リソースライブラリ

JATC2019 低周波領域の磁界、電界、伝熱現象の解析 - Altair Flux新機能 5-05

Altair
山倉 鉄矢

ATC プレゼンテーション

JATC2019 GPUで⼤規模・⾼速化するLBM・SPHに基づいた流体アプリケーション 4-07


⻘⽊ 尊之 様
教授、学術国際情報センター 副センター長 | 東京⼯業⼤学

ATC プレゼンテーション

JATC2019 設計者CAEにAltair SimSolidが最適な3つの理由 1-08

Altair
小林 泰

設計者が開発上流でCAEを使用する”設計者CAE”の有用性については過去多く語られてきましたが、上手く活用されている報告はほとんどありませんでした。Altair SimSolidは新しい技術により、これまで設計者CAEがうまくいかなかった要因を克服できる製品となっています。なぜ最適な製品なのか? その理由を、結果を得るまでの速さ、経済性、結果の確からしさといった観点からご紹介します。

ATC プレゼンテーション

JATC2019 EV向け異音・低級音ソリューション 1-01

Altair
松本 秀一

今後普及が予想される電気自動車の開発においては、内燃機関が無くなることによって顕在化するきしみ・がたつきなどの異音対策がより重要になります。

Squeak and Rattle Director(SnRD)を用いて、設計初期段階で異音が発生するエリアを特定するプロセスを、ユーザー事例を交えてご紹介します。

ATC プレゼンテーション

JATC2019 新MultiScale Designer 2019.1徹底解剖 7-04

Altair
福岡 展行

複合材料の特性を検証するマルチスケールツールMultiScale Designerの新バージョン2019.1がリリースされました。このバージョンアップではGUIを刷新するなど、ますます使い勝手がよくなっています。本講演ではその変更点を徹底的に説明します。

*ユーザー限定
*Altair Connectへのログインが必要

ATC プレゼンテーション

JATC2019 SnRDによるインパネ異音解析の車両開発への適用 1-02


桝井 茜 様
技術研究所 | マツダ株式会社


車両のNVH性能向上のためには、車両走行中に発生する内装部品のたたき音や擦れ音といった異音および低吸音の発生予測は重要な技術である。

そこで、インパネの異音発生リスクを評価するために、Squeak and Rattle Director(SnRD)を用いて検討を行い、過渡応答解析にて発生するモデルのドリフト現象の抑制や、挙動の再現性向上検討を通じて、相対変位を指標として異音発生リスクを見える化した。

ATC プレゼンテーション

JATC2019 シミュレーションを拡張する市民データサイエンス

Altair
小口 暁壮

昨今の企業や組織においてデータの民主化が進み、統計学や分析手法に精通したデータサイエンティストでなくとも、データを最大限に活用することが求められています。Altair Knowledge Studioを利用することで、誰もが簡単に高度な診断的分析あるいは予測・処方的分析機能を駆使することが可能になります。HyperWorksによる有限要素シミュレーションにデータ分析の手法を組み合わせることで、従来は得ることが難しかった知見を獲得する事例をご紹介します。

ATC プレゼンテーション

JATC2019 Altair HyperMesh 2019新機能 7-06


井本 昌秀
Altair

ATC プレゼンテーション

JATC2019 ランニングシューズ開発におけるソール粘弾性の部位ごとの最適化 3-07


平井 森 様
グローバルフットウエアプロダクト本部 デザイン・開発部 | ミズノ株式会社

ランニングシューズの設計支援のための環境をMotionSolve / Activate / a href="https://www.altairjp.co.jp/hyperstudy/" target="_b

ATC プレゼンテーション

JATC2019 ハイブリッドクラウドソリューションを含む PBS Works 2019 の新機能 3-01


久保 博次
Altair

ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)の分野で広く利用されているスーパーコンピュータと、パブリッククラウドを融合させることにより、それぞれのメリットを活かしたハイパフォーマンスコンピューティングが実現できます。

本講演では、PBS Works 2019 によるハイブリッドクラウドソリューションと、製品の新機能をご紹介します。

ATC プレゼンテーション

JATC2019 HyperWorksソルバープラットフォームAltair SimLabのご紹介 2-01

Altair
依宋 海希

ATC プレゼンテーション

JATC2019 5G時代の電波解析に対応!高周波電磁界解析ツールAltair Feko / WinProp新機能 5-01

Altair
チャヨノ リドー

近年のワイヤレス技術の発展においては、コネクテッドカーや5Gを含むいくつかの注目すべきトピックがあります。これら 2 つの技術を実現するには、正確な設計が必要です。

