« Previous

Back to News List

Next »

トヨタが第5回Altair Enlighten Awardのモジュール部門賞を国内初受賞

CFRPを活用したLexus LC500とプリウスPHVのクロージャーシステムが大幅な軽量化を達成

2017年9月14日 - トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)の技術本館において、第5回Altair Enlighten Awardのモジュール部門賞のトロフィー授与式を行いました。会場には、開発、設計、材料、試作、量産に携わった各部門の代表者が集まり、アルテアエンジニアリング株式会社(以下、Altair) 代表取締役 社長 綾目正朋よりトロフィーを授与しました。


トヨタの受賞エントリーは、Lexus LC500(2017年式)のサイドドアおよびラゲッジドアと、PRIUS PRIME(2017年式、日本名プリウスPHV)のリフトゲートに関するものです。何れも、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製インナーパネルと、それぞれアルミニウム・ガラス繊維強化プラスチック(GFRP)・ポリプロピレン製アウターパネルを組み合わせることで、従来の金属構造部品から大きな軽量化を達成しました。また、CFRPを多く取り入れることで、軽量化だけでなく、運転席からの視野を広げ、金属では作ることのできなかった曲線的でスタイリッシュな外観も実現しました。さらに、量産に対応可能な生産サイクルへ短縮するため、独自の立体成形工法の開発にも成功しました。


トヨタの有機材料技術部 有機材料室 主幹を務める浦山裕司氏は、「クロージャーの開発から製品化に至る今回のプロジェクトは、非常にチャレンジングなものでした。これまでスポーツカーなどにしか使われてこなかったCFRPを、量産車へ採用するというこの挑戦で産みの苦しみを味わいました。関係者一丸となり、現地現物で改善を続けた結果、量産できるようになりましたが、この賞の受賞で苦労が報われた気がします。開発から製造まで、多くの力が結集して成し得た成果です。業務に関わったすべての人に感謝し、今後も「もっといいクルマづくり」のためにチャレンジをし、精進していきたいと思います」と、授与式で受賞の辞を述べました。


また今回のトヨタの受賞を受け、綾目は「車の軽量化技術において、日本企業が評価され、大変嬉しく思います。来年度もより多くの国内自動車メーカーおよび部品メーカーにエントリーいただき、Altair Enlighten Awardをきっかけに日本の自動車産業が一層盛り上がることを期待しています」と述べました。


第5回Altair Enlighten Award授賞式は米国ミシガン州トラバース市で開催された2017年度CAR Management Briefing Seminars(MBS)にて行われました。


Altair Enlighten Awardは、米国CAR: Center for Automotive Research とAltairが共催する、自動車産業における軽量化技術を対象とする唯一の賞です。ますます厳しくなる軽量化目標の達成に貢献しているサプライヤーを含め、自動車産業に関連するあらゆる企業の革新的技術が正当に評価されることを目指し、世界中から車両軽量化に寄与した製品および技術を募集しています。


来年度のAltair Enlighten Awardのエントリーを受け付けています。応募の締め切りは2018年5月25日です。詳細や応募については、http://web2.altairhyperworks.com/enlighten-jをご覧ください。





トヨタについて


1937年に設立されたトヨタ自動車株式会社は、創業以来、「自動車を通じて豊かな社会づくり」を目指して、自動車の生産・販売をグローバルに展開する自動車メーカーです。プリウスやMIRAIといった燃料電池車を代表とする最先端技術の開発により、自動車技術の発展に貢献しています。
「もっといいクルマづくり」、「未来への挑戦として、完成車事業の枠にとどまらない領域への種蒔き」、「これらを実現するための経営基盤・財務基盤の強化」を3つの柱に、グローバル企業としての成長を続けています。


Altairについて


1985年に設立されたAltairは、ビジネスパフォーマンスの改善のために、設計、プロセス、意思決定を統合かつ最適化するシミュレーション技術の開発と様々な分野への適応に注力しています。2,600人を超える従業員を擁する非上場企業であるAltairは、米国ミシガン州トロイに本拠を置き、24ヵ国に68以上のオフィスを構えています。顧客は多種多様な業種にわたり、その数は5000社以上にも及んでいます。詳細については、www.altairjp.co.jpをご覧ください。


CARについて


CAR(自動車研究センター=Center for Automotive Research)は、ミシガン州アナーバー市に拠点を置く非営利団体です。同センターでは、世界の自動車業界が向かう未来にまつわる重要なテーマに関連した研究を行うとともに、自動車関連業界にとって有益、かつ業界の連携を促進するフォーラムの企画運営を手がけています。詳細は、CARのウェブサイトwww.cargroup.orgをご覧ください。


アルテアエンジニアリング
マーケティング
marketing@altairjp.co.jp
03-5396-1341(代)

Altair Japanのメールマガジン

イベントや製品の最新情報を配信しています