスを最小限にとどめることができるようになり、開発期間やコストの大幅な削減につなげられることが期待されている。また、実際にそういった効果が得られた事例なども報告されている。
シミュレーション解析には、用途に応じて様々な手法、ツールがあるが、ここでは「包装貨物」の評価のためにシミュレーション解析を応用した事例を二つ紹介する。

Technical Papers

容器設計のための流体・構造連成事例(PDF)

より高機能、より安全な容器を求めて、これまで独立に扱われてきた容器内の流体現象と容器の変形応答を同時に扱う流体・構造相関解析(FSI: Fluid-Structure Interaction)への関心は徐々に高まってきている。そこで、本論分では、FSIの基礎となる概念をまとめた上で、四つの流体・構造相関(構造・流体共に既知FSI、剛体構造変形FSI、線形弾性構造変形FSI)解析を示し、超弾性体構成則ALE(Arbitrary Lagrangian Eulerian)を用いた容器内の流体・構...

Technical Papers

【Altair情報誌】Concept to Reality Japan Fall 2013/Winter 2014- 日本語版

米国本社が発行する技術情報誌「Concept to Reality」の翻訳記事です。【INDEX】テクノロジーがデザインをインスパイアする / エンジニアリングの直観では不十分な場合 / 新素材と解析によるイノベーション / シミュレーションツール:デザインの未来を牽引する / BASFが軽量化により自動車産業を啓発 - 2014年発行

Concept to Reality, Customer Stories

【PBS日本語資料】Virtual Wind Tunnelシミュレーションの活用

外部空気力学の最適化のためのCray とAltair のソリューション

Technical Papers

CFD で進化する競技用自転車のパフォーマンス

技術者たちは最近、CFDプロセス全体を飛躍的にスピードアップさせる、高度に自動化された反復性に優れたワークフロー手法の模索と開発を始めています。その成果は最近、米国航空宇宙工学協会(AIAA)主催による会議で発表され、複数のホイール構成における詳細な流動シミュレーションを可能にしたことで、自転車のパフォーマンスにおいてタイヤ、フォーク、ブレーキ、チューブ、リムが果たす役割に新たな光を当てました。
C2RJ2012

Concept to Reality, Customer Stories

Concept to Reality Japan SUMMER/FALL 2012

米国本社Altair Engineering, Inc.が発行する技術情報誌「Concept to Reality」の翻訳記事に、日本独自の技術、製品、イベント情報を追加したものです。----------【INDEX】文化財を護る梱包の技 - シミュレーションツールによって、博物館の貴重な文化財を搬送する際の負荷を低減 / CFD で進化する競技用自転車のパフォーマンス - 高度に自動化された数値流体力学(CFD)ワークフローにより、流動挙動の把握とホイールの空力特性改善が可能に / クラ...

Concept to Reality, Customer Stories

C2RJ2011 構造最適化で宇宙ペイロード打ち上げを支援

航空宇宙企業(ATK Aerospace Systems社)がオリオン宇宙緊急離脱システム用間にホールドの軽量化にシミュレーションソフトウェアを採用

Concept to Reality, Customer Stories

C2RJ2011 シミュレーションで航空機用ドア開発を効率化

Eurocopter グループが解析を活用して、設計工数の
短縮と安全な航空機用ドアを開発するプロセスを自動化

Concept to Reality, Customer Stories

C2RJ2011 バードストライクを解析する

鳥が飛行機に衝突する事故の増加を受け、
航空機の安全確保を目指す新たなCAE 手法が誕生

Concept to Reality, Customer Stories

C2RJ2010 自動車の世界最速記録更新を目指して

革新的な超音速自動車の設計者グループが、技術力を生かしてエンジニアリング上の難題を解決
─ 次世代のエンジニアや科学者への大きな刺激に

Concept to Reality, Customer Stories

3Dプリンターの能力を最大限に引き出すAltair のトポロジー最適化テクノロジー

1980年代後半にその手法が提案され、1993年に構造解析プログラムであるHyperWorks OptiStruct に導入されたトポロジー最適化は、工学的に有意な生物学的構造を作り出すことが可能な手法であり、このテクノロジーを適用することにより、従来設計手法の難点を克服し、3D プリンターの特性を活かすことのできるコンセプトデザインを創出することが可能となった。
-「機械設計 5月号」第60巻 第7号掲載

Technical Papers
41 件