Altair nanoFluidX™

粒子法ベースの流体力学シミュレーション

Altair nanoFluidX

nanoFluidXは、複雑な動きをする複雑なジオメトリの周囲の流れを予測する、粒子法ベースの流体力学(SPH)シミュレーションツールです。例えば、従来の高性能車や電気自動車の回転軸や歯車で構成されたパワートレインシステム内における注油状態のシミュレーションや、システムの個々のコンポーネントに生じる力とトルクの解析に使用できます。さらに、過渡運動をしているタンク内のスロッシング現象も予測できます。

グラフィックスプロセッシングユニット(GPU)のクラスター上で使用することを想定して最適化されているため、このソフトウェアは非常に高速です。前述の典型的なギアトレイン問題でも、このコードではジオメトリを簡略化する必要がなく、有限体積法コードより10倍も速く実行できます。

概要ビデオ

nanoFluidXの導入メリット

簡単

シンプルなワークフローのおかげで、ジオメトリをインポートし、要素を選択し、粒子を生成するだけで、CAEの専門家でなくとも高度なシミュレーションが可能です。

高精度

ドライブトレインの重要部位における空気混和油の供給問題や、自動車および航空宇宙分野のタンクスロッシング問題のシミュレーションなど、高密度比の多相流でも簡単かつ正確に扱えます。

高速

より煩雑なCPU計算よりも、GPU計算の方がパフォーマンス上の大きな優位性があり、省電力も実現できるため、製品開発がさらに加速されます。

主な特長

シンプルなプリプロセッシング

従来のようなメッシュは必要ありません。ジオメトリをインポートし、要素を選択し、粒子を生成するだけで済むため、プリプロセッシングやメッシュが適切であることの検討に余計な時間を割く必要がなくなります。

No Graphic

一般的な自由表面流れ

パワートレインシステム内のオイルのスロッシング、開いた環境や高速に運動している開放型(または閉鎖型)タンク内を自由に流れる流体などをシミュレートできます。

No Graphic

高密度比の混相流

Smoothed Particle Hydrodynamics(SPH)法を採用したことにより、計算時間を増大させることなく、高密度比の混相流(水と空気など)を難なく扱うことができます。

No Graphic

タンクのスロッシング

タンクスロッシングのシミュレーションでは、車に極端な加速度が生じるとき(制動時や突然の車線変更時)にタンクや車両にかかる力を正確に評価できます。

No Graphic

回転運動

nanoFluidXには様々な種類の動きを規定できるオプションが組み込まれているため、パワートレイン問題における回転歯車やクランクシャフト、コネクティングロッドなどのシミュレーションも容易です。

No Graphic

剛体の運動

回転運動以外にも、入力ファイルで規定されている要素の軌道を扱うことができます。任意の並進運動をする固体と周囲の流体との相互作用を解析できます。

No Graphic

Altair Japanのメールマガジン

イベントや製品の最新情報を配信しています