設計の迅速化とコスト削減には、シミュレーションが大変有効な手段となります。Altair FekoおよびAltair WinPropは、電波伝搬シナリオと包括的な3次元電磁界解析ソルバーにより、それらのニーズに応えるための優れたシミュレーション技術を提供します。

本講演では、仮想走行試験 と 5G シミュレーションに関する両製品の新たな機能や事例をご紹介をします。

a

ATC プレゼンテーション

JATC2019 NVH Director を用いた振動検討 6-03


中森 隆一 様
船舶海洋事業部 設計本部 船殻設計部 船殻設計課 | 株式会社名村造船所


振動検討では、共振回避や振動応答低減などを行うが、どの構造部材を補強することが効果的であるかを判断するには知見が必要である。本発表では、簡単な船舶モデルでNVH Directorの機能の「モード寄与度」、「設計感度分析」を用いた振動検討を紹介する。

ATC プレゼンテーション

機構解析によるブロック吊り強度解析 6-07

Altair
荒井 太一

弾性体を考慮した機構解析によるブロック吊り強度解析
•ブロック吊り検討における従来手法とその課題
•機構解析によるブロック吊り強度解析の開発
•適用事例

ATC プレゼンテーション

JATC2019 Altairの疲労解析ソリューション(Altair HyperLife ほか) 7-02

Altair
塚本 昌美

Altairには従来から疲労を評価するためのモデル作成、解析ノウハウがあります。今年リリースしたHyperWorks 2019から、疲労解析ツールAltair HyperLifeが新たに加わりました。本講演では、Altairが提供している高精度な疲労解析のノウハウとHyperLifeの特長をご紹介します。

ATC プレゼンテーション

JATC2019 Model Verification Director(MVD)の新機能ハイライト

Altair
ラビ デビッド

ATC プレゼンテーション

マツダの商品開発を支えるHPCシステム 3-02

マツダ株式会社
MDI & IT本部
貞苅 大輔 様

弊社の商品開発では、CAEを用いたMBD(モデルベース開発)の適用により、SKYACTIVをはじめとする様々な新技術を世に送り出してきた。MBDの実現には、CAE技術の進化と共にHPCを効率的に活用する環境が不可欠である。本講演では、弊社のMBDを支えてきたジョブスケジューラのPBSproの適用事例と今後の課題、取り組みについて紹介する。

ATC プレゼンテーション

JATC2019 Altair Radioss 2019新機能と最新事例(バッテリー衝突時の発火問題、エアーバッグ折り畳み ほか) 7-01

Altair
田井 秀人

Altair Radiossバージョン 2018~2019.1で強化された機能について解説します。

計算速度向上
時間ステップ改善
新材料、破壊則
ALE、複数材料
準静解析
その他、Radiossを使ったエアーバッグ折り畳みデータ作成機能や、バッテリの衝撃発火問題への取り組みをご紹介します。

ATC プレゼンテーション

JATC2019 1Dシミュレーションの複合領域(油圧 / 電子回路 / 制御等)における拡張 - モデルベース開発ツールの新機能

Altair
由渕 稔

Altair Activateは、圧倒的な使いやすさを誇る、モデルベース開発のためのブロックダイアグラム環境です。各領域のModelicaライブラリおよび電気回路のためのSPICEライブラリを、数学処理や制御システム構築のための豊富なシグナルベースライブラリと組み合わせてダイアグラムを構築することにより容易に1Dシミュレーションを実行することが可能です。また、FMIに加えて機構や電磁場ツールとのダイレクトインターフェー

ATC プレゼンテーション

JATC2019 Altair OptiStruct/HyperStudy 2019新機能 7-03

Altair
山本 哲哉

ユーザー限定資料
*Altair Connectへのログインが必要です

ATC プレゼンテーション

JATC2019 メカ設計を革新するAltair MotionSolveの最適化と最新機能

Altair
池田公輔

MotionSolveで何ができる?
Altairの考えるマルチボディソリューション = 機構解析 最適化
マルチボディ最適化 - 最適的な機構を設計しましょう
実稼働荷重を用いた構造最適化設計 - 最適な機構部品を設計しましょう
連成シミュレーション - 全体性能を事前に確認し、試作を減らしましょう
Exampleライブラリ

