« Previous

Back to News List

Next »

Artemis RacingとAltairが第35回アメリカズカップ出場艇のフォイリングテクノロジーの設計で協力

ダガーボード共同設計の舞台裏を紹介したドキュメンタリー“Surface To Air”も公開

ミシガン州トロイ、2017年5月17日 – AltairArtemis Racing は、設計・シミュレーションテクノロジーを活用し、第35回アメリカズカップ優勝を目指すArtemis Racingの船艇の開発に取り組みました。

ダガーボード(水の抵抗を極限まで減らすために船体を水面から浮かせる水中翼)は船艇の航行性能を大きく左右するため、他の出場チームと差をつける上で非常に重要な要素です。AltairとArtemis Racingの双方の技術チームは、この複合材構造物の設計最適化に重点的に取り組みました。

Artemis RacingのTeam Manager兼On-Water Tacticianを務めるIain Percy氏は、「テクノロジーとアメリカズカップは切っても切れない深い関係にあります。アメリカズカップを制してきたのはいつの時代も最速の船艇だった、と過去160年間ずっと言われてきましたが、それは今後も変わらないでしょう。ダガーボードには、船艇を水面から浮かせるだけでなく、横力を推進力へと変える役割があります。ほんの数ミリの違いで航行速度が大きく変わるため、ダガーボードの製造と設計の最適化は、大会での成否を分けるほど重要な作業なのです」と述べています。

AltairとArtemis Racingの開発チームは、Simulation-driven Designの手法を用いてダガーボードの強度、形状、厚さ、水力・空力性能を最適化することに、開発リソースの大半を割きました。Artemis Racingはダガーボードの最適化を達成すべく、Altair HyperWorks®製品群のうちの主に以下の3製品を活用しました。
  • HyperMesh®: 複雑な複合材の有限要素モデル作成に使用
  • OptiStruct®: 構造解析・構造最適化に使用
  • RADIOSS®: 非線形大変形解析に使用
当日のレースコンディションは予測が難しいため、開発チームは、強風・高波で最適なパフォーマンスを発揮するダガーボードと、風も波も弱い気象条件に最適なダガーボードの2種類を作製しました。どちらのダガーボードも、水の抵抗を最小限に抑えるためのフォイリング(船体を水面から浮き上がらせること)を素早く行える設計です。

ダガーボードとラダーのLead EngineerであるBrett Ellis氏は、「使用しているツールは業界最先端のものです。開発では厳しい公差要件を満たす必要があり、また断面形状をわずかに変えるだけで、航行性能に無視できないプラスの効果が生まれます。アメリカズカップ優勝を目指し、チーム一同、設計を極限まで高めるために懸命な開発を進めています」と述べています。

AltairのChief Technology Officerを務めるUwe Schrammは、「船艇設計で利用されているテクノロジーは、優勝を目標に掲げるチームが航行速度を高める上で欠かせないものです。Artemis Racing設計チームと協力できること、そして世界クラスのセーリング艇の開発のために当社の設計・シミュレーションテクノロジーを提供できることを光栄に思います」と述べています。

Artemis Racingは、世界で5番目に古いヨットクラブであるKungliga Svenska Segel Sällskapet(KSSS=ロイヤル スウェーデン ヨットクラブ)を代表するチームです。国際色豊かで、世界有数の実績と人望を兼ね備えたセーラーと設計者が揃っています。セーリングチームは、メンバー合計でアメリカズカップ出場12回、オリンピック出場21回を誇り、7個の金メダルを含む11個のメダルを獲得しています。さらに、Artemis Racingのエンジニア、造船技術者、サポートチームは、のべ64回のアメリカズカップ挑戦を支え、14回の優勝を経験してきました。

Altairはこの度、ショートドキュメンタリー“Surface To Air”を公開しました。第35回アメリカズカップ優勝を目指すArtemis Racing の懸命な開発努力とイノベーションを追った映像作品です。Simulation-driven Design がArtemis Racing の船艇開発で重要な役割を果たした様子が紹介されています。ぜひ、www.designthedifference.com でご覧ください。

Surface to Air 予告編


Artemis Racingは、ヨーロッパで開催される本年度のATCで開発プロジェクトに関する発表を行います。詳細は、www.altairatc.com/europeをご覧ください。

バミューダで開催される第35回アメリカズカップに向けたArtemis Racingの挑戦の旅については、www.artemisracing.comをご覧ください。




Artemis Racingについて
Artemis Racingは、世界で5番目に古いヨットクラブであるKungliga Svenska Segel Sällskapet(KSSS=ロイヤル スウェーデン ヨットクラブ)を代表するプロセーリングチームで、第35回アメリカズカップ本選での優勝を目指しています。2006年にTorbjörn Törnqvist氏によって設立され、ギリシャ神話の女神アルテミスにちなんで名付けられました。MedCup、TP52世界選手権、RC44世界選手権など、世界各国の数多くの大会での優勝実績があります。Artemis Racingは、第34回アメリカズカップで挑戦者代表を務めました。詳細は、 www.ArtemisRacing.comまたはTwitterアカウント(@ArtemisRacing)をご覧ください。

Altairについて
1985年に設立されたAltairは、ビジネスパフォーマンスの改善のために、設計、プロセス、意思決定を統合かつ最適化するシミュレーション技術の開発と様々な分野への適応に注力しています。 2,600人を超える従業員を擁する非上場企業であるAltairは、米国ミシガン州トロイに本拠を置き、22ヵ国に50以上のオフィスを構えています。 顧客は多種多様な業種にわたり、その数は5000社以上にも及んでいます。 詳細については、www.altairjp.co.jpをご覧ください。

Media Contacts:
Altair Corporate/North America/Asia Pacific
Biba Bedi +1-757-224-0548 x 406
biba@altair.com

Altair Europe/The Middle East /Africa
Evelyn Gebhardt
gebhardt@bluegecko-marketing.de

Artemis Racing
David Tyler, Commercial Director
+1 415 900 8570
david.tyler@artemisracing.com

アルテアエンジニアリング
マーケティング
marketing@altairjp.co.jp
03-5396-1341(代)

お問い合わせ












* Required Fields

Altair Japanのメールマガジン

イベントや製品の最新情報を配信しています