« Previous

Back to News List

Next »

Altairパートナーアライアンスに溶接シミュレーションソフトウェアを追加

HyperWorks®ユーザーはHyperWorks Unitを使ってVirfac®へのアクセスが可能に

ミシガン州トロイ - 2015年5月13日 – Altairは本日、GeonX S.A.Altairパートナーアライアンス(APA)に参加したことを発表しました。これによりHyperWorks®ユーザーは、同社の溶接シミュレーションソフトウェアであるVirfac®にアクセスできるようになります。Virfacでは、加工部品の品質予測が可能で、プロトタイプ製作の前段階で製品寿命と製品設計を改善できる機能が搭載されています。

Virfacでは、製造プロセス中に部品に生じる残留変形や、部品の使用時の疲労寿命を算出するための残留応力を予測することができます。特に、複雑な問題であっても精度の高い結果を求めることが得意で、製造中や最終製造部品に関する材料の相変態を予測することにより、加工部品の品質を確保することができます。

GeonXのCEOのLaurent D’Alvise氏は、次のように述べています。「VirfacはHyperWorksが提供するテクノロジーの中では新しいタイプのものです。今回のAPAへの参加により、多方面で協力する道が見つかると確信しています。また、当社はAltairとの協力関係の可能性を探ることを心から楽しみにしています」。

Virfacではさまざまなソルバーが計算エンジンとして利用され、各モデルで求められる精度と物理現象に応じて使い分けられます。これらのソルバーのおかげでVirfacは多種多様な問題に対応することができるのです。Virfacで主に利用される計算エンジンは、大規模並列計算に対応したMorfeoという有限要素(FE)ソルバーで、製造プロセスを非線形で熱的・機械的・金属的に詳細にモデリングすることが可能です。Morfeoは、さまざまな製造プロセスのシミュレーションを、ハイパフォーマンスコンピューティングシステムを活用して実行できるように設計されています。VirfacはMorfeoとの連携により、融解溶接、摩擦撹拌接合、イナーシャ式摩擦圧接といった溶接プロセスを詳細にシミュレーションすることができ、さまざまな熱処理、表面処理、積層造形、XFEMテクノロジーを利用した耐損傷性の効果も考慮することが可能になっています。

AltairのSenior Director of Industry Solutionを務めるSubir Royは、次のように述べています。「高度なマルチフィジックス機能により、Virfacは製造プロセス中のきわめて重要な現象を表現することができます。溶接や熱処理中の残留応力および残留変形をシミュレーションすることで、実現象とシミュレーションの差異を埋めることができます。シミュレーションを通じて複雑な製造上の問題の解決に取り組んでいるユーザーには、ぜひこのテクノロジーを使っていただきたいと考えています」。

Virfacは、自動車、航空宇宙、重工業、造船、エネルギーなど多くの産業で適用することができ、溶接や製造のプロセスで遭遇する問題の予測・解決に役立ちます。

Virfacの詳細や、2015年6月12日22時と13日2時(日本時間)開催の紹介ウェビナー(オンラインセミナー)へのご登録は、AltairパートナーアライアンスウェブサイトのGeonXのページをご覧ください。



Altairパートナーアライアンスについて
Altairの企業向けHyperWorksプラットフォームでは、企業全体でソフトウェアライセンスを共有する、登録ベースのライセンスモデルを採用しています。顧客は共有ライセンスを利用して、Altairが開発した様々なソフトウェアやサードパーティ製ソフトウェア アプリケーションに、必要に応じてアクセスすることができます。Altairパートナーアライアンスでは、自社開発の20のソリューションにパートナー企業によるアプリケーションを新たに追加してHyperWorksプラットフォームを拡張し、60以上のソリューションを提供しています。ユーザーは既に取得済みのHyperWorksソフトウェア ライセンスを使って、サードパーティ製を含むすべてのアプリケーションを追加料金なしで利用することができます。他に類を見ない柔軟性と便利なアクセスにより、顧客がソフトウェアを最大限に活用し、また生産性と投資利益率(ROI)を最大限にまで高めることが可能です。Altairパートナーアライアンスの詳細については、http://www.altairalliance.com/をご覧ください。

GeonX S.A.について
GeonX社は、2012年に創業された新進気鋭の企業で、Cenaero研究所での10年に及ぶ仮想製造プロセスに関する研究開発の成果を基に設立されました。GeonX社が開発したVirfac®は、直感的で使いやすく、生産機械への接続が可能なソフトウェア環境です。研究開発や生産に携わるエンジニアはVirfac®を利用することで、製造プロセス(切削加工、溶接、熱処理)を精度良くモデリングすることができます。

Altairについて
Altairは、ビジネスパフォーマンスの改善のために、設計、プロセス、意思決定を統合かつ最適化するシミュレーション技術の開発と様々な分野への適応に注力しています。 2300人を超える従業員を擁する非上場企業であるAltairは、米国ミシガン州トロイに本拠を置き、23ヵ国に45以上のオフィスを構えています。 顧客は多種多様な業種にわたり、その数は5000社以上にも及んでいます。 詳細については、www.altairjp.co.jpをご覧ください。

Media Contacts:
Altair Corporate/North America
Jennifer Korail
+1-248-304-1429
korail@airfoilgroup.com

Altair Europe, the Middle East and Africa
Evelyn Gebhardt
+49 6421 9684351
gebhardt@bluegecko-marketing.de

GeonX S.A.
Laurent D’Alvise
+32 497 570408
laurent.dalvise@geonx.com

アルテアエンジニアリング株式会社
マーケティング
03-5396-1341(代)
marketing@altairjp.co.jp

お問い合わせ












* Required Fields

Altair Japanのメールマガジン

イベントや製品の最新情報を配信しています