ATC プレゼンテーション

JATC2019 HyperWorks Xハイライト

Altair
井上 正順

• HyperWorksXのベース機能
• HyperWorks CFD
• HyperWorks Design Explore

ATC プレゼンテーション

JATC2019 造船・船舶IoTデータ活用を推進するAltair Knowledge Works 6-02

Altair
小口 暁壮

海運・造船分野では、近年、船舶の安全運航や燃費改善、機器のメンテナンス効率化、設計フィードバックなどにおいてデータに基づく意思決定が業界課題となっています。Altair Knowledge Worksは、データサイエンスのための包括的なソフトウェアパッケージです。Knowledge Worksが備えるデータ分析、プレパレーション、可視化、ソーシャル化の各機能をご紹介するとともに、造船や船舶IoTを題材としてデータを活用してそ

ATC プレゼンテーション

JATC2019 HyperWorksを基礎とする船体構造設計支援ツール PrimeShip-HULL のこれまでとこれから 6-01

一般財団法人 日本海事協会
船体開発部
梶岡 尚輝 様

本会は、構造評価ソフトPrimeShip-HULLのプラットフォームとしてHyperWorksを採用して以来、CSR-BC&OTをはじめ、コンテナ運搬船や自動車運搬船向けなど多様な構造評価ソフトを開発してきた。

ソフトの開発にあたっては、船殻設計者からの貴重な意見を反映するとともに、アルテア社の最新技術を導入し、構造設計に関する工数削減を目指している。

本公演では、最新の開発成果を紹介するとともに、今

ATC プレゼンテーション

JATC2019 生産シミュレーション(鋳造 / プレス成形 / 押出成形 / 射出成形)のご紹介 - 射出成形解析「Inspire Mold」リリース 3-10

Altair
廣田 英二郎

Altair Inspireなどの製品を中心に、設計者のCAE活用が様々な業界で進められる中、生産シミュレーションにおいても、設計、金型製作、製造の一連の開発プロセスのリードタイム短縮のため、設計者による解析ニーズが高まっています。

本セッションでは、Altair Inspireと共通のプラットフォームとしてリニューアルした、プレス成形、鋳造、押出成形の各生産シミュレーションの全体構成と特長のほか、新たな射出成形ツールInspire Moldも初紹介します。

a href="https://solidthinking.jp/product

ATC プレゼンテーション

JATC2019 非接触による神経活動センサーの実装およびその評価方法の検討 5-04


大森 潔
Altair


近年注目されている運転者の意識障害による交通事故発生の問題を受け、運転者のバイタルサインを検出するセンサーへの関心が高まっている。

本講演では運転者の神経活動に伴う頭部の誘電率の変動を非接触でモニタリングするセンサーに着目し、基礎的なシステムの実装およびその評価方法について検討を行う。視覚誘発電位すなわち時間的に変化する画像パターン提示時に誘発される応答を指標として評価を試みる。

ATC プレゼンテーション

JATC2019 Altair流体ソルバーの特長と適用分野 4-01

Altair
芝野 真次

ATC プレゼンテーション

JATC2019 将来航空機に変革をもたらすJAXAのバイオニックエアフレーム技術 2-09


青木 雄一郎 様
国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構

複合材の良さを活かすために必要となる「最適化」。従来金属材と同じ設計手法ではなく、そこから脱却して、より軽量でより高機能な究極の航空機構造の実現を目指して、JAXAでは2018年から“バイオニックエアフレーム技術”の研究開発に挑戦しています。本発表ではこのバイオニックエアフレームを実現する具体的なアプローチの一例として、最適設計と自動積層技術を融合した次世代の複合材構造インテグレーションの実証研究成果を紹介いたします。

ATC プレゼンテーション

JATC2019 FEM全船振動解析の設計適用に関する検証 6-06


黒田 和宏 様
船殻設計部 構造設計課 | サノヤス造船株式会社


新設計船の振動問題に対して、同型船の計測データと簡易推定式から固有振動数を計算し対策を立てることが簡単であるが、実績データの乏しい船型では検討が難しい。一方、FEM解析を用いることで船型、実績データによらず検討を行うことができるが作業負荷が高い。近年、3D CADやコンピューター性能の発達により、以前よりもFEM解析を取り組みやすい環境が整ってきた。本発表では全船のFEM固有振動解析と周波数応答解析を実施し、船舶設計における有効性を調査したため、その結果について紹介する。

