JATC2019 【基調講演】CFRPを用いたクロージャーパネル開発

トヨタ自動車株式会社
岩野 吉宏 様、安達 善之 様

車両軽量化を量産車で実現することはC02排出量削減の為に重要であり、運動性能の向上にも寄与する。炭素繊維強化樹脂(CFRP)は、鉄やアルミに比べ比強度・比剛性が高く、軽量化材料としての用途拡大を期待されている。トヨタでは、低コスト・高生産性が期待できるCarbon-Sheet Molding Compound(C-SMC)をバックドアインナー(Prius PHV)・サイドドアインナー(LC)・ラゲージドアインナー(LC)に採用。Prius PHVにおいてはアルミドア比(意匠樹脂部品含む)で40%の軽量化を実現した。本講演では構造設計の考えと、試作~量産の工程計画について説明をする。

>> <プレスリリース>トヨタが第5回Altair Enlighten Awardのモジュール部門賞を国内初受賞
Have a Question? If you need assistance beyond what is provided above, please contact us.

Altair Japanのメールマガジン

イベントや製品の最新情報を配信しています