設計の早期段階で、異音と低級音(S&R : Squeak and Rattle) の根本原因を排除する


Altair のSqueak and Rattle Director (SRD) は、アセンブリの異音と低級音(S&R : Squeak and Rattle) の根本原因を排除するため、設計の代替案を素早く特定し、解析する新しいタイプの包括的ソフトウェアオートメーションです。SRD は、お客様の環境とプロセスに緊密に統合するようにカスタマイズすることで、モデル作成から結果の可視化まで、S&R シミュレーションのワークフロー全体を合理化する機能一式を提供します。このユーザーフレンドリーなソリューションは、HyperMeshとHyperView に完全に統合されており、時間領域における相対的な部品間の変位を測定する優れた半自動化手法を提供します。こうした変位は製品にとって望ましくない異音と低級音をもたらす可能性がありますが、設計の早期段階で潜在的に懸念のあるエリアを特定することで、全体の設計品質を改善し、コストと時間の大幅な節減を実現することができます。

ソリューションのポイント:
  • 開発の最も早い段階(例えばサーフェスのスタイリング) から相関分析、試験サポートに至るまで、異音と低級音のリスクゾーンを特定
  • シミュレーションモデルをセットアップする一貫した効率の高い方法を提供
  • プリ処理とポスト処理の反復作業を自動化し、標準化されたフォーマットで結果を表示
  • 異音および低級音解析の実行にかかる時間を最大80% 削減る


このソリューションは、異音と低級音が製品の品質と価値に密接に関わっている市場で製品を展開する企業に最適です。


Squeak and Rattle Directorのデータシートをダウンロード

お問い合わせ












* Required Fields

Altair Japanのメールマガジン

イベントや製品の最新情報を配信しています