ATC プレゼンテーション

JATC2019 OptiStructを用いた射出成形品の最適ゲート位置探索方法 3-09

ポリプラスチックス株式会社
青木 現 様

ガラス繊維強化樹脂の射出成形用金型の設計の際、ゲート位置に関しては、感と経験にて選定し、多数のゲートを組み合わせ、そり変形解析をして最善となる組み合わせと選択しているが、その根拠となる理論、機構は不明である。また、大型製品の場合、ゲート位置の組み合わせが膨大となるため、ゲート設計には多大な工数がかかっている。今回、OptiStructによる位相最適化を応用して最適なゲート位置となる部分を容易に予測する手法を紹介する。

ATC プレゼンテーション

JATC2019 メッシュレス高速解析ツールAltair SimSolidの有効性 ~他社ソルバーとの比較~ 1-07

株式会社日本アムスコ
CAE部 神戸第3CAE技術室 第26グループ
寺嶋 孝典 様

Altair SimSolidはメッシュ不要の高速解析ツールであり、大規模アセンブリや複雑な形状のモデルもそのまま解析できるため、設計者CAEツールとして高い応答性能が期待できる。

本講演では、Altair SimSolidの有効性(リードタイム、結果精度、ユーザビリティなど)について、他社のFEMソルバーとの比較を行った結果についてご紹介する。

ATC プレゼンテーション

JATC2019 空飛ぶクルマ開発におけるHyperWorksの活用 1-03

松橋 雅彦 様
代表取締役 | 株式会社スカイワード・オブ・モビリティーズ

他機例や技術基準の少ない空飛ぶクルマ(eVTOL)の開発を短期間で推進するに当り、統合CAEプラットフォームであるHyperWorksは有効なツールである。本講演では多くの機能の中から、特にRadiossによる衝突解析を中心に、事例を紹介する。

ATC プレゼンテーション

JATC2019 構造・機構設計ソリューションAltair Inspireの新機能と新しい工業デザインツールInspire Studioのご紹介

ベッロージ ピエトロ
Altair

ATC プレゼンテーション

JATC2019 Altair SimLab 2019新機能 7-08

Altair
依宋 海希

ATC プレゼンテーション

JATC2019 Altair HyperView 2019新機能 7-07

Altair
井本 昌秀

ATC プレゼンテーション

JATC2019 Altair AcuSolve 2019最新機能 4-03

増渕 正博
Altair

ATC プレゼンテーション

JATC2019 HyperWorksと人工知能(AI)を用いた船体構造の新しい骨組強度評価法の開発 6-08


古野 弘志 様
工学部工学科 船舶工学コース | 長崎総合科学大学


一般に、船体は連続的な構造部材で構成されるため、隣接部材の影響を考慮する必要がある。このような問題は、Lagrangeの未定乗数を用いたエネルギー法を適用することによって比較的容易に解くことができるが、多元連立方程式を解く等の煩わしさがある。しかし、ある種の問題では、荷重とスパンを変数とする簡単な関数でLagrangeの未定乗数を決定することができる。ここでは、Lagrangeの未定乗数に端部固着係数を導入し、HyperWorksの解析結果を学習させた人工知能(AI)を用いてより高精度な評価法を開発する。(

ATC プレゼンテーション

JATC2019 進化する5G時代のデバイス開発 1-10


深見 哲 様
通信機器事業本部 通信技術部 | 京セラ株式会社

京セラでは長年、携帯電話やスマートフォンなどの通信デバイスを開発してきました。通信業界では今後、5GやIoTの活用による様々なビジネスモデルが生まれていくことが予想されており、弊社においても、製品開発の新たなステージに挑戦しております。更に世界を拡げていくため、アルテア製品を活用した今後の取り組みについて、事例を含めてご紹介します。

ATC プレゼンテーション

JATC2019 NVH Directorを活用したフルビークルNVH解析プロセス 5-08

Altair
松本 秀一

フルビークルNVH解析を実施するためには、膨大なサブモデルのアセンブリや現象に応じた結合特性値の一括変更、解析結果の分析など、複雑な作業が必要になります。

本講演ではNVH Director(NVHD)を使用してフルビークルNVH解析を実施するプロセスとユーザー事例をご紹介します。

NVH Direct

ATC プレゼンテーション

JATC2019 CFDのためのクラウドソリューション 4-05

Altair
北邑 剛

ATC プレゼンテーション
385 件

Altair Japanのメールマガジン

イベントや製品の最新情報を配信しています