JATC2019 振動調査に付随する構造シミュレーションサービスの開発 2-06


植田 祐司 様
メインマーク・ストラクチュアル・コンサルティング株式会社


弊社の主サービスである、建物振動調査に付随する構造シミュレーション(建物の弾性解析)を効率的に行うため、Altair社の製品を導入した。導入前の課題として、建物モデルのメッシュ生成に時間がかかることや、モデルが大規模なため弾性解析でも計算コストが大きい点があった。 Altair社のInspireを使用することで、3DCADデータから直接解析を行うことができるようになり、メッシュ生成が不要となった。また、これまで行っていたFEM解析に比べて計算時間も短くなり、構造シミュレーションにかかる時間を大幅に短縮することに成功した。
Have a Question? If you need assistance beyond what is provided above, please contact us.

Altair Japanのメールマガジン

イベントや製品の最新情報を配信しています