JATC2019 HyperWorksと人工知能(AI)を用いた船体構造の新しい骨組強度評価法の開発 6-08


古野 弘志 様
工学部工学科 船舶工学コース | 長崎総合科学大学


一般に、船体は連続的な構造部材で構成されるため、隣接部材の影響を考慮する必要がある。このような問題は、Lagrangeの未定乗数を用いたエネルギー法を適用することによって比較的容易に解くことができるが、多元連立方程式を解く等の煩わしさがある。しかし、ある種の問題では、荷重とスパンを変数とする簡単な関数でLagrangeの未定乗数を決定することができる。ここでは、Lagrangeの未定乗数に端部固着係数を導入し、HyperWorksの解析結果を学習させた人工知能(AI)を用いてより高精度な評価法を開発する。(今回の発表は、研究の中間報告とさせて頂きます。)
Have a Question? If you need assistance beyond what is provided above, please contact us.

Altair Japanのメールマガジン

イベントや製品の最新情報を配信しています