エンジニアリングの直観では不十分な場合【C2R2013】

構造エンジニアが何か新しいものを設計する際は常に、自身の直観、経験および知識を頼りにします。問題がそれほど複雑でない場合は大抵、ノートパソコンを開く前にソリューションを思い描くことができますが、設計空間が複雑になり、複数の荷重が様々な方向から適用される場合には、彼らのエンジニアリングの直観だけでは十分に対処できない状況が増えてきます。-Concept to Reality Japan Fall 2013/Winter 2014- 日本語版に掲載

Download PDF

Altair Japanのメールマガジン

イベントや製品の最新情報を配